MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

YouTube に投稿した動画をWEB上で編集する REMIXER を使ってみました

 WEB アプリケーションで動画の編集をするのは始めて。 現段階では日本語に対応していませんが、とりあえず YouTube に投稿した2つのビデオを連結してみました。


すでに日本語に対応した動画共有サイト TouTube (ユーチューブ)。 動画を気軽にアップロードして公開できるこのサイトは、常に細かい部分の機能向上が見られます。 それとは別に、テスト的に大掛かりな機能が追加される場合もあります。 たとえば、REMIXERと呼ばれるベータ版のWEBアプリケーションがそれです。

現在公開されている YouTube REMIXER は、ADOBE PREMIERE EXPRESS をベースとしたテスト版です。機能としては複数の動画をつなげたりカットしたり、動画を切り替える時の効果、アニメの吹き出しみたいにグラフィックスと文字を動画に挿入できる優れもの。

単純に YouTube にアップロード(動画を投稿)するまえに、これらの編集をローカルのパソコンで実行すれば良いだけですが、YouTube REMIXER は WEB 上で作業して完了できるところが魅力。

ただし、WEB 上で作業するメリットは、時として無駄な作業を多く必要となる場合もあります。 今回は、ベータ版で英語のみに対応する YouTube REMIXER を実際に使ってみました。



今回実行する作業は、2つのビデオを結合して1つのビデオとして YouTube に公開してみます。 YouTube REMIXER は、WEB上で動作するアプリケーションであるため、メリットしてローカルに無駄なファイルを作る必要がない事があげられます。 作業に必要な ハードディスクドライブ のスペースは、YouTube を利用する事ができます。

デメリットとしては、編集するビデオを 先に YouTube アップロードする必要があること。 そして、ここでも問題となるのが、編集前にアップロードした元となるビデオを、公開設定にする必要がある点です。 つまり、YouTube REMIXER を使って編集する事を前提にアップロードするビデオ(この場合は材料とも言える)も、公開しなくてはなりません。

今回は右上の赤枠部分にある2つのビデオを利用します。 YouTube にログインして、「マイアカウント」→「マイ動画」で、編集したいビデオの右に表示された「動画のリミックス」ボタンを左クリックします。



YouTube REMIXER が起動すると、右の画面が表示されます。画面は大きく分けて3つあり、左上がプレビュー画面、左下が編集するビデオ、右が自分が YouTube にアップロードしたビデオ一覧です。 今回結合するビデオは、右のスクリーンショットの赤枠のビデオ2つです。



まず、最初に編集したい動画を、プレビュー画面か動画編集用のバーにドラッグアンドドロップします。 どちらに移動しても結果は同じです。これらのデータは YouTube に存在して、作業は ブラウザ上で実行できるところがWEBアプリケーションの特徴です。



プレイビューが表示されたならば、加工する準備ができました。 これが一般的な流れかと思われますが、管理人の場合は長らくこの結果にたどり着けませんでした。



例えば、サムネイルからドラッグアンドドロップした時、プレビュー画面が真っ黒の場合があります。 この場合、プレビューで再生する事はできません。ビデオが壊れているかというと、YouTube の単独ページでは問題無く再生できます。 いろいろ試してみたのですが、読み込めるビデオと読み込めないビデオもある事が分りました。



読み込めないビデオに関しては、チャンネルに表示されたプレイヤーでも確認できます。 管理人のチャンネル では、右上におすすめビデオが表示されています。 これは、単独ページで表示されるプレイヤー、埋め込みリンクで他のサイトで表示されるプレイヤーと同じで、YouTube REMIXER で編集できない動画も再生可能です。



一方、右下に表示しているプレイヤーは、再生リストに登録したものです。 このプレイヤーで再生しても、「Loading」の文字から一向に進まない場合は、YouTube REMIXER では正しく読み込む事ができません。 前は再生できていたはずですが、つい最近、再生できない事に気がつきました。



ビデオが読み込めない状態になる理由は分りません。 アップロードしたビデオの時間に関係するかと思われましたが、何回かテストしてみた結果、元動画の仕様に一切関係ない事が分りました。 つまり、原因不明です。



連結するために、2つめのビデオを選択して、同じ様にドラッグアンドドロップします。 これで、二つのビデオを連結する準備が整いました。順番を変更したい場合は、再びドラッグアンドドロップを繰り返します。



編集を実行する前に、プレビューしたい場合は左下の「PREVIEW」ボタンを左クリックします。 編集を実行する場合は、「PUBLISH」ボタンを左クリックします。

ここで、タイトル、説明、タグを入力しますが、現段階では全て日本語が使えません。 ここでは、サンプルとして title に半角「test」、Datails に半角「test」、tag に「test mb support」と入力して「DONE」ボタンを左クリックしました。

YouTube に動画をアップロードした事があるユーザーなら分ると思いますが、これらの情報は日本語に対応しています。 つまり、YouTube REMIXER で作成する動画は、適当に英語で入力して、あとから管理画面で日本語に変更すれば問題ありません。



編集中の画面です。ファイルサイズにより待ち時間は異なりますが、もともとフラッシュ形式に変換された動画なので1つのビデオファイルは 100 MB 未満です。 つまり、そんなに時間を要する事はないでしょう。



編集が完了すると、右の画面になります。「OK」を左クリックします。



マイアカウントのリミックス動画に移動します。「リミックス動画を公開していただきありがとうございます。 動画の処理には数分かかることがあります」と表示されています。 しばらく経ってから確認してみましょう。



しばらく経ってから、リミックス動画にアクセスすると、結合された新しいファイルが登録されています。 この時点で投稿は完了していて、YouTube に公開されています。 また、結合前の 2 つのビデオとは別に、編集した動画が存在するため、不必要な場合は編集前の動画を削除する必要もあります。 とりあえず、完成した動画を再生してみました。



単独ページにアクセスすると、プレイヤーが表示されていません。 これではビデオを視聴する事ができませんね。



リミックスした動画の詳細を確認したところ、説明の欄に意味不明な文字がありました。 どうやら、現段階では日本語に対応していないと言うよりも、日本語環境に対応していないのかも知れません。 とりあえず、説明の部分を書き換えて保存しました。ここで、タイトルも日本語に変更しても構いません。 YouTube 自体は日本語に対応していますから。



YouTube REMIXER で編集した動画を視聴する事ができました。

連結した動画



トータル時間に異常を発見。通常は「再生時間 / トータル時間(赤)」と表示されていますが、トータル時間があきらかに連結した最初の動画のトータル時間で表示されていました。 連結は失敗か? と思ったのですが、右の画像を参照すると、トータル時間を再生時間が越えています。 つまり、2つのビデオの連結は完了しているものの、トータルの時間が正しく表示されません。



今回は、単純に 2 つのビデオを連結しただけで終わりましたが、YouTube REMIXER はもっと面白い加工ができます。 しかし、現時点では日本語に対応していないため、これらの機能を最大限に利用する事ができません。 もちろん、英語ならば動画にグラフィックスと文字を挿入できます。



感想

今でこそ WEB アプリケーションが普及したので、ブラウザ上でドラッグアンドドロップする事に慣れてしまいましたが、動画の編集でWEBアプリケーションを利用するのは、管理人にとって初めての経験でした。

WEB上で作業を完結するために、編集元になる動画をアップロードするのは簡単なものの、非公開の状態で YouTube REMIXER に読み込めないのが致命的です。 これでは、編集する間、意味不明な加工前のビデオをさらけ出す必要があります。本来は編集した動画だけを公開したいはずです。

この辺の仕様は、大人の事情があるのでしょうか? いろいろ考えられますが、動画の再生や、YouTube REMIXER に読み込めない動画は、説明やタイトルに入力された文字が関係するのかも知れません。 YouTube REMIXER で編集した動画に自動で書き込まれた説明のおかげで、プレイヤーすら表示する事ができなかったのは事実です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項