MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

8.YouTube で動画の再生画質を指定可能に

 動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」に関して日記を書くのは久しぶりです。日本語に対応してから、掘り下げる事はしなくなりましたが、ユーザー画像をアップロードできたり、プレイヤーに関する設定が豊富になったりと、日々バージョンアップを続けている様です。その多くを管理人は試していませんが、今回はアップロードした画質に関する興味深い話です。


動画共有サイトの YouTube へアップロード可能な動画形式は豊富であるものの、実際に視聴できるのは FLV 形式に変換された 320 × 240 の動画です( H.263 / MPEG2-LayerIII )。 これが、アップロードする動画の解像度にもよりますが、mp4 形式の 480 × 270( AVC / H.264 / MPEG4-AAC )で視聴できる様になりました。

動画共有サイトの欠点の一つに、アップロードした動画が変換されて画質が劣ってしまう事があります。高画質動画を売りにした Stage6(ステージ6)は消滅してしまいましたが、高画質のまま視聴可能にしたとしても、通信回線やパソコンの性能により、それを気軽に視聴できるかと言えば、またそうでもありません。 そんな中、FLV 形式の動画は非常に優れているのですが、そろそろ動画共有サイトでも高画質動画を配信する傾向にあります。

フル HD、もしくは、HD 画質で撮影できる機材を所有するリッチなユーザー、そんな機材を持たくても、なるべく画質を維持させるため努力しているユーザーにとって、現状の FLV 形式の動画配信は納得いかないものがあるでしょう。 他社が 720p 動画を配信し始めた今、ようやく YouTube も画質を上げてきたみたいです(もともと特定の分野では配信されていた模様)。



YouTube にログインして、アカウントの「動画の再生画質」を左クリックして、「高速の接続を使用しているので、利用できる場合は常に動画を高画質で再生する」にチェックを入れ、「設定を保存」ボタンを押すと、高画質動画で視聴できる仕組み。が、今のところ管理人の環境では、この設定が反映されている様には思えず。対応する動画にぶつからないせいか?

とりあえず、Adobe(R) Flash Player(アドビ フラッシュ プレイヤー)の最新版が必須です。 使用しているブラウザが Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)であるならば、以下のページを参考にインストールできます。

Adobe(R) Flash Player インストール方法

Firefox の場合は、同じくサイトにアクセスしてインストールファイルをダウンロードします。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックすれば、インストールが開始されます。以上で再生条件は揃うはずです。



ほとんどの動画は従来視聴できた形式よりも高画質な動画が既に存在しています。 しかし、設定項目に動画の再生画質の選択があるにも関わらず、反映されないのは不思議です。 私の環境だけでしょうか。都合が良いことに、本日はうさぎのホームズ先生が来ていました。CASIO EXILIM(エクシリム) EX-Z1080 で撮影した動画( 848 × 480 約7.0メガビット/秒 25フレーム/秒 MOV 形式 H.264/AVC 準拠 )を Windows ムービー メーカーで編集して、アップロードしてみることにしました。 都合により、音声はミュートにしています。



「高速の接続を使用しているので、利用できる場合は常に動画を高画質で再生する」の利用できる場合とは、何を意味するのか? 利用できない動画とは、動画により高画質ファイルが作成されないという事だろうか?ならばその判定はどこで決まるのか? H.264 でエンコードされた動画だけなのか?これは、すでに今まで投稿した動画で証明されます。 とすると、もっと高画質再生が可能な動画が作成される場合もあるのか? とりあえず、不本意ではありますが、848 × 480 約 7.0 メガビット/秒の元動画を、Windows Media HD 720p ( 5.9Mbps )に上げてみました。 この形式はフル HD ではありませんが、1280 × 720 の HD です。

通常アップロードする場合は、コンピュータの最高の品質で再生(推奨)を選択して作成しますが、今回は無理からに引き延ばしてみました。



コンピュータの最高の品質で再生 Windows Media HD 720p
解像度:640×480
総ビットレート:922Kbps
フレーム率:30フレーム/秒
ファイルサイズ:11.7MB
解像度:1280×720
総ビットレート:6000Kbps
フレーム率:29フレーム/秒
ファイルサイズ:68.9MB


しかし、結果は同じ。どう見ても今までと変わらない画質と思われます。このアドレスは・・・



http://jp.youtube.com/watch?v=E3Lqw7uY3gY

となりますが、これに「&fmt=18 」を付加すると、高画質動画で視聴できます。アドレスは以下。

http://jp.youtube.com/watch?v=E3Lqw7uY3gY&fmt=18



標準画質 高画質


標準画質は、FLV 形式で 320 × 240 Sorenson H.263 。高画質は mp4 形式で 480 × 270 AVC / H.264 となっています。



ローカルで再生した場合、解像度はこれだけ異なります。 しかし、なぜゆえに設定が反映されないのでしょうか。本来なら、アカウントで動画の再生画質を高画質に設定すれば、通常でもプレイヤーの下に通常画質へのリンクが表示され、再生される動画は高画質になってもいいもの。 現時点では意味が分かりませんが、その内変更されるのでしょうか。 また、動画を投稿してから、高画質動画が生成されるまで少し時間がかかりました。 最初に標準画質が作成され、YouTube で視聴できる様になってから1時間くらい掛かったと思います。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項