MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

5.ダウンロードしたFLVSplitterを 7-Zip で解凍、インストール方法


このページに掲載した内容は古くなりました。 Windows7(ウインドウズ セブン) から H.264 形式の動画を OS インストール初期状態で再生できますが、 Windows XP や Windows Vista を利用している場合、コーデックパックをインストールする方法をおすすめします。


コーデックパックのインストール方法


1. 前回 は、FLVSplitter 本体と、それを解凍する 7-Zip 本体をダウンロードしました。 このページでは FLVSplitter を解凍するために 7-Zip をインストールします。前回、デスクトップにダウンロードした「7z443.exe(バージョンにより名前が異なります)」をダブルクリックします。 なお、インストールするには「コンピュータの管理者」である必要があります。



2.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」を左クリックします。試してはいませんが、Windows Vista(ウインドウズビスタ)では UAC が作動します。

1.ユーザーアカウントの設定方法 WindowsXP

3.インストールする場所を指定します。最初から「C:\Program Files\7-Zip」と指定されているので、特に変更する必要はないでしょう。 「Install」を左クリックします。



4.インストール中です。しばらくお待ちください。



5.インストールが完了しました。「Finish」を左クリックします。



6.デスクトップにショートカットが表示されませんが、インストールが完了しました。ダウンロードした「7z」の本体は必要無いので削除します。



7-Zip で FLVSplitter を解凍する方法

1.「スタート」→「すべてのプログラム」または「プログラム」→「7-Zip」→「7-Zip File Manager」を左クリックします。



2.初めて起動した画面が右です。ここで前回ダウンロ―ドした「7-Zip」形式で圧縮された「flvsplitter_20060320.7z」を指定します(ファイル名はバージョンにより異なります)。 このページではデスクトップにダウンロードしたので、Windows XP / 2000 の場合は以下になります。

C:\Documents and Settings\ユーザーアカウント名\デスクトップ\



3.例えば、右は「コンピュータの管理者」権限を持つユーザーアカウント「holmes」でWindowsにログオンしている場合です。 「7-Zip File Manager」のトップ画面で「マイコンピュータ」を左クリックして、「C:」→「Documents and Settings」→「holmes」→「デスクトップ」を順番に左クリックすると、そのユーザーのデスクトップに置かれているファイルが参照できます。

もちろん「holmes」の部分は、自分のユーザーアカウントに置き換えます。「Documents and Settings」以下を参照できない場合はフォルダオプションを変更する必要があります。以下のリンク先に拡張子を表示する方法も掲載しています。


フォルダ オプション(Windows2000/XP)


デスクトップが参照できたら、前回ダウンロードした「flvsplitter_20060320.7z」を左クリックします(ファイル名はバージョンにより異なります)。 拡張子を表示していなくても「flvsplitter_」と名前の付いたファイルを探せば良いのです。ここでダブルクリックしてしまうと、フォルダ内が参照できてしまいます。 右画像の状態で、「flvsplitter_20060320.7z」が反転された状態で「解凍」を左クリックします。



4.デスクトップのファイルを指定したので、解凍先も自動でデスクトップが指定されています。 この方が便利なので、何も変更せず「OK(O)」を左クリックします。



5.デスクトップに解凍されたフォルダ「flvsplitter_...」が表示されました。これをダブルクリックで開いた状態が右のスクリーンショットです。 とりあえず、このまま開いた状態にしておきます。



6.ダウンロードした圧縮ファイルは削除しても構いません。



FLVSplitter のインストール方法

1.上で開いた解凍フォルダには、「Release」と「Release Unicode」が存在します。 利用している OS が「Windows XP」「Windows 2000」の場合は、「Release Unicode」を利用します。 「Release Unicode」フォルダを左クリックします。


自分が使っているOSを確認する方法


2.必要なファイルは、「FLVSplitter.ax」になります。



3.「スタート」を左クリックして、「ファイル名を指定して実行(R)」を左クリックします。



4.Windows XP の場合は
C:\WINDOWS\system32

Windows 2000 の場合は
C:\WINNT\system32

と入力して「OK」を左クリックします。上のアドレスをコピー&ペーストした方が早いでしょう。



5.エクスプローラでシステムフォルダを開く事ができました。



6.先に開いてあった「Release Unicode」の「FLVSplitter.ax」ファイルを、システムフォルダに移動します。 システムフォルダ内の何もない場所にドラッグ&ドロップしましょう。フォルダと重なると、そのフォルダの中に入ってしまいます。



7.移動後はこんな感じになります(右画像を参照)。 これでシステムフォルダと「Release Unicode」フォルダを閉じます。 さらに、デスクトップに解凍したフォルダ「flvsplitter_...」も必要ありません。削除しましょう。



8.「スタート」を左クリックして、「ファイル名を指定して実行(R)」を左クリックします。



9.「名前」に「regsvr32 FLVSplitter.ax」と入力して「OK」を左クリックします。 regsvr32 はコマンドで、半角スペースを空け、システムフォルダに移動した「ファイル名」になります。 もし、バージョンの違いでファイル名が異なっていれば、変更する必要があります。



10.右のプロパティが表示されれば完了です。「OK」を左クリックします。 さて、次は DirectShow フィルタ「ffdshow」のダウンロードとインストールへと進みます。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項