MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

31.YouTube のデザインが変更されました


以前、テストが行われていた新しいページデザインが、4月1日(エイプリルフール)に強制的に変更されました。変更された部分は前回の日記で取り上げたので、そちらを参照して下さい。

28.YouTubeのビデオページが改良されました

さて、この発表は変更してから公開されたわけですが、いつもながらこのやり方は批判を買うみたいです。



YouTube Japan Blog: 新動画ページの提供開始

公式サイトで説明されている内容で、新しいページを使いこなす事は可能ですが、注目すべきは、この発表に投稿されたコメントです。ほとんどのユーザーが新しいページを嫌がっているという所。中にはシンプルになって歓迎するコメントもあり、嫌がるユーザーの中にも単純に新しいものへの拒絶反応もあります。しかし、根本的に的を得ていない変更である事を追求するユーザーが多いのも、YouTube が人気がある事を示していると思われます。



おそらく、今回の変更は、ユーザー側の立場にたったものではなく、YouTube 側の広告関連や、今後登場するであろう、ipad(米国では既に発売されました)、HP 、DELL 、次の Amazon の Kindle(キンドル)などの電子ブック戦略のハードウェア、さらには、HTML5などが関係していると思われます。日本では陰が薄い存在ですが、すでに電子ブックに関しては、今後登場する予定の機器が発表された事で、完全に既存の書籍の販売方式を詰んでいると思われ、登場すれば革命的となるかも知れません。

iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)



さて、Internet Explorer 6 に関しては、今回の変更で非対応になりました。もちろん、これは当然のことかと思われ、予告もされていました。ただし、新機能が使えないだけで、動画を視聴できない訳ではありません。



新しいページでは、ユーザーがクリックした事で、情報が既存のページに追加されたり、消えたりします。現在視聴しているムービーを投稿したユーザーの関連動画を参照する部品は、IE6では確実に崩れます。しかし、下段の詳細情報に関しては、さして問題はなさそうです。

問題は、アップグレードできない、もしくは、他のブラウザをインストールできない組み込まれた機器が、全て今回の変更で置き去りにされる事でしょうか。管理人はパソコンからしか利用していなので気がつきませんでしたが、ゲーム機器をインターネットに接続しているユーザーは、参照するのが難しい状況にあるのかも知れません。

いずれにしても今回の変更は、現時点では既存のユーザーにメリットを感じられません。今後どうなっていくのか楽しみですが、HTML5 にしてもIE9が登場しない事には先に進めません。他のブラウザを使えばいいし、実際に人気がある事がニュースで流れますが、それはヨーロッパなので、日本では関係ありません。IE 6 の衰退により、これらのブラウザへ流れる事が期待されましたが、現状は最新の IE 8 ではなく、IE 7 で止まっています( IE 6 から IE 7 に移行したユーザーが多い )。この状態は非常に面倒かも知れません。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項