MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

10.FLV ファイルのサムネイルが表示されない

 WMV 形式のビデオファイルは、エクスプローラ、またはデスクトップ( Windows Vista の場合 )でサムネイル表示が可能ですが、FLV 形式のファイルは、コーデックパックをインストールする事で複数のプレイヤーで再生する事が可能なものの、縮小表示ができない場合があります。縮小画像を表示するには、レジストリエディタを起動して、関連する拡張子にキーを追加する事で、表示可能になります。


コーデックパックをインストールしたことで、Flash形式の動画ファイルを複数のプレイヤーで再生可能になるものの、エクスプローラやデスクトップ( Windows Vista や Windows 7 )でサムネイルが表示されたり、されなかったりするのが気になる所。 Mpeg や WMV 形式のビデオの様に、サムネイル表示させる方法は無いものか? 基本的には、コーデックパックをインストールする事でサムネイル表示は可能ですが、いつしかサムネイル表示できなくなっていたり、同じ拡張子でも表示されるものとされないものがあります。 これらの問題はコーデックと ffdishow の設定で変更しますが、念のためレジストリを確認する事をおすすめします。特に、FLV ファイルだけではなく、AVI や MP4 なども同じです。 また、Windows 7 でもレジストリの設定方法は同じで、コーデックパックをインストールする事で再生可能になるのも同じですが、サムネイルに関してだけは設定する作業が増えます。 それに関してはコーデックパックのインストール方法を新しく Windows 7 対応版にします。


コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版)


レジストリの変更

以下の方法はレジストリを変更して、拡張子.flv ファイルのサムネイル表示を可能にする設定です。 レジストリの変更を間違うと、Windows が壊れる可能性があるので、作業は自己責任でお願いします。



1.キーボードの「Windows」キーと「R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」が表示されたら、「regedit」と入力して「OK」ボタンを左クリックします。尚、この作業には管理者権限を必要とします。


64 ビット版 Windows の場合


C:\Windows\SysWOW64\regedit.exe –m

と入力して「OK」ボタンをクリックします。32 ビット版と同じく、「regedit」でも起動できますが、慣れていない場合は戸惑うかも知れません。 32 ビット版と同じやり方が通用するので、ここでは 64 ビット版 Windows でも 32 ビット版表示のレジストリエディターを利用します。



2.レジストリ エディタが開くので、左メニューで

HKEY_CLASSES_ROOT\.flv

を見つけます。



3.「.flv」を右クリックして、「新規」→「キー」を左クリックします。



4.新しいキーが作成できました。このキー名を「ShellEx」に変更します。「新しいキー#1」などと名前が確定している場合は、右クリックして「名前の変更」を左クリックすると変更可能な状態になります。



5.上で作成した「ShellEx」を右クリックして、「新規」→「キー」を左クリックします。



6.新規にキーが作成されました。これを、上と同じ要領で


{BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1}

に名前を変更します。



7.上で作成したキーに名前が(既定)、種類がREG_SZ、データが(値の設定なし)になっています。これを右クリックして「修正」を左クリックします。



8.「値のデータ」に


{c5a40261-cd64-4ccf-84cb-c394da41d590}

と入力して「OK」ボタンを左クリックします。



9.完了した状態が右になります。レジストリ エディタを閉じて、コンピュータを再起動します(ログオフ→ログインでもOK)。



10.サムネイルが表示される様になりました。ただし、ファイルによってはサムネイルに利用する画像が真っ黒な場合もあります。 これは、ファイルの先頭部分をサムネイル化するため、正常動作になります。Windows Vista では、エクスプローラだけではなく、デスクトップでもサムネイル表示が可能です。



11.逆に、サムネイル表示したくないファイル形式を選択して、「ShellEx」以下の


{BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1}

キーを削除すれば、その拡張子の付いたファイルだけサムネイル表示を無効にできます。



ハードディスクドライブ の大容量化と、パソコン性能の向上により、保管するファイルは増え続け、サムネイル表示に負担が掛からない時代になりました。 時としてサムネイルは小さすぎて意味をなさない場合もありますが、ファイル名を参照せず直感的にファイルを探す事が可能です。



右は上と同じ要領で、MKV 、MP4 に適用した状態です。そのコンピュータで再生可能であれば、サムネイルで表示可能と思われます(もちろん、例外はあります)。 Windows 7 には異なる事情が関連していますが、それをしても表示されない場合は、「ShellEx」内にここで作成したキー以外に存在しているか確認します。 もし、存在しているならば、他のキーを削除してみるのも良いでしょう(削除後はログアウト→ログオンが必要です)。

また、Windows Vista SP1 から、再びキャッシュファイル「Thumbs.db」が作成される仕様に変更されました。

4.Windows Vista でThumbs.dbの作成を停止する方法



追記:2015 年 11 月 5 日

Icaros は、エクスプローラーで動画ファイルのサムネイル(縮小画像)が表示されなくなったとき、再起動、サインアウトせずに修復できる便利なアプリケーションです。今回は、これのインストール方法、使い方、アンインストール方法をご紹介します。

Icaros:動画ファイルの縮小画像を表示する(flv、avi、mp4 など)




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項