MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.インターネットに接続する方法

 Windows Vista Beta2 をインストールできました。さて何をしよう? そうだ、インターネットに接続しなくては!


前回 は、Windows Vista(ウインドウズビスタ)ベータ 2 をインストールしました。 このページではインストール後、実行するべき最低限の事を掲載します。 と、言っても、新しい OS をインストールすると、使ってみたくてしょうがなくなりますね。 壁紙の変更? 3D ビューア? はたまたマインスイーパ?

いや、ちょっと待って。ライセンス認証をしないと・・・猶予は14日しかありません。それにセキュリティ対策もしなくては。 あっ、それ以前に、インターネットに接続しなくてはなりません。ここで微妙なのが、本来はセキュリティ対策をしてからインターネットに接続して、ライセンス認証を行うのが望ましい順番です。 しかし、よく分からない新しい OS ゆえに、インターネットに接続しない事にはセキュリティ対策もできません。インストール段階ではネットワークの設定をしていませんでしたが、果たして接続されているのだろうか? まずはネットワークの設定を確認してみましょう。



Windows Vista ベータ 2 のインストール初期段階では、右下の常駐アイコンにネットワークの状況が表示されます。 右の赤枠のアイコンがそれになるのですが、一見、×印が付いていないので、インターネットに接続されている様に見えますが、実は接続されていません。 おそらく、ルーターの DHCP を有効にしている場合は、インストールが完了した時点でインターネットに接続可能と思われます( IP アドレスを自動取得しているため)。 手動で接続する環境を構築している場合は、やはり従来通りネットワークのプロパティを表示して、設定する必要があります。



アイコンをダブルクリックするか、右クリックで「ネットワークセンター」を左クリックします(右画像はインターネットに接続された状態)。

ネットワークカテゴリという言葉がありますが、Windows Vista では、プライベート ネットワーク(通常の接続方法)、パブリック ネットワーク(空港などで接続する場合)、ドメイン ネットワーク(企業でドメインを利用してネットワークを構成している場合)があり、通常のデスクトップパソコンで家庭で利用する場合は、プライベートネットワークを利用します。 「状態の表示」を左クリックしてみましょう。



見慣れた「ローカルエリア接続の状態」が表示されました。ここまで表示できれば、後は何をすれば良いか分かりますね(右画像はインターネットに接続されてしまっている状態なので、本当は正しくない例です)。 Windows Vista では、 IPv6 ( Internet Protocol VFersion 6 )がコアプロトコルとして作られているので、デフォルトで IPv6 の状態が表示されています。

よく分からないユーザーは、別に気にする事はありません。 従来通り IPv4 の設定をすればインターネットに接続できます。「プロパティ(P)」を左クリックします。 IPv4 は必要に応じてコマンドラインから削除( C:\>netsh interface ipv4 uninstall )、追加( C:\>netsh interface ipv4 install )が可能ですが、IPv6 は削除はできない様です。 不具合が発生するようなら、レジストリで

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\DisabledComponents

を作成して、Value (DWORD) で値を 0xFF に設定する事で無効化する事ができます。



Internet Protocol VFersion 4( TCP / IPv4 )をダブルクリックするか、左クリックして選択して「プロパティ(R)」を左クリックします。



Windows XP と設定方法は同じです。自分のパソコンに割り当てたプライペート IP アドレスとネットワークのサブネットマスク、デフォルトゲートウェイ(一般的にはルータの LAN 側のアドレス。 WAN 側は DHCP が有効になっている場合)、優先 DNS サーバー(一般的にはルータの LAN 側のアドレス)を設定すれば、インターネットに接続されます。



インターネットに接続完了

右下のアイコンに地球のマークが表示されました。この状態がインターネットに接続された状態を表します。アニメーション効果の有効/無効設定により、動作は異なります。 ルーターで DHCP を有効にしていた場合、インストール直後にインターネットに接続されてしまいます。これが良いのか否かは不明ですが、とりあえずすぐにセキュリティを対策をするべきです。 次は一年間無料で利用できる Windows Vista ベータプログラム ユーザ向け eTrust EZ Antivirus 無料トライアル版をインストールしてみます インストール方法





戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項