MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

27.Windows Vista での圧縮ファイルの取り扱い( zip 、lzh )

 Windows Vista RC1 の段階では、圧縮ファイルの展開が Windows XP と全く一緒でした。ZIP ファイルに加え LZH ファイルもデフォルトで対応して欲しかった・・・


zip 、lzh などの圧縮フォルダを解凍するには、Windows XP 以前の OS では、ファイルの圧縮/解凍プログラムをインストールする必要がありましたが、Windows XP からは圧縮された zip 形式の取り扱い、主に解凍作業が簡単になりました。Windows Vista(ウインドウズビスタ)ではどうなっているのでしょうか?


ZIP 形式の展開

Windows Vista RC1 での zip フォルダは右のスクリーンショットの様に、ジッパーで閉じられたファイルのアイコンになります。



これを解凍する場合は、フォルダを右クリックして、表示されたメニューから「展開」を左クリックします。



圧縮( ZIP 形式 )フォルダの展開ウィザードが表示されます。デフォルトでは圧縮フォルダが存在するフォルダ内に解凍フォルダを作成する設定になっています。 「展開(E)」を左クリックします。



特に Windows XP と変化はなく、Windows Vista をインストールした初期段階からzipファイルの解凍が可能になっています。 (左が圧縮フォルダで右が解凍後のフォルダ)



LZH 形式の展開

ならば、同じ圧縮フォルダであるlzh形式はどうでしょうか? Windows XP では後から提供されたプログラムをインストールする事で、zip 形式同様の操作で解凍可能になりました。 右は Windows Vista のデスクトップにあるlzhフォルダのアイコンです。 アイコンが真っ白なので、Windows XP 同様、インストール初期段階では対処する事ができません。



やはり、追加のプログラムをインストールする必要があります。 インストール方法は Windows XP と同じなので 圧縮 (LZH 形式) フォルダ を参照して下さい。



Microsoft 圧縮( LZH 形式 )フォルダをインストールした状態の lzh フォルダのアイコンです。



今度は右クリックで展開を選択できる様になりました。



左が展開前の lzh フォルダ。右が展開後のフォルダ(つまり普通のフォルダ)。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項