MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

音楽の取り込みと音楽 CD の作成 NO3:Windows Media Player 12


前回 の続きです。初期設定のまま CD を取り込んだので、C:\ユーザー\ユーザー名\マイ ミュージックに保管されました。 アーティスト名が付いたフォルダーが作成されています。これをダブルクリックすると、アルバム名のフォルダーが存在します。 アルバム名の付いたフォルダーをダブルクリックすると、曲データが表示されます。 CD を取り込む事で、そのアーティストのフォルダーが作成され、さらにアルバム名のフォルダーが作成されます。 もし、同じアーティストで異なるアルバムを取り込んだ場合、このアーティスト名のフォルダーに新しいアルバム名のフォルダーが作成されるわけです。



アーティスト名を正しく認識できるかにより、この仕組みは崩れる場合もあります。 例えば、同じアーティストでも、半角英数字の「globe」と全角英数字の「globe」は、別のフォルダーが作成され、異なるアーティストとして認識されます。 これは、インターネットから取得するアーティスト情報により異なりますが、もしそうなったとしても、フォルダーとファイルの位置を把握する事で、エクスプローラーで適切な場所に移動する事ができます。 半角英数字の「globe」のフォルダーで管理したいのであれば、半角英数字の「globe」と全角英数字の「globe」内に保管されたアルバムフォルダーを、半角英数字の「globe」のフォルダーに移動して、全角英数字の「globe」フォルダーを削除すれば良いでしょう。 もちろん、特に何もしなくても構いません。



先にファイルの位置関係を説明しましたが、Windows 7 のエクスプローラーに搭載されたライブラリと同期しています。 ここにも取り込んだ音楽フォルダーが表示され、これを削除してみます。右クリックで「削除(D)」をクリックします。 注:説明のために一枚のアルバムを取り込んだ状態です。説明の流れで、このフォルダーを削除してみます。実際に実行する必要はありません。「はい(Y)」をクリックします。



Windows Media Player 12 の「音楽」をクリックして表示される一覧からも削除されますが、タイミングにより表示される場合があります。



一覧表示の削除した曲をクリックしても、再生する事はできません。その場合は、一覧表示で削除した曲を右クリックで削除します。 例えば、ネットワーク上のフォルダーをライブラリに追加した場合、そのパソコンで電源が入っていないと、ライブラリに表示されるものの、曲を再生する事はできません。 これは、削除する必要はありません。電源を入れれば、ネットワークを介して曲を再生する事ができます。 仮に削除したとしても、ライブラリに登録されているならば、再び再取得で表示できます。



一覧表示の削除方法は右のスクリーンショットを参考にして下さい。



データの編集

曲のタイトルを編集するには、曲にポインターを移動して右クリック。「編集(E)」をクリックします。



編集モードになるので、「Delete」キーや「Backspace」キーを使ってタイトルを削除して、新しく文字を入力します。 これにより、自動取得できなかったアルバムタイトルやアーティスト情報も変更できます。



インターネットからアルバム情報を取得する場合は、曲を右クリックして、「アルバム情報の検索(F)」をクリックします。 この作業は自動で実行されますが、それでも取得できない場合は手動で行う事もできます。 ただし、自動で取得できない場合、もともと情報が存在しない可能性もあります。 このページでは、すでにアルバム情報を取得できているデータをサンプルに使っているので、これをやる意味はありません。



アルバム名やアーティスト名を入力して検索。存在するならば、それをクリックして、曲名などを確認。正しければ、「検索」ボタンをクリックします。



曲名などを確認。正しければ、「完了」ボタンをクリックします。 インポート版と日本版の CD は、収録曲が異なる場合があるので注意しましょう(ボーナストラックなど)。 この方法は、シングル CD(今もあるのかな?)を取り込む時に、二曲目が取得できない場合が多くありました(昔の話です)。 今はデータベースが更新されているので、取得できるものも多いと思われます。 例え一曲目が正しく入力されていても、二曲目が不明なタイトルになっているならば、アルバム検索を実行する価値はあります。 それでも駄目な場合は、手入力で対処するしかありません。



自前で用意した写真を登録する事もできます。取得できないジャケットを右クリックして、「アルバム アートの貼り付け(B)」をクリックします。 自前で用意する写真とは、例えばアマゾンなどのショップで検索して、画像をコンピューターに保管したり、アルバムの写真をデジカメで撮影してトリミングしたものを利用すれば良いでしょう。家庭のミュージックサーバーとしてこだわるのであれば。



音楽 CD を作成する方法

取り込んだ CD の曲から、好きな曲だけを集めて、マイベストアルバムを作成する事ができます。 作成方法はいくつかありますが、家電の CD プレイヤーや DVD プレイヤーなどで再生できる形式で作成する方法を紹介します。 それとは別に、MP3 形式で記録して、対応したプレイヤーだけ、または、パソコンだけで再生する CD や DVD の作成方法は、別のページで説明します(現在、制作中)。 市販のライティングソフトを使わず、Windows Media Player 12 で、CD を作成する事ができます。必要なメディアは CD-R となります。 CD-RW でも作成できますが、対応したプレイヤーが必要なので、書き換え不可能な CD-R が妥当かと思われます。 「書き込み」タブをクリックすると、右に書き込みリストが表示されます。ここへ、左の一覧表示から好きな曲をドラッグ&ドロップします。



左からドラッグ&ドロップした曲の一覧が完成しました。書き込むのをやめたい曲がリストにあるならば、その曲を右クリックしてリストから削除します。 音楽 CD の作成方法は、ファイルの容量ではなく、時間で計算されます。700 MB の CD-R ならば、元データが MP3 であっても、約 80 分しか収録できません。 「書き込みの開始(S)」をクリックします。



書き込みが始まりました。この方法は、追記する事ができません。リストを完璧に作成してから、書き込みを実行する様にしましょう。 ディスクは自動で閉じられ、家電のプレイヤーで再生可能になります。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項