MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

再生履歴を消去、または、記憶しない設定:Windows Media Player 12


Windows Media Player では、初期状態で再生したビデオ、音楽、表示した画像、利用した再生リストなどの履歴が記憶されます。 複数のユーザーで同じアカウントで Windows 7 を利用する場合、不都合と感じる事もあるでしょう。 これらの履歴は、Windows Media Player 12 のオプションのプライバシーで、消去、または、履歴を保持しない設定が可能です。


Windows Media Player 12 を開き、アクティブにします(選択された状態)。 キーボードの「Alt」キーを押して、Windows Media Player 12 のメニューを表示させます。「ツール(T)」→「オプション(O)」をクリックします。 オプションの「プライバシー」タブをクリック。履歴やキャッシュをボタンのクリックで削除できます。 今後、履歴を保管したくない場合は、「音楽」「ビデオ」「画像」「再生リスト」のチェックを外します。最後に「OK」ボタンをクリックします。



この結果、Windows 7 のタスクバーボタン( Windows Media Player 12 )を右クリックしても、履歴は表示されなくなります。 もちろん、他のタスクバーボタンは、履歴を保持します。この設定は「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」の「プライバシー」で、最近開いた項目をタスクバーに保存して表示するか否かを設定します。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項