MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 8 では Windows Media CenterとDVD再生環境が切り離される


Microsoft(マイクロソフト)社の次の主流OSとされるWindows 8で、Windows Media Center(ウインドウズ メディア センター)が切り離されるとブログで公表されました。まず、登場するWindows 8のエディションは「Windows 8(エイト)」「Windows 8 Pro(プロ)」「Windows 8 Enterprise(エンタープライズ)」「Windows RT(アールティー)」の4つで、ボリュームライセンス版の「Windows 8 Enterprise」とARMタブレット端末向けの「Windows RT」を単品購入はできません。量販店で購入できるエディションは、消費者向けの「Windows 8」と、企業向けの「Windows 8 Pro」の二つになります。Windows 7 Home Premiumを利用するユーザーは「Windows 8」を、Windows 7 ProfessionalとUltimateを利用するユーザーは「Windows 8 Pro」を選択する流れかも知れません。

さらに、Windows 8では、どのエディションにもWindows Media CenterとDVD再生機能が付属されません。これらの機能を利用するユーザーは、何かしらの方法で有料によるアップグレードの必要があります。「Windows 8」を購入した場合は、Windows 8 Pro Packを、「Windows 8 Pro」を購入した場合は、Windows 8 Media Center Packを適用することで、Windows 8 Pro Media Center搭載となります。現時点では不明な点もありますが、Windows Media Centerを利用するユーザーは、Windows 8 Pro(消費者・企業向け) → Windows 8 Media Center Pack → Windows 8 Pro Media Center搭載の流れが一般的かも知れません。ただし、購入したコンピューターに「Windows 8」がインストールされている場合でも、Windows 8 Pro Pack を適用することで、Windows 8 Pro Media Center搭載にアップグレードできます。

この変更の理由は、次のブログに掲載されています。

Windows 8 での Windows Media Center の利用

FAQ - Windows 8 での DVD 再生と Windows Media Center

詳細は熟読してもらうのが一番ですが、面倒な人のために根幹を取り上げると、Windows Media Centerの使用率が低いとあります。パソコンでテレビやDVDを視聴するユーザーは減少傾向で、インターネットを使った配信サービスを利用するユーザーへとシフトしている、さらには、タブレットPCの販売台数が伸びると予想されるので、Windows Media Centerの搭載に意味がないと判断されています。

また、DVD再生環境のロイヤリティが、一台のパソコンに重複して支払われているともあります。DVDを再生するにはMPEG2ビデオ圧縮とドルビーデジタル(AC3)オーディオが必要で、MPEG2デコーダーのライセンスの単価$2に、ドルビーのライセンスも加わります。例えば、パソコンに搭載された光学式ドライブには、再生するソフトが付属するのが一般的で、これにロイヤリティが支払われています。Windowsがこの機能を搭載すると、やはりロイヤリティが支払われます(一台のコンピューターで二重に支払っている)。そして、光学式ドライブを付属しないネットブックやタブレットPCでも、Windowsに機能が付属する事で、ロイヤリティを支払っていることになります(使わないのに・・・)。

Windows 8 Pro Media Center搭載にアップグレードすると、Windows Media CenterでDVDを視聴できますが、Windows Media Playerでの視聴はできません。また、この仕様は通常版とパーツと同時に購入するOEM版で、プレインストールされたWindows 8は、OEM次第とあります。



Windows Media Centerとは?

Windows Media Centerは、画像、音楽、テレビの視聴、録画などをリモコン操作で利用できるWindowsの付加機能です。Windows XP 時代では、組み込みOSとして特別なエディションで販売されていました。管理人はWindows XP Media Center Edition 2005から愛用しています。

4.Windows XP Media Center Edition 2005 インストール方法

I-O DATA GV-MVP/RX3 この時期ゆえに Windows Media Center 対応のキャプチャーカードを購入してみました

I-O DATA GV-MVP/RX3 を Windows Media Center(メディアセンター)で利用してみました



TVチューナー&キャプチャーカードで、メーカー独自アプリケーションとWindows Media Centerの両対応を謳った「I・O DATA GV-MVP/RX3」を使っていました。この頃は、Windows Vistaの登場を考慮して、Windows Media Centerに対応しているデバイスは、互換性が保持されるだろうと推測しました。つまり、Windows XP Media Center Edition 2005では、付属のメーカーアプリケーション「mAgicTV」を利用して、Windows VistaでWindows Media Centerに切り替えようと考えていました。



この予想が功を奏して、Windows Vistaでは「mAgicTV」がUACで使い勝手が悪くなり、AeroとUACに柔軟に対応した Windows Media Centerが重宝しました。ところが、デジタル放送へと移行する時期にさしかかり、デジタル放送に対応したチューナーを搭載したパソコンだけに、デジタル放送対応Windows Media Centerを搭載したWindows Vistaが組み込まれて発売されました。デジタル放送用のチューナーの単品販売が2008年5月に解禁しても、デジタル放送に対応したWindows Media Centerを手に入れることができない状況です。

18.キャプチャーカードを増設して Windows Media Center の設定をする



そもそも、Windows Media Centerはリビングの大型テレビに出力して、リモコンで操作できるのが特徴的です。リビングPCとしては本領を発揮できますが、通常のテレビを視聴しながら作業をするながら族(私)や、画質にこだわるユーザーには魅力がありません。そこで、デジタル放送対応Windows Media Centerを捨てて、デジタルTVチューナーに付属するアプリケーションに移行すれば問題ないはずでした。

43.地デジチューナー&キャプチャーカードを購入してみました GV-MVP/HS

45.Windows Vista + GV-MVP/HS + WUXGAで使ってみた



ところが、日本のデジタル放送がガラパゴス化した事で、最初に登場したデジタル放送のチューナーに付属するアプリケーションは、タイムシフトも録画番組のサムネイル表示の機能もなく、Windows Aeroを有効な状態で動作せず、スクリーンキャプチャーもできませでした(テレビ画面以外のスクリーンキャプチャー)。それ以前に、録画した番組をアナログ放送と同じように扱えない最大の問題もあります(これは手が無いわけではありませんが・・・)。



Windows Vistaのデジタル放送対応Windows Media Centerは、録画と視聴、タイムシフト、Windows Aeroを維持したままの視聴が可能で、メーカー製アプリケーションと性能が逆転しています。これを利用するには、Windows 7に付属するデジタル放送対応のWindows Media Centerが発売されるまで待つ必要がありました。管理人は、Windows Media Center専用のチューナー、株式会社アイ・オー・データ機器「GV-MC7/HZ3」を購入しました。

65.満足できる地デジ対応Windows Media CenterとGV-MC7/HZ3



Windows Media Centerの機能だけで満足しているユーザーにとって、この組み合わせ納得できるものでした。2012年の現在、メーカー製アプリケーションでも満足できる性能かも知れません。管理人は試していないので、Windows 8でもWindows Media Centerを利用する予定ですが、メーカー製アプリケーションを選択する機会でもあります。

Windows 7 Windows Media Center 設定方法



個人的には、Windows Media Centerでテレビ録画と視聴が可能で、DVDとBlu-Rayの再生にも対応して欲しいです。もちろん、録画したテレビ番組、DVD、Blu-RayをWindows Media Playerでも再生できれば嬉しいです。

テレビチューナー(ワンセグ・地デジチューナー)一覧




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項