MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ページ予測によるページ フリップの制御
Windows 8.1

Internet Explorer で、ページ予測を使ってページを事前に読み込み、閲覧の履歴を Microsoft に送る


Windows 8.1 インストール中の「設定」画面で「自分で設定する(C)」を選択した場合、「Microsoft やその他のサービスと情報を共有する」にて「Internet Explorer で、ページ予測を使ってページを事前に読み込み、閲覧の履歴を Microsoft に送る」のオン・オフを問われます。

[Internet Explorer でページ フリップ機能を有効にして、サイト上で次のページに移動]:これにより、Web ページが事前に読み込まれ、閲覧の履歴が Microsoft に送られてサービスの向上に使われるようになります。

この設定を Windows 8.1 をインストール、あるいは、Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートしてから変更する方法を説明します。



ページ フリップは、Metro UI のInternet Explorer で、画面を左右にスライドさせて進んだり戻ったりできる機能です。この機能は、バックグラウンドで読み込まれる次ページを予測することで利便性が向上します(例えば、検索結果でページ数が沢山ある場合)。これを実現するために、Microsoft とWEB閲覧履歴を共有する必要があります。なお、共有設定は、デスクトップ版と Metro UI 版で制御できますが、ページ フリップを利用できるのはMetro UI 版の Internet Explorer だけです。



Metro UI 版 Internet Explorer

1.スタート画面の「Internet Explorer」タイルをクリックします。



2. Metro UI 版の Internet Explorer が起動したら、右下にポインターを移動します。チャームが表示されたら「設定」をクリックします。



3.「プライバシー」をクリックします。



4.「ページ予測によるページ フリップ」「バックグラウンドで読み込まれる次のページを予測します。サービスを向上するために Microsoft と履歴を共有します」でオン・オフを変更できます。



デスクトップ版Internet Explorer

1.この設定を Windows 8.1 をインストールしてから変更する場合は、「スタート」画面で「デスクトップ」タイルをクリックします。



2.「デスクトップ」が起動したら、タスクバーの「IE」アイコンをクリックします。



3.Internet Explorer が起動したら、右上の「ツール」アイコンをクリック、さらに、「インターネット オプション(O)」をクリックします。



4.「インターネット オプション」が開いたら、「詳細設定」タブをクリックします。ここに設定項目が表示されるので、右のスクロールバーを下に移動して、「ページ予測によるページ フリップを有効にする」をクリックしてチェックを外せばオフ、チェックを入れればオンになります。オフする場合は、「OK」ボタンをクリックします。



5.チェックを入れた場合、「ページ フリップをオンにすると、サイトの次ページに進むことができます。閲覧の履歴は Microsoft に送られて、ページ フリップの機能向上に使われます。」と表示されます。オンにする場合は、「ページ予測によるページ フリップを有効にする」をクリックします。情報が Microsoft に送られるため、このような画面で確認を取っているのだと思います。


ページ フリップによる閲覧 (Windows)



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項