MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ヘルプ エクスペリエンス向上プログラムの設定:Windows 8.1


Windows 8.1 インストール中の「設定」画面で「自分で設定する(C)」を選択した場合、「ヘルプ エクスペリエンス向上プログラムの一環として、ヘルプの使用状況に関する情報を Microsoft に送る」のオン・オフを問われます。

[ヘルプ エクスペリエンス向上プログラムの一環として、ヘルプの使用状況に関する情報を Microsoft に送る]:ヘルプ エクスペリエンス向上プログラム(HEIP)は、ヘルプの品質と精度の向上を支援するプログラムです。HEIP では、ヘルプの検索ボックスに入力された単語や語句、フィードバック ボックスに入力されたフィードバック、および表示されるヘルプ コンテンツの情報が収集されます。Microsoft は、この情報を元にヘルプの検索結果およびオンライン ヘルプのコンテンツの向上に努めます。

この設定を Windows 8.1 をインストール、あるいは、Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートしてから変更する方法を説明します。



1.「スタート」画面で「デスクトップ」タイルをクリックします。



2. デスクトップ、あるいは、スタート画面で、カーソル(白い矢印)を右下に移動してチャームの「設定」アイコンをクリックします。



3.「ヘルプ」をクリックします。



4.「Windows ヘルプとサポート」が表示されたら、右上の「設定」アイコンをクリックします。



5.「ヘルプ エクスペリエンス向上プログラムに参加します(J)」のチェック ボックスを空白にすれば「オフ」、チェックを入れれば「オン」になります。クリックでチェックを入れたり外したりできます。最後に「OK」ボタンをクリックします。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項