MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

スタートメニュー復活!タイルが埋め込まれる。:Windows 8.1 Update


Windows 8(ウインドウズ エイト)にて、デスクトップやノートパソコン、タブレット PC、スマートフォンなどの端末と OS 操作性の共通化を図る一環として、Modern UI(モダン ユーアイ:旧 Metro UI メトロユーアイ)が追加され、1995 年に登場した Windows 95 で採用されたスタートボタン、スタートメニューが廃止されました。 この反響は凄まじく、慣れ親しんだ操作性を失うことにアップグレードを躊躇するユーザーも多いと思われます。それもそのはずで、Microsoft や Windows が好きでコンピューターを使っているのではなく、業務に必要だからコンピューターを使うユーザーにとって、操作性の変更に見合うパフォーマンスが得られない限り、納得できるものではありません。



個人的には、スタート画面の中央から指を上へスライドして表示される[アプリ] ビューが、従来の「スタートメニュー → すべてのプログラム」に匹敵するため、スタートボタンやスタートメニューに未練はありませんでした。 もちろん、Windows 8、あるいは、 Windows 8.1 からコンピューターに触れたユーザーも、全く問題にならないことでしょう。タブレットPCに関しては、従来の Windows より操作性が優れているのも事実です。

しかし、米国カリフォルニア州、サンフランシスコで開催されている「Build 2014」にて、Windows 8.1 の大型アップデートに関する情報がニュースされています。 その中で、スタートメニューが復活しているスクリーンショットが Twitter で公開されました。



スクリーンショットの解像度が低いですが、スタートパネルは従来の Windows のそれと似ていて左右に区切られています。 左にはアプリ一覧が表示され、おそらく従来の「すべてのプログラム」に対応する「All Apps」の文字が見えます。 それよりも興味があるのは、スタートパネルの右側で、スタート画面のタイルが表示されています。


【速報】Microsoft、Windows 8.1 Updateを4月8日に公開 - Impress Watch

追記:Windows8.1 Update をインストールしましたが、スタートパネルは存在しませんでした。今回は見送られてたようです・・・




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項