MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

StartMenu8:Windows 8 にスタートボタンを追加するアプリケーション


2012 年 10 月 26 日に発売された、Microsoft(マイクロソフト)社の Windows 8 (ウインドウズ エイト)からコンピューターを利用しはじめたユーザーは、このアプリケーションを知らなくても大丈夫です。それ以前の Windows を利用していて、Windows 8 に乗り換えた、あるいは、コンピューターを買い替えたら、Windows 8 がインストールされていた場合で、なおかつ、スタートボタンが消滅して嘆き苦しんでいるユーザーに朗報です。Windows 8 にスタートボタンを追加できるアプリケーション「StartMenu8」が、IObit Information Technology から公開されました。有償のシステムメンテナンスソフトを販売している会社ですが、無料ソフトも公開しており、その一つが「StartMenu8」になります。


初期状態のタスクバー StartMenu8

左上が初期状態の Windows 8 で、右上が「StartMenu8」をインストールした状態です。復活したスタートボタンをクリックすると、Windows 7 に搭載されてたスタートメニューに近いパネルが表示されます。



過去、開発版ではレジストリを変更することで、スタートメニューは復活できました。しかし、製品版になる頃には、その方法は封じ込まれ、海外版のフリーソフトへシフトしました。ところが、日本語に対応していないので、プログラムを検索できませんでした。「StartMenu8」は、日本語による検索にも対応しています(ここで検索を多用するユーザーなら、Windows 8 のアプリ一覧の方で対処できると思いますが)。



これだけでも助かるユーザーは多いと思いますが、「StartMenu8」は Metro UI を極力排除して、デスクトップでの作業を重視した環境を得られます。スタートボタンを右クリックして、「設定」をクリックします。



設定画面は「一般設定」「スタートボタン」「メニュー」「ユーザーインターフェイス」の4つ分けられています。まずは「一般設定」を見てみましょう。このスタートボタンを使うには、「StartMenu8」のプログラムを起動させておく必要があります(当然ですね)。ゆえに、「Windows スタートアップ時に起動」にチェックを入れるのが一般的な使い方ですが、これを解除して「StartMenu8.exe」から起動することも可能です(必要になったら起動する方法)。



さらに、「Metro画面をスキップ」する項目があります。Metro(メトロ)画面とは、開発段階の Windows 8 で新しいユーザーインタフェイスの名称として使われていました。製品版になった今、Metro UI からModern UI design (モダン ユーアイ デザイン)に名称が変更されています。Windows 8 では、手動、自動を問わず、ログオンするとModern UI designのスタート画面が起動します。「Metro画面をスキップ」にチェックを入れると、ログオンしたらデスクトップが表示され、従来の Windows に近い起動状態になります。



Metro ホットコーナーとは、Modern UI designで表示するアプリを起動した際、ポインターを左上、さらに下に移動した時に表示される左メニューの事です。「Metro ホットコーナーを無効化」にチェックを入れると、これを表示しなくなります。



Metro サイドバーとは、右下にポインターを移動して、さらに上に移動した時に表示される右メニューの事です。「Metro サイドバーを無効化」にチェックを入れると、これを表示しなくなります。これらのメニューを使わないユーザーに、ポインターの移動で意図しない動作を防ぐためにあります。

「左クリックでWindows Start Menuを開く」にチェックを入れると、スタートボタンをクリックするとModern UI designのスタート画面に切り替わります。スタートボタンにポインターを乗せる、あるいは、キーボードのウインドウズキーをクリックした場合は、スタートメニューが表示されます。



スタートボタンのデザインを変更できます。初期状態は「Classic(クラシック)」が選択されており、これは Windows 7 に搭載されたスタートボタンです。Windows 8 のロゴを使った「Win8」もお洒落です。



「メニュー」は、[スタート]メニューのリンク、メニューの表示や動作をカスタマイズすることができます。これは、旧 Windows 7 に搭載されていた機能で、タスクバーを右クリックして「プロパティ」をクリックして、「[スタート]メニュー」タブをクリックして、さらに、「カスタマイズ(C)」ボタンをクリックすると設定できます。

これは、スタートボタンをクリックして表示されるパネルを左右に分けて、右に表示されるメニューを選択して、さらに、メニューをクリックするとウインドウを開くか、その内容のメニューを展開するかの設定です。



例えば、スタートパネルに「管理ツール」へのリンクを表示したい場合、設定画面の「管理ツール」を「リンクとして表示する」に設定します。



「リンクとして表示する」を選択した場合、「管理ツール」をクリックすると、ウインドウが表示されます。



「メニューとして表示する」を選択した場合、「管理ツール」をクリックすると、項目の一覧が表示されます。ようするに、ウインドウを表示せず、直接アプリケーションを起動できます。



最後は、「ユーザーインターフェイス」の設定です。重要と思われる項目は、「電源ボタンの操作」かと思われます。



初期状態では、スタートボタンをクリックして「シャットダウン」ボタンをクリックすると、コンピューターの電源が切れるシャットダウンに設定されています。この動作を、「ログオフ「再起動」「スリープ」「休止状態」などに変更できます。「シャットダウン」ボタンの右の三角形をクリックすれば、いつでも「スリープ」「休止状態」などのメニューを表示できます。



個人的には、Windows 8 の新しいプログラム一覧から起動する方法が満足しているので、このアプリケーションを使うことはありません。ですが、そもそも Windows が好きで使ってきたわけではなく、仕事で仕方なく使ってきたユーザーにとって、仕様変更は作業の進行を妨げストレスになるかも知れません。そういった場合、「StartMenu8」が救世主となります。

Windows 8 Consumer Preview スタートメニューが消滅しても嘆かないで!編



インストール方法

1.公式サイトにアクセスして、「StartMenu8」をダウンロードします。「無料版ダウンロード」ボタンをクリックします。バージョンアップにより、画面が変更されるかも知れません。

【無料ソフト】Windows 8に従来のスタートメニューを追加する - StartMenu



2.「名前を付けて保存(A)」をクリックします。



3.左枠で「デスクトップ」をクリックして、「保存(S)」ボタンをクリックします。



4.デスクトップにダウンロードした圧縮フォルダーを右クリックして、「すべて展開(T)」をクリックします。



5.「展開(E)」ボタンをクリックします。



6.解凍(展開)したフォルダーが開きます。まずは「ご利用いただく前に必ずお読みください.txt」をダブルクリックして、メモ帳で参照しましょう。次に、「startmenu-setup.exe」をダブルクリックしてインストールします。Windows インストール初期状態では、拡張子「.txt」や「.exe」は表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。



7.セットアップ ウィザードが表示されます。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



8.使用許諾契約書を読み、納得できたなら「同意する」ボタンをクリックします。同意できない場合は、インストール作業はここで終了します。



9.インストール先を指定します。特に変更する必要はありません。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



9.インストールが完了しました。提供元の製品「Advanced SystemCare Ultimate」の体験版のインストールが促されます。この体験版をインストールしない場合は、「推奨: Advanced SystemCare Ultimate をインストール」からチェックを外してから、「完了(F)」をクリックします。これは、「ご利用いただく前に必ずお読みください.txt」に書かれているので、良心的な会社です。



10.デスクトップに作成されたショートカットアイコン「StartMenu8」で起動しますが、インストールが完了した時点で起動しており、次回の Windows のスタートから同時に起動するように設定されています。ダウンロードした圧縮フォルダーの「StartMenu8.zip」、展開した「StartMenu8.」フォルダー、ショートカットアイコン「StartMenu8」の三つは、削除しても構いません。



アンインストール方法

1.コントロール パネルを開き、「プログラムのインストール」をクリックします。



2.「StartMenu8」を探してクリックします。さらに「アンインストール」をクリックします。



3.「はい(Y)」ボタンをクリックします。



4.アンインストールが完了しました、「OK」ボタンをクリックします。



5.64bit OSの場合は「C:\Program Files(×86)」、32bit OS の場合は「C:\Program Files」に「IObit」フォルダーが残ります。この会社の他製品を利用していない場合は、「IObit」フォルダーを削除すればいいでしょう。ここまでの作業をビデオにしてYouTubeにアップロードしました。以下を参照して下さい。






BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項