MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 8 でデスクトップ ガジェットを使う


デスクトップ ガジェットとは、デスクトップに表示して使う小規模なアプリケーションで、もとは Windows に付属していたものではなく、Google や Yahoo!(ウィジェット)が公開していました。それを Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)で標準搭載したものの、サイドバーから独立できない仕様でした。 その後、Windows 7 でサイドバーが排除され、カレンダー、天気予報、時計、為替など、一般的なガジェットが定着していたと思います。標準的なガジェットは付属しますが、基本的にはデスクトップにガジェットを表示する仕組みを標準搭載して、ガジェットは制作者がマイクロソフトに登録して、利用者が好きなものをダウンロードして利用する仕組みです。



ところが、 Windows 8 ではデスクトップガジェットが廃止され、それに伴い、旧バージョンのデスクトップガジェットの提供も終了しました。便乗して標準搭載したものの、普及したらさっさと廃止するのは迷惑な話です。Modern UI(モダン ユーアイ、元は Metro UIメトロ ユーアイと呼ばれていたもの)のアプリも、この運命を辿るのでしょうか?

デスクトップのガジェット - Microsoft Windows



Windows が向う先が、デスクトップコンピューターとタブレット端末、あるいは、スマートフォンとの統合であるならば、タブレットPCに無理矢理歩み寄ったのが Windows 8 で、時計、カレンダーなどは、ガジェットが無くても確認できます。しかし、とばっちりを食ったのが、Windows Vista、 Windows 7 のデスクトップガジェットユーザーです。



今後、Windows Vista や Windows 7 を綺麗な環境に再インストールする場合、普段利用していたガジェットが入手できない場合もあります。特に、Windows 8 にアップグレードせず、Windows 7 を長く利用する予定の方は、お気に入りのガジェットをダウンロードして保管するのが無難でしょう。以下のサイトで、全部ではありませんが、過去に公開されたガジェットのいくつかをダウンロードできます(いつまで可能かは不明)。

thoosje.com

ただし、従来のサービスとは異なり、マイクソフトの信頼されたガジェットとは言えないので危険が伴うでしょう。インストール時には、関係無いツールバーをインストールする画面が表示されますが、それらを全てキャンセルして、ガジェットだけをインストールする必要があります。



すでにインストールしてあるガジェットをバックアップするには、以下のアドレスの Windows Sidebarフォルダーをバックアップして、再インストール先のユーザーフォルダー以下、同じ場所に上書きします。


C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar


なお、Windows インストール初期状態では、AppData 以下が表示されません(アドレスを直接指定すると表示できる)。エクスプローラーでディレクトリーを辿って表示するには、「コントロールパネル」の「デスクトップのカスタマイズ」の「フォルダー オプション」の「全てのファイルとフォルダーを表示」をクリックします。「表示タブ」の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れ、「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外し、「適用(A)」をクリックします。バックアップの終了、あるいは、再インストール後に上書き作業が終了したら、フォルダー オプションの設定を元に戻しても良いでしょう。



Windows 8 で デスクトップ ガジェットを利用する方法

さて、先にも書きましたが、Windows 8 ではデスクトップガジェットが廃止されました。その理由は、セキュリティ的な事なのか?デスクトップよりも Modern UI を主としたためか分かりません。



Windows 8 もデスクトップガジェットを表示する方法があるのか調べたところ、 「価格.com」のクチコミ掲示板 に掲載されている方法を見つけました。セキュリティ的には、これを実行するべきではないのかも知れません。作業は自己責任でお願いします。今回、管理人は Windows 8 Pro 64bit で実際に試してみましたが、アンインストール方法は見つかりませんでした。ゆえに、インストールを躊躇したのですが、私もデスクトップガジェットの廃止に嘆いた一人なので、掲載しようと思いました。



1.以下のサイトにアクセスします。英語ですが、ダウンロードのリンクは「1) Go here and download the file」の「here」になります。「here」をクリックして、ファイルをデスクトップにダウンロードします。いつまでリンク先が存在しているか分かりませんが、ファイル名「Windows Sidebar for Windows 8 RTM」で検索して入手できるかも知れません。

View topic - Get Gadgets back in Windows 8 RTM - Windows, Apple, Application, Abandonware and Game Beta Downloads/Repository - BetaArchive



2.「名前を付けて保存(A)」をクリックします。



3.左枠で「デスクトップ」をクリックして、「保存(S)」ボタンをクリックします。ファイル名は自動的に入力されます。



4.デスクトップにダウンロードした「Windows Sidebar for Windows 8 RTM.zip」を右クリックして、「すべて展開(T)」をクリックします。なお、Windows インストール初期状態では、拡張子「.exe」は表示されまんが、今回のインストールに支障はありません。



5.デスクトップに展開します。「展開(E)」ボタンをクリックします。



6.Windows 8 から改良された、ファイルの移動、コピー、解凍などの作業で進捗情報を表示する画面。解凍されるまで、しばらくお待ち下さい。



7.デスクトップに解凍したフォルダーには、「files」フォルダーと「install.cmd」があります。



8.「files」フォルダーと「install.cmd」ファイルを、C:\Windows\System32 に移動します。



9.対象のフォルダーへのアクセスが拒否されましたと表示されたら、「すべての項目にこれを実行する(A)」にチェックを入れ、「続行(C)」ボタンをクリックします。



10.「install.cmd」を検索します。C:\Windows\System32 を表示して、検索フォームに「install」と入力して「Enter」キーを押します。System32 にはファイルが沢山あるので、検索した方が簡単に見つけられます。



11.「install.cmd」を右クリックして、「管理者として実行(A)」をクリックします。



12.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」ボタンをクリックします。



13.コマンドプロンプトが開きます。キーボードの「C」キーを押します(インストール先のドライブ文字)。



14.インストール作業中です。しばらくお待ち下さい。私の環境は 64bit なので Program Files には 64 bit アプリケーション、Program Files (x86) には 32 bit アプリケーションがインストールされます。確認したところ、いずれのフォルダーにも「Windows Sidebar」がインストールされました。32bit OS では、Cドライブに「Program Files」フォルダーしかなく、もちろん、32bit アプリケーションがインストールされます。最後に、「Press any key to exit the installer...」と表示されたら、キーボードの「Enter」キーを押します(どのキーを押しても、コマンドプロンプトは閉じれます)。



15. C:\Windows\System32 に移動した「files」フォルダーと「install.cmd」ファイルを削除します(右クリックして「削除(D)」をクリックします)。

このアプリケーションでは、英語版のガジェットがインストールされます。日本語版 Windows 7 に付属されたガジェットを利用するには、ファイルをコピーする必要があります。まずは、先に説明したコントロール パネルのフォルダー オプションで、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れ、「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外して、「適用(A)」ボタンをクリックします。



16.エクスプローラーで C:\Program Files を開くと、「Windows Sidebar」フォルダーが追加されているのが分かります。



17.Windows 7 の C:\Program Files\Windows Sidebarに保管されていフォルダーとファイルを、Windows 8 の C:\Program Files\Windows Sidebar に上書きします。



18.「ファイルを置き換える(R)」をクリックします。



19.「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました」と表示されたら、「すべての項目にこれを実行する(A)」にチェックして、「続行(C)」ボタンをクリックします。



20.デスクトップで右クリックすると、Windows 8 には表示されない「Gadgets(ガジェット)」が表示されるので、これをクリックします。



21.Windows 8 で、Windows 7 の標準ガジェットが利用可能になりました。



22.次に、Windows 7 で自分が利用していたガジェットを適用します。Windows 7 の C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar にあるフォルダーとファイルを、Windows 8 の C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar を上書きします。



23.「ファイルの最後またスキップ」が表示されたら、「ファイルを置き換える(R)」をクリックします。この上書き作業が終了したら、フォルダー オプションで変更した内容を元に戻します。



24.Windows 7 で使っていたガジェットを、Windows 8 で利用可能になりました。こういうアプリケーションは、変化を嫌うユーザーにとっては重宝しますが、消滅するからには何かしらの理由があると考えるのが自然です。ゆえに、セキュリティ的に問題があるのかも知れません。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項