MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 8 Pro にWindows Media Center と DVD 再生機能を追加する


Windows 8 (ウインドウズ エイト)には、Windows Media Center(ウインドウズ メディア センター)と DVD 再生機能がありません( MPEG2 をサポートしていない)。これらの機能を追加するには、利用している Windows 8 の種類により異なります。Windows 8 を利用している場合は、Windows 8 Pro Pack を購入する必要があります。Windows 8 Proを利用しているユーザーは、Windows Media Center Pack を購入する必要があります。



Windows 8 Pro Pack は、期間限定で \5,800 で発売されています。まず、Windows 8 を Windows 8 Pro にアップグレードして、さらに、Windows Media Center( DVD 再生を含む) が利用可能になるため、この金額になるようです。一方、Windows 8 Media Center Pack は、Windows 8 Pro に Windows Media Center( DVD 再生を含む)が追加されるだけなので、Windows 8 Pro Packより安価になると予想します。いずれにしても、DVD 再生機能を含む Windows Media Centerを利用したい場合、最終的には「Windows 8 Pro with Media Center」になります。

Windows 8 Windows 8 Pro Pack Windows 8 Pro
with Media Center
Windows 8 Pro Windows 8 Media Center Pack


私は、Windows 8 Pro 64bit DSP 版を購入したので、Windows 8 Media Center Pack を購入することになります。そこで朗報なのは、期間限定で無料で入手できます(このチャンスを逃さないで!)。Windows 8 Pro Pack が期間限定で \5,800 なのは、おそらく Windows Media Center( DVD 再生を含む)の部分が無料で、Windows 8 Pro にアップグレード代金だと思います。もちろん、これらは期間限定なので、正式な価格は不明です。



機能の追加

1.Windows 8 Media Center Pack を入手するには、メールアドレスが必要です( Hotmailに限らず)。Windows 8 Pro には、Windows Media Center と DVD 再生機能が含まれているようで、プロダクト キーにより、その機能を有効にすると思われます。メールアドレスを入力して、右に表示された文字( CAPTCHA:キャプチャ:Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart)を入力して「プロダクト キーを送る」をクリックします。

Windows Media Center を Windows 8 Pro に追加



2.メールアドレスと CAPTCHA を入力した部分が、「ありがとうございます。プロダクト キーは電子メールで送付されます。電子メールが受信フォルダに届かない場合、迷惑メール フォルダもご確認ください。」と表示されます。私が試したのは 2012 年 11 月 1 日で、メールを受信するまでに 24 時間を要しました。



3.メールアドレスと CAPTCHA を入力した部分が、「ありがとうございます。プロダクト キーは電子メールで送付されます。電子メールが受信フォルダに届かない場合、迷惑メール フォルダもご確認ください。」と表示されます。私が試したのは 2012 年 11 月 1 日で、メールを受信するまでに 24 時間を要しました。



4.「Windows Media Center Pack のプロダクト キー」と題されたメールが届き、5×5 文字のプロダクト キーが掲載されています。これは、大切に保管します(メールを保管するだけではなく、手帳にメモするのが無難)。



5.機能を追加するために、「システム」を表示します。Windows 8 からはスタートボタンが消滅したので、デスクトップの左下にポインターを移動して、右クリックします。表示されたメニューの「システム(Y)」をクリックします。あるいは、キーボードの「Windows」キーと「Pause」キーを同時に押しても起動できます(ノートパソコンやキー数が少ないものは、「Pause」を実行するために「Fn」キーなどを押す必要がある場合も)。



5.システムが起動したら、Windows のエディションを確認します。右のスクリーンショットでは、「Windows 8 Pro」になっています。「Windows の新しいエディションで機能を増やす」をクリックします。



6.すでに、メールでプロダクト キーを入手しているので、「プロダクト キーは入手済みです(K)」をクリックします。



7.キーを入力します。私は、メールに記載されたプロダクト キーをコピー&ペーストしました。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



8.「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」を読み、納得できる場合のみ「ライセンス条項に同意します(A)」をクリックしてチェックを入れ、「機能の追加(F)」ボタンをクリックします。同意しない場合は、機能を追加できません。



9.機能の追加中です。作業が完了したら、Windows 8 の再起動が必要です。



10.Windows Update の後、コンピューターを再起動しているときに似ています。



11.再起動後、システムを確認します。Windows エディションが「Windows 8 Pro」から「Windows 8 Pro with Media Center」に変更されました。



12.全てのアプリを参照すると、「Windows Media Center」が追加されているのが分かります(左下の図:スタート画面で右クリック、右下の「すべてのアプリ」をクリック)。また、スタート画面にも、Windows Media Center のタイルが追加されるので、ドラッグ&ドロップで、好きな位置に移動します。



Windows Media Center は、デスクトップで起動します。頻繁に利用するのであれば、デスクトップのタスクバーにアイコンを固定するのも良いでしょう。以上で、Windows 8 でDVDを再生できるようになりました。しかし、Windows Media Player での再生はできません。Windows Media Center で DVD を再生することになります。



管理人が購入した、Windows 7 の Windows Media Center に対応した地上デジタル放送チューナーは互換性がありませんでした。よって、テレビ試聴の設定をすることができません。Windows Media Center のバージョンが異なるものの、Windows 7 の設定方法で代用可能と思われます。



デジタル放送の視聴に関しては、Windows 8 の出来が悪いのではなく、日本のデジタル放送の仕組みの問題なので期待はしません。DVD に関しては、一般的にはドライブに付属する OEM の再生プレイヤーを使うので、OS が再生環境を用意する必要もありません。無償のコーデックパックや Media Player Classic をインストールして対応するのも良いでしょう。Windows Media Center でテレビを視聴していたり(チューナー待ちか?はたまた、買い替える気力もないかも)、DVD を Windows Media Player で再生していたユーザーは、少しやり方を変更する必要がありますね。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項