MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 8 を入れてもタッチパネルになりません!


Windows 8 (ウインドウズ エイト)を入れてもタッチパネルにならないと苦情が殺到」という情報を Twitter で発見しました。調べていないので、本当なのかネタなのかは不明です。しかし、ありえる話だと思うので取り上げてみます。

まず、一番大切な情報は、Windows 8 を入れてもタッチパネルになりません。「Windows 8 を入れる」とは、2012 年 10 月 26 日に発売された、Microsoft(マイクロソフト)社のOS(オーエス:オペレーティング システム)の名称「Windows」のバージョン「8」を、自分のパソコンにインストールしたり、その一つ前に発売された Windows 7、その前の Windows Vista(ビスタ)、その前の Windows XP(エックスピー)からアップグレートする意味です。入れるという行為は、コンピューターの記憶装置(ハードディスク ドライブやSSDなど)にインストールすることです。

そして、Windows 8 は、指先で操作できるタッチパネルに対応しています。タッチパネルは、液晶ディスプレイの機能です。つまり、タッチ機能に対応した液晶ディスプレイを使っているのであれば、タッチ操作が可能になります。ちなみ、Windows 7 もタッチパネルに対応しています。Windows Vista も、Windows XP の特殊なバージョンも(Tablet PC Edition)、タッチ操作に対応していました。もっと言ってしまえば、液晶ディスプレイの機能なので、操作性は別として、液晶が対応していれば、指先による操作は可能です。

指先で操作するには、画面のレイアウト(例えばアイコンの大きさ)に気を遣います。そして、歴代の Windows の中で、Windows 8 が最もタッチ操作に優れていると言えます。そのため、ニュース番組などでは、タッチパネルに対応した液晶を備え、タブレットPC やラップトップパソコン(あるいは、ノートパソコン)にインストールされた Windows 8 を、積極的に紹介しているわけです。その他に、いままで微妙なポジションにあったタブレットPC が、Windows 8 によって脚光を浴びるのではないかとも言われています。



深く知りたくない場合、こんな説明で大丈夫だと思います。振り返れば、Apple 社の iPad でタブレットPC が話題になりましたし、すでに普及もしています。Windows 7 が登場したときも、マルチタッチに対応した液晶ディスプレイを使ったデモンストレーションを、ニュース番組で取り上げられていました。スタジオの強力なライトの都合でグダグダな紹介でしたが・・・。

遅れましたが、マルチタッチ液晶を使ってみました。 - ホームズ備忘録

「タブレットPC を売ろう!」というキャンペーンよりも、デスクトップやノートパソコン以外の端末で、インターネットにアクセスする需要が伸びていることにあります。それ以外の端末とは、スマートフォンやタブレットPC であり、これらの端末に照準を当て、従来のデスクトップやノートパソコンの操作感を統一する動きが Windows 8 ともいえます。もちろん、将来そうなるかどうかは分かりません。タッチ操作がしたいから、パソコンを買い替えるのも良いでしょう。しかし、デスクトップパソコンで 24インチくらいの液晶ディスプレイなら、実際に腕を動かす範囲の少ないマウス操作の方が楽です。

出先やデスクトップパソコンから離れた場所でインターネットを使うならば、タブレットPC で指先操作が便利かも知れません。Windows 7 でも可能でしたが、Windows 8 の方が操作しやすくなっています。しかし、文字入力に関しては、キーボードを望むユーザーも多いでしょう。そこで、タブレットPC みたいなノートパソコンが多く登場しています(ノートパソコンみたいなタブレットPC よりも)。



Windows 8 を発売する Microsoft 社が制作したタブレットPC「Microsoft Surface(サーフェス)」が話題になりました。先行販売されたのは、Windows RT と呼ばれる特殊な Windows 8 がインストールされています。手頃な価格で Windows 8 を試すために購入したかったのですが、残念ながら日本での発売は未定になっています。しかし、もし発売されてい たならば、「Windows 8 を入れてもタッチパネルになりません!」よりも多くの苦情があったかも知れません。Windows RTは、Windows 8 の画面と操作性は同じですが、通常の Windows 8 や Windows 8 Pro とは異なります。

現在、日本で発売されているタブレットPC や、ノートパソコンの多くは、Windows RT ではなく、Windows 8 や Windows 8 Pro が搭載されています(購入する時は要確認)。これらのコンピューターは、それまでの Windows と同じ考え方が通用します。そのため、パソコンパーツがノートパソコン並の性能であり、価格設定が高くなっています(タブレットPC のようなノートパソコンのため)。一方、Windows RT は、それ単体で利用するタブレットPC で、それまでの Windows のように、多くのソフトウェアを購入してインストールできるわけではありません。この意味は、私も使っていないので分かりませんが、公式サイトには、「Windows ストアから直接アプリをインストールできますが、Windows RT のデスクトップにアプリをインストールすることはできません。」とあります。

しかし、Windows RT には、Microsoft Office Home & Student 2013 RT Preview が付属するため(正式版が登場したらネット経由で対応される模様)、別途 Office 製品の料金が掛かりません。タブレットPC をデスクトップPC 並に利用する必要はなく、割り切ってタブレットPC として利用するには、まったく問題ありません。



個人的な話になりますが、現在、タッチ機能に対応していない24インチワイドの液晶ディスプレイ(解像度1920×1200)の、Windows 7 Professional 64bit がインストールされたデスクトップパソコンをメインで使っています。Windows 8 に乗り換えるには、アップグレード優待版、あるいは、ダウンロード購入してアップグレードするか、DSP版を購入して、別パーティションにインストールする方法があります。アップグレード版を適用してしまうと、Windows 7 が利用できなくなるので、できれば、Windows 8 がインストールされた新しいパソコンを購入するのが望ましいです。

しかし、予算の都合により、既存の環境でタッチ機能を利用するには、タッチ機能を搭載した液晶ディスプレイに交換する必要があります。ところが、24インチワイド(解像度 1920×1200)液晶ディスプレイで、タッチ機能を搭載した単品販売する製品はありませんでした。サイズと解像度を下げる必要があります。23インチのフルHD(1920×1080)なら単品購入でき、指先操作がしやすいように、スタンドに特長がある製品もあります。しかし、2011 年 3 月 11 日の地震を経験した今、モニターアームが必須です。Windows 8 を利用するには、難しい環境であると判断しています。

東北地方太平洋沖地震でデスクから液晶が落下・・・ - ホームズ備忘録

また、Windows 8 はスマートフォンやタブレットPC と、デスクトップやノートパソコンを統合する作業の第一歩だと思います。しばらくは、それまでの Windows を利用してきたユーザーが戸惑うかも知れません。次、あるいは、二世代くらい後に登場する Windows が、統合が完了した Windows になるかも知れません(スタートボタンがあるWindows が忘れ去れたとき)。あるいは、今回の予想が外れて、Windows 7 の後継 OS みたいな雰囲気で(ビルド番号が7になる)、次の Windows が登場して、タッチ機能って何?みたいな感じになるかも知れません。



1995 年に発売された書籍「ビル・ゲイツ 未来を語る(BILL GATES THE ROAD AHEAD)」には、ウォレットPC と呼ばれるものが登場します。タブレットPC よりも小型で、1995年の段階で、将来、2 ~ 3万円で購入できるだろうと書かれていました。すでに時代はそうなりましたが、そこに Windows の出番はありませんでした。2002 年から 2005 年にかけて、Windows XP Tablet PC Edition が登場しましたが、ようやく日本では一般家庭と企業向け Windows が NT系に統一されたころで、タブレットPC が浸透することはありませんでした。その間、Windows Mobil を搭載した PDA(Personal Digital Assistant)も登場しましたが、普及したとは思えません。

Windows Mobile 2003 を使ってみた - ホームズ備忘録

タブレットPC の需要が不透明なまま時は流れ、iPad の登場でタブレット PC が売れることを証明しました。その理由としては、Apple が作った製品であることに起因するとも言えますが、タブレットPC にふさわしい OS であったとも言えます。果たして、Windows 8 は、タブレットPC にふさわしい OS となるのでしょうか?という問いかけの段階が、今なのだと思います。



タブレットPC には、専用に開発された Windows RT が適していると思います。Windows 8 や Windows 8 Pro をタブレットPC で利用するのは、勿体ない、あるいは、オーバースペックかも知れません。時空を超えた考え方をしない限り、デスクトップPC の性能を、タブレットPC に求めるのは無理があると思います。時空を超えた考え方とは、「あの時代のデスクトップの性能と比べれば、今のタブレットPC は十分だよ」といった考え方です。もちろん、やる事もあの時代と変わらなければ、問題ありません。ノートパソコンをメインで使っているユーザーは、今回のタブレットPC みたいなノートパソコンへの移行がスムーズだと思います。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項