MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 8 Release Preview が公開されました


Windows 8 Release Preview(リリース プレビュー) が公開されました。管理人としては Developer Preview(デペロッパー プレビュー:開発者向け評価版)、Consumer Preview(コンシューマー プレビュー:消費者向け評価版)に続き、3つ目のWindows 8 評価版となります。次は、RC(Release Candidate:製品候補版)、RTM(Release To Manufacturing:量産製造工程、完成)と進むのかと思いましたが、今回登場した Release Preview が RC に相当するようです。製品の改良は RTM まで実行されますが、一般消費者がテストできるのは、今回の Release Preview が最後と思われます(次は製品として購入)。



さて、この Release Preview の公式サイトにアクセスすると、既存の環境からアップグレードする新しい方法(Windows 8 Release Preview セットアップ プログラム)へと導かれます。今回は Windows 8 Consumer Preview から、セットアップ プログラムを使ったアップグレードと、従来の ISO イメージファイルをダウンロードして、新規インストールする二つの方法があります。市販の Windows からアップグレードする場合は、いくつかのフォルダーが保持されますが、Developer Preview 、Consumer Preview からのアップグレードではメリットが無さそうです。



セットアップ プログラムは、Windows がインストールされている必要があり、Windows 8 のプロダクト IDは自動で設定されます。ISOイメージファイルをダウンロードしてインストールする場合、イメージとしてメディアに焼くか、USB メモリなどからインストールを実行します。プロダクト ID は、「Windows 8 Release Preview:よく寄せられる質問」の「ダウンロードとインストール」の「Windows 8 Release Preview をインストールするにはプロダクト キーが必要ですか。」をクリックすると表示されます。

なお、インストールするには特別なテスト環境を必要とします。この OS を使い続けることはできません。通常は、製品が発売されるまで待ちましょう。



セットアップ プログラムは、5.10MB の「Windows8-ReleasePreview-UpgradeAssistant.exe」をダウンロードして、Windows 上で実行します。これをダウンロードするには、「Windows 8 Release Preview のダウンロード」ボタンをクリックして、情報バーの「参照(S)」ボタン右の「▼」をクリックして、さらに「名前を付けて保存(A)」をクリックします。ファイルはデスクトップにダウンロードして下さい(公開終了)。



デスクトップにダウンロードしたファイルをダブルクリックします。



残念ながら、管理人のテスト環境ではアップグレードに対応していませんでした。1 GB 以上の RAM を搭載したコンピューターでないと、アップグレードインストールできません。ISO ファイルをメディアに焼いて新規インストールする場合は、システム要件で跳ね返されません。



ISO ファイルをダウンロードする場合は、「日本語」をクリックして、希望のビット数をクリックします。インストールで必須のプロダクトキーが表示されるので、これをメモします。インストール中はコンピューターを利用できないので、紙と鉛筆でメモするのが無難です。情報バーの「参照(S)」ボタン右の「▼」をクリックして、さらに「名前を付けて保存(A)」をクリックします。ファイルはデスクトップにダウンロードして下さい(公開終了)。



Windows 7 には ISO ファイルをイメージとして焼くツールが付属するので、ダウンロードした ISO ファイルを右クリック、「ディスク イメージの書き込み」をクリックします。



空の DVD-R をドライブにセットして、「書き込み後のディスクの確認(V)」をクリックしてチェックを入れ、「書き込み(B)」ボタンをクリックします。書き込みとチェックが完了したら、「閉じる(C)」ボタンをクリックします。



アップグレードを実行するには、Windows 上で DVD によるインストールを実行します。この時、要件に満たしていないコンピューターはインストールできません。DVD からコンピューターを起動して新規インストールする場合、要件のチェックはありません。



以下のビデオでは、Windows 7、Windows Vista、Windows 8 Consumer Preview がインストールされたコンピューターの、Windows 8 Consumer Preview がインストールされたパーティションをフォーマットして、Windows 8 Release Preview を新規インストールしています。




おそらく、Windows 8 がインストールされたコンピューターを購入した場合、ユーザーが初めて目にするであろうパーソナル設定から始まり、「簡単設定を使う」か「自分で設定する」かを選択すると思います。どちらを選択すれば良いのかは説明できませんが、アプリに関するプレイバシーを細かく指定するには、「自分で設定する」を選択する必要があります。これらの設定はインストールが完了してからでも変更できるので、とりあえず「簡単設定を使う」でも良いでしょう。この内容は、Windows 8 Consumer Preview と同じなので、以下のページを参照して下さい。

Windows 8 Consumer Previewのセットアップ画面

インストールの自然な流れでは、Windows 8 から導入された「Microsoft アカウント(旧:Windows Live ID、Microsoft Passport Network)」を使います。従来のローカルアカウントを指定するには、見つけにくいテキストリンクをクリックして、さらにボタンをクリックする必要があります。これに関しては、以下のページを参照して下さい。


ローカルアカウントとMicrosoft アカウント:Windows 8 Consumer Preview


インストール中に Microsoft アカウントを指定するには、インターネットに接続する環境が整っている必要があります。例えば、管理人の環境では、ルーターで DHCP を無効しており、無線 LAN ではネットワーク名の表示と自動接続を禁止しています。右の写真は、ワイヤレス接続でネットワーク名の一覧が表示されています。ここに表示されない設定になっているので、「非表示のワイヤレス ネットワークに接続する(H)」をクリックします。



ネットワーク名、セキュリティの種類、暗号化の種類を指定して「OK(O)」ボタンをクリックします。



「接続(C)」ボタンをクリックします。



パスワードを入力して「接続(C)」ボタンをクリックしますが、DHCP を無効にしているため、ローカル IP アドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、プライマリー DNS サーバーを指定しないと接続できません。



Windows XP のインストール画面では、これらの手動設定が可能でしたが、Windows 8 のインストール画面では見あたりませでした(あるかも知れませんが)。

Windows XP インストール方法(後編) 22番を参照


これにより、結局はローカル アカウントを設定する流れとなりました。しかし、いずれにしろ、ローカルアカウントは設定するのかも知れません。


Metro UI スタート画面 デスクトップ



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項