MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Alt+TabとWindows+Tabの動作:Windows 8 Consumer Preview


開いている複数のアプリケーションを切り替える方法として、タスクバーのアイコンをクリックする、Windows フリップ、Windows フリップ3Dがあります。 Windows 8 では、デスクトップのアプリケーションに加え、Metro UI(メトロ ユーザーインターフェイス)版のアプリケーションが存在するため、少なくともデスクトップの下段に表示されたタスクバーだけで、全てアプリケーションを切り替える事はできません。作業の利便性を左右するアプリの切り替え機能は、Windows 8 でどのように変化しているのでしょうか?



Windows フリップは、「Alit」キーを押しながら「Tab」キーを押すと、ウインドウのサムネイルが表示されます。「Tab」キーを押すたびにタスクが右に進みます。「Shift」キーも同時に押すと左に進みます(行き過ぎたときに戻すのに便利です)。目的のサムネイルで「Tab」キーを離すと、そのアプリケーションがデスクトップの前面に表示されます。



Windows フリップ3DはWindows Vistaで登場して、ウインドウを三次元的に重ねて表示する派手な動作が注目を集めました。「Windows」キーを押しながら「Tab」キーを押すと、ウインドウのサムネイルが表示されます。「Tab」キーを押すたびにタスクが前進します。「Shift」キーも同時に押すと後進します。目的のサムネイルで「Tab」キーを離すと、そのアプリケーションがデスクトップの前面に表示されます。 Windows フリップ3DはWindows 7でも踏襲していますが、機能としては従来のWindows フリップ(Alt+Tab)と重複しています。



Windows 8 ではデスクトップアプリとMetro UIアプリの二種類があるため、Alt+TabとWindows+Tabの使い分けがはっきりしています。まず、「Alt」キーを押しながら「Tab」キーを押す「Windows フリップ」は健在で、デスクトップ版とMetro UI版のアプリケーションの全てを切り替えられます。Windows 8 Consumer Previewが登場するまで、Metro UI版アプリの閉じ方が不明でした。今となっては上から下にドラッグ&ドロップすれば簡単に閉じられる事が分かりましたが、それでもタスクの切り替えは混乱気味でした。Windows 8では、開いている全てのアプリをチェックするのにもWindows フリップが重宝します。




そして、Windows 7では派手に動作したWindows フリップ 3Dは、Windows 8 では消滅していました。その代わり、「Windows」キー+「TAB」キーで、Metro UI版アプリとスタート画面の切り替えが可能になりました(ここで表示されたサムネイルを右クリックして、アプリを閉じたり、スナップしたりできます)。全てのアプリを対象にするなら「Alt」キー+「TAB」キーを、Metro UI版アプリを対象にするなら「Windows」キー+「TAB」キーを使い分ければ良いでしょう。また、Windows8のデスクトップやスタート画面、アプリの起動、終了方法などは、以下のページを参照して下さい。


起動中のMetro UIアプリの一覧、切り替え方、終了方法:Windows 8 Consumer Preview



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項