MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

メール、カレンダー、ピープル:Windows 8 Consumer Preview


Windows 8 では、Windows Storeからアプリをダウンロードして利用できます。Consumer Previewでは、いくつかのアプリがプレインストールされていました。その内容は、スタート画面の「ショップ」タイルをクリックして、「プレインストール アプリについて」をクリックすると、一覧が表示されます。



今回はその中のMail(メール)、Calendar(カレンダー)、People(ピープル)、Messaging(メッセージング)を紹介します。これらのアプリは、Windowsの基本機能であり、Metro UIに対応しています。しかし、デスクトップには、メーラーやメッセンジャーの機能が付属しません。これは、Windows 7も同じで、これらのアプリケーションはWindows Liveサービスを使うか、他社製のアプリケーションをダウンロードしてインストールします。そして、この四つのアプリはWindows Liveサービスを使います。



アプリを起動するには、Microsoft アカウントでサインインする必要があります。Windows 8では、従来のローカルアカウントによるログオンと、Microsoft アカウントによるログオンを選択できます。Microsoft アカウントでOSにログオンしている場合は、これらの個々のアプリでサインインする必要はありません。Microsoft アカウントの登録を拒み、従来のローカルアカウントを利用するユーザーでも、これらのアプリを起動するときにサインインすれば利用できます。



Windows 8では、それまでのWindowsよりもWindows Liveサービスとの関係が深くなっています。これにより、データを外部に保管でき、他のパソコンからもアプリケーションを同じ条件で利用できるメリットがあります。ただし、Windows Liveサービスが今後どうなっていくのかは不明です。外部ストレージのSkyDrive(スカイドライブ)との連携が増すことは想像できましたが、Windowsのサインインまで関係してくるとは思いませでした。



Mail(メール)

デスクトップではブラウザからWindows Liveにサインインして利用するWindows Live Hotmail、または、ローカルにインストールして利用するWindows Live メールがあります。これのMetro UI版がMail(メール)です。現時点ではシンプルなので操作に戸惑いますが、右クリックすれば下段にメニューが表示されます。このメニューは、画面に表示された内容により異なります。メールの送受信とメールの作成が可能で、絵文字の挿入や画像の添付もできます。


デスクトップのInternet Explorer でWindows Live Hotmailを参照。 Metro UIのアプリ「メール」で受信トレイとメールのプレビューをしているスクリーンショット。表示している情報はWindows Liveサービスです。 メール作成中に絵文字を使っている様子。


一度アクセスすると、スタート画面のメールのタイルで、新着メールを確認できます。



Calendar(カレンダー)

デスクトップではブラウザからWindows Liveにサインインして利用するHotmail カレンダー、または、ローカルにインストールして利用するWindows Live メールのカレンダーがあります。これのMetro UIアプリがCalendar(カレンダー)です。


デスクトップのInternet Explorer でWindows Live サービスのカレンダーを参照。 Metro UIのアプリ「カレンダー」で右クリックしてメニューを表示しているスクリーンショット。 カレンダーで予定を登録しているスクリーンショット。


一度アクセスすると、スタート画面のカレンダーのタイルで、予定を確認できます。



People(ピープル)

デスクトップではブラウザからWindows Liveにサインインして利用するアドレス帳、または、ローカルにインストールして利用するWindows Live メールのアドレス帳があります。これのMetro UIアプリがPeople(ピープル)です。Windows XPが発売された頃は、ローカルにアドレスデータを保管するの一般的でした。Windows Liveサービスの登場で、サインインすればいつでも同じアドレスデータを利用できます。


デスクトップのInternet Explorer でWindows Live サービスのアドレス帳を参照。 Metro UIのアプリ「ピープル」で登録されているユーザーを表示しているスクリーンショット。 アドレス帳のユーザーを編集しているスクリーンショット。


Messaging(メッセージング)

デスクトップではブラウザからWindows Liveにサインインして利用するWindows Live メッセンジャー、または、ローカルにインストールして利用するWindows Live メッセンジャーがあります。これのMetro UIアプリがMessaging(メッセージング)です。


デスクトップのInternet Explorer でWindows Live サービスのアドレス帳のユーザーとWEB上でメッセンジャーを起動してるスクリーンショット。 Metro UIのアプリ「メッセージング」でチャットするユーザーを表示しているスクリーンショット。 メッセージングでコメントを投稿したクリーンショット。


この四つのアプリのいずれか一つを起動したとき、Microsoft アカウントにてサインインすれば、たのアプリもサインインした状態で利用できます。ただし、サインアウトの方法が現時点では分かりません。サインイン状態を維持した方が便利なのは分かりますが、必要なとき以外はサインアウトしておきたい私としては気持ちが悪い仕様です。



タブレットPCやマルチタッチ機能を利用する環境では、これらのMetro UIに対応したアプリは便利です。デスクトップ向けのアプリケーションでは、細かいメニューが多ので指先操作が困難です。Metro UI版アプリの特長はメインが全画面表示で、メニューなどは右クリックで表示するのが一般的です。この仕様のためか、デスクトップ版アプリケーションに慣れているユーザーは、違和感を覚えるのかも知れません。



デスクトップでは当たり前の作業でも、Metro UIではデスクトップの概念が無いので、複数のアプリを併用するのが困難です。これを解決するのは、スナップと呼ばれる機能です。例えば、メッセージングしながら、Metro UI版Internet Explorer 10で動画を視聴したり、メールしたりできます。



最後に、タイルに表示されたプライベートな情報は、一時的に消去できます。スタート画面で「Windows」キーと「I」キーを押し、「設定」をクリックして、「スタート画面の設定」でタイルから個人情報を消去の「消去」ボタンをクリックします。管理人が試したところ、一時的には効果がありますが、再びアプリを起動すると元に戻ります。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項