MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

スタート画面:Windows 8 Consumer Preview


Windows 8 Consumer Preview をインストールした初期状態のスタート画面が右のスクリーンショットです。従来のデスクトップを使うには、左下のタイル「デスクトップ」をクリックしますが、スタート画面はMetro UIのトップ画面になります。アイコンはタブレットPCやマルチタッチ対応液晶での指先操作も容易なタイル形式になっています。タイルは変更でき、Metro UIのアプリだけに限りません。



こちらが、いくつかのアプリケーションをインストールした後のスタート画面です。先のスクリーンショットと比べると解像度や背景の色が異なりますが、それは気にしないでください。デスクトップとMetro UIでインストールしたアプリケーションのタイルが追加されています。特に、Metro UIに対応していないアプリケーションのタイルは、タイルの中にアプリケーション名と従来のアイコンが表示されているだけの味気ないものになっています。



タイルの移動方法はドラッグ&ドロップです。例えば、右のスクリーンショットでは、Windows Media Center のタイルを上にドラッグ&ドロップしています。



タイル「Windows Media Center」の移動が完了しました。



いくつかのタイルが集まって(ここでは仮にグループと呼びます)整列しています。例えば、右のスクリーンショットでは、二つのグループが存在します。左からA、Bとした場合、Bのグループにタイル「Windows Media Center」があります。これを、全く新しいグループにドラッグ&ドロップで移動してみます。



第三の新しいグループに移動できました。



従来のスタートメニューで例えるなら、フォルダー毎にアプリケーションがまとまっている状況に似ています。 スタート画面でも、探しやすいようにまとめる機能があります。



Windows Liveアプリケーションや、コントロールパネル関連をひとまとまりにして管理するなど、カテゴリや使用頻度に合わせてカスタマイズすれば良いでしょう。



次に、タイルを削除する方法を説明します。削除には二つの方法があり、アプリケーション自体をシステムから削除するアンインストールと、アプリケーションはそのままに、スタート画面からタイルだけを削除する方法です。いずれも、削除したいタイルを右クリックします。すると、下にメニューバーが表示されるので、アンインストールしたい場合は「アンインストール」ボタンをクリックします。すると、デスクトップにコントロール パネルの「プログラムの機能」が表示されます(従来のWindowsと同じです)。タイルだけを削除する場合は、「スタート画面からピン留めを外す」ボタンをクリックします。



逆にアプリケーションを追加するには、スタート画面で右クリックして「すべてのアプリ」をクリックします。



インストールされているアプリケーションの一覧が表示されます。目当てのアプリケーションを右クリックします。下に表示されたメニューの「スタート画面にピン留めする」ボタンをクリックします。つまり、スタート画面あら誤って削除してしまったタイルも、ここで復活させられます。



ちなみに、アプリケーションを右クリックして「タスク バーにピン留めする」ボタンをクリックすると。



Windows 7 でもお馴染みの動作となります。特にWindows 8ではスタートボタンが消滅しているため、ワンクリックで起動できるタスク バーのアイコンは重宝します。ピンを外したければ、アイコンを右クリックして「タスク バーからピン留めを外す」をクリックします。スタート画面ではタイルが、タスク バーではアイコンが、「ピン留め」という言葉で統一されています。



Metro UIに対応したアプリならサイズを変更できます。アプリを右クリックして、「小さくする」をクリックします。



サイズは「小さい」「大きい」の二段階です。



Metro UIに対応したアプリは、タイルに表示される情報が変化します。例えば、カレンダーなら最新の予定が表示されたり、フォトならフォルダー内の写真がスライドショーされたり、メーラーなら最新の受信メールが表示されたりと。タッチしやすいためだけではなく、情報表示のスペースという意味で、アプリによっては大きいサイズが便利です。



タイルに表示される情報はプライベートであるため、一時的に個人情報を消去できます。スタート画面で「Windows」キーと「I」キーを押し、「設定」をクリックして、「スタート画面の設定」でタイルから個人情報を消去の「消去」ボタンをクリックします。管理人が試したところ、一時的には効果がありますが、再びアプリを起動すると元に戻ります。



ディスプレイの解像度、または、タイルの数によっては、スタート画面の下部にスクロール バーが表示されます。また、タイルを縮小表示して、一覧表示もできます。切り替えるボタンは右下にあります。



スタート画面の色とデザインを変更方法は、「Windows」キーと「I」キーを押し、「PCの詳細設定」をクリックします。



「パーソナル設定」の「スタート画面」で定められたデザインと色に変更できます。





戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項