MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Developer Preview Windows8 無線LAN接続


前回 の続きです。BUFFALO(バッファロー)の無線ルーター WZR-HP-AG300H/U に付属された USB 無線子機(WLI-UC-AG300N)を使って、Windows Developer Preview Windows8 をインストールしたノートパソコンをインターネットに接続してみます。まぁ、無線ルーターにより、インターネットの接続とLAN構築が済んでいる既存の環境なので、ノートパソコンをLANやワークグループに参加させる作業になります。環境により異なりますが、私の環境ではANY接続を拒否して、MACアクセス制限をかけています。つまり、先に USB 無線子機(WLI-UC-AG300N)のMACアドレスをルーター設定画面で登録します。これのやり方は、ルーターのメーカーや型番により異なるので、説明書を参照してください。


無線LANルーター:BUFFALO 11n/a & n/g WZR-HP-AG300H/U と Wii を接続


通知領域に表示された無線LANアイコンをクリックします。



SSID 一覧が表示されるので、「Other Network」をクリックして、表示された「Connect」ボタンをクリックします(ルーター側で自動接続機能を無効にしているため)。表示が英語なのは、Windows Developer Preview のため。製品版では日本語表記になります。



SSID を入力して「OK」ボタンをクリックします。



セキュリティキーを入力します。SSID とセキュリティキーは、ルーター側の設定で任意に指定できます。



「Do you want to enable sharing between PCs and connect to device on this network?(PC 間の共有を有効にして、このネットワーク上のデバイスに接続しますか?)」。共有する場合は「Enable Sharing and connect to device」をクリックします。



実際、私の環境では DHCP を停止しているので、プライベート IP アドレスと DNS サーバーを指定しないと接続できません。



SSID を右クリックして、「Status」をクリックします。



「プロパティ」ボタンをクリックして、「Internet Protocol Version 4(TCP/IPv4)」をダブルクリックして、IP アドレスと DNS サーバーを手動で指定します(ルーターでLAN 側の DHCP を停止している場合)。



Wi-Fi の機能 ON 、OFF は、Metro UI のコントロールパネルタイルをクリックして、Metro UI 版のコントロールパネルの左メニューで「Wireless」をクリックします。タッチパネルを意識してか、横にスライド(ドラッグ)させて ON 、OFF が切り換えられる様になっています。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項