MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7:タスク バー の設定と最近使った項目(ファイル)の調整または削除


Windows7(ウインドウズ セブン) では、スタートメニューを表示しても「最近使った項目」が存在しません。Windows Vista では、スタートメニューに「最近使った項目」の表示、非表示を変更できました。



Windows 7 では、スタートメニューに最近使ったプログラムが表示され、それにポインターを移動する「最近つかったもの」の一覧が右に表示される仕組みに変更されました。 例えば、右のスクリーンショットでは、最近「Windows Media エンコーダ」を使ったので、スタートメニューに「Windows Media エンコーダ」が登録され(使っていくうちに自動で変更されます)、それにポインターをのせると右に「最近使ったもの」が表示されています。 最近使ったプログラムの一覧は、言い換えればプログラムの使用履歴であり、頻繁に使うプログラムはスタートメニューに登録された方が起動するのが便利であると解釈できますし、また、そのプログラムで利用したファイルにアクセスしやすくするために、最近使ったものが表示されます。 これを不必要だと感じるならば、以下のページで履歴の消去方法やプログラムの表示数の変更を実行できます。この方法は Windows Vista と同じです。

最近開いたプログラムの一覧を保管、消去、表示数の変更方法



「最近使ったもの」、つまり、ファイルの履歴に関しては、個別に削除するならば、ファイルを右クリックして表示されるコンテキストメニューの「この一覧から削除(F)」をクリックすることで削除できます。 また、便利な機能は、「最近使ったもの」の個別ファイルにポインターを移動すると、右に「ピン」の形をしたアイコンが表示されます。 これをクリックすると、そのファイルを記憶させておく事がで、再びピンをクリックすると、単なる履歴として上書きされる可能性があります。 いずれにしても個別の削除、ピンの使用、または、そもそも履歴を保管しない設定は、Windows 7 から搭載された新しいタスクバーのジャンプリストと関連するので、次に説明します。



Windows7のタスク バー

Windows 7 のタスクバーは、それまでの Windows と比べるとシンプルにまとまっています。 これは、起動しているタスクアイコンと、登録するクイック起動バーを融合したものと考えれば理解するのは容易いでしょう。 タスクバーの各アイコンをクリックすると、そのプログラムを起動でき、ポインターをのせると、開いているプログラムのサムネイルが表示されます( Windows Aero が有効の時のみ )。



さて、ここからは過去に開いたファイルの履歴の話です。スタートメニュー以外に、「最近使ったもの」一覧を表示する方法があり、タスクバーのアイコンにポインターを移動して右クリックすると表示されます。 例えば、右は Internet Explorer 8(ブラウザ)の閲覧履歴が表示されています。これをクリックするとことで、以前アクセスしたページを素早く開く事ができます。



こちらはタスクバーのフォルダーアイコンにポインターをのせ、右クリックした状態です。 「よく使うもの」の下に、過去に開いたフォルダーの一覧が表示され、エクスプローラーからフォルダーを探す必要はなく、クリック一回で開く事ができます。



こちらは、Windows 7 に付属する Windows Media Player 12 のアイコンにポインターをのせ右クリックした状態です。 「よく使うもの」に、最近再生した動画が表示されます。スクリーンショットでは一つしか表示されていませんが、使っていくうちに、ここに表示される数は増え、指定数を越えると上書きされます。



こちらは、Windows 7 に付属する「ペイント」のアイコンにポインターをのせ右クリックした状態です。 過去に開いた画像ファイルの一覧が表示されます。ちなみに、「ペイント」はインストール初期状態でタスクバーに登録されていません。 起動した時だけ、タスクバーから履歴が参照できる訳です。



タスクバーとクリック起動バー

ここで分かるのは、タスクバーに元々表示されているアイコンが、それまでの Windows でお馴染みのクイック起動バーに相当するものです。 クイック起動バーは、頻繁に起動するプログラムをタスクバー登録して、すぐに表示できるメリットがありました。 もし、ここにプログラムを登録したいのであれば、プログラムのショートカットをタスクバーにドラッグアンドドロップで移動するか、起動してからアイコンを右クリックして、「タスクバーにこのプログラムを表示する」をクリックします。



お絵かきソフトの「ペイント」が、タスクバーに登録されました。これで「ペイント」を素早く起動する事ができ、これはタスクバーであり、クイック起動バーでもあります。



タスクバーのアイコンを解除するには、アイコンを右クリックして「タスクバーにこのプログラムを表示しない」をクリックします。



タスクバーに表示されるアイコンの正式名称は、起動されていないアイコンは「タスクバーアイコン」、起動しているアイコンは「タスクバーボタン」となり、利用環境により名称が異なります。 混乱する事が予想され、一般的には全てタスクバーアイコンと呼ばれる場合が多いでしょう。



最近使ったファイルを個別に削除する方法と登録方法

「最近使ったもの」は、開いたファイルの履歴なので、起動する事も削除する事もできます。 個別に削除するには、ファイルを右クリックして表示されたコンテキストメニューの「この一覧から削除(F)」をクリックします。 これは、スタートメニューで操作した「Windows Media エンコーダ」の履歴削除と同じです。



例えば、Internet Explorer 8 の場合は、アクセスしたWEBページの履歴が表示されます。 この履歴を個別削除する方法は、ペイントで履歴を削除した方法と同じです。 削除するのではなく、頻繁にアクセスするサイトであるならば、一覧に登録する事ができます。 登録するサイト名にポインターをのせると、右に「ピン」のマークが表示され、これをクリックします。



「いつも表示」に登録したサイトへのリンクが保管されました。 これは、履歴の状況に応じて変化せず、不変的であり、ブラウザを起動してから目的のサイトにアクセスする従来の方法から、サイトへ一発アクセス可能になります(デスクトップにブックマークを貼り付けてダブルクリックで起動する方法に近いです)。「いつも表示」を解除するには、再びサイト名にポインターをのせ、右に表示された「ピン」マークをクリックします。ピンで履歴を保管する方法を説明した理由は、次に説明する履歴の制御に関係するからです。



最近開いた項目を保管しない方法

これらの履歴を表示しない、または、表示する数を指定する事ができます。 スタートボタン、またはタスクバーの何もアイコンが無い所で右クリックして、表示されたコンテキストメニューの「プロパティ(R)」をクリックします。



タスク バーと[スタート]メニューのプロパティで、「[スタート]メニュー」タブをクリックして、プライバシーの「スタート メニューとタスク バーで最近開いた項目を保管し表示する(M)」をクリックしてチェックを外します。 もし、再び履歴を保持したくなったら、左クリックしてチェックを入れます。「OK」ボタンをクリックします。



最近使った履歴やファイルが表示されなくなりました。



もし、履歴で右に表示されるピンをクリックしてオンにした特別なものがあれば、そちらは保持されます。 使い方として、しばらく「スタート メニューとタスク バーで最近開いた項目を保管し表示する(M)」を有効にして、頻繁に利用するファイルやサイトのピンをオンにして、その後に「スタート メニューとタスク バーで最近開いた項目を保管し表示する(M)」のチェックを外せば、必要なものだけを素早く起動できる様になります。



「最近使ったもの」の表示数の変更

そうではなく、最近開いた項目の表示数を変更したいのならば、「カスタマイズ(C)」ボタンをクリックします。



「Jump Listに表示する最近使った項目の数(J)」は、初期状態で 10 に設置されています。これを、好みの数に変更して「OK」ボタンをクリックします。



最後に、「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。 ちなみに、「OK」ボタンではなく、「適用」ボタンをクリックすると、プロパティの表示を保持したまま、設定を反映できます。 何度か変更して微調整が必要な場合は、「適用」ボタンの方が便利です。



タスクバーとクイック起動バー

ちなみに、Windows Vista の常用マシンでのクイック起動バーが右です。 全部表示するとタスクを開いた時にタスクバーがまともに起動しないため、クイック起動バーの範囲を指定しています。 これにより、矢印をクリックすると上にクイック起動の一覧が表示されます。もちろん、クイック起動といっても、こんなに登録してあるのもどうかと思われますが。



これを Windows 7 で実行すると、右の様になります。収まりきらない場合は、右端に矢印が表示され、タスクバーの中を上下に切り替えられます。 タスクバーとクイック起動が融合されたおかけで、タスクバーを有効に使える様になったと思います。 これらのアイコンが全て最近使った項目を保持するならば、右クリックで一発起動でき、アイコンはサムネイルを表示させる役目も担います。 タスクバーでサムネイル表示するメリット、タスクバーへのプログラム追加方法、Windows 7 以前のタスクバーの表示に限りなく近い表示に変更する方法は以下。

Windows 7 ベータのタスクバーを使ってみました




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項