MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows XP Mode が利用できる環境か確認する方法


Windows 7 Professional(プロフェッショナル)エディション以上には、Windows XP のライセンスを別途購入する必要なしに、仮想環境にて Windows XP を利用できます。 Home Premium の場合は、無料の Virtual PC をダウンロードして、Windows XP を購入する必要があり、Windows XP でしか動かないゲームをプレイする目的にこれを使うのは無理がありますが、開発者が互換生を確認するために Windows 7 Professional 以上を選択する可能性が高いと思われます。

Windows XP Mode(ウインドウズ エックスピー モード)は、仮想環境のアプリケーションをWindows 7 上で単独表示可能で、例えば、Windows 7 に付属する Internet Explorer 8 を起動して、その隣に Windows XP mode の Internet Explorer 6 を起動する事もできます。

Windows 7 RCのデスクトップで Windows XP アプリケーションを起動



この機能を利用するためには、プロセッサーとマザーボードが Intel VT(Intel Virtualization Technology:インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー)か AMD-V( AMD Virtualization:エーエムディー バーチャライゼーション )に対応している必要があります。 つまり、プロセッサーが対応していても、マザーボードが対応していなければ利用できず、プロセッサーが対応していても、マザーボードでこの機能を disable(ディスエイブル:無効)にしていると使えません。 ちなみに、管理人は BIOS で Intel Virtualization Technology の項目を見たことが無いので、enable(イネーブル:有効)と disable(ディスエイブル:無効)を切り替えた事はありません。 そういった環境では、有効がデフォルトになっている可能性があります(つまり、手動で無効にする事ができません)。

インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー

AMD Virtualization™(AMD-V™)テクノロジ

自分が今利用しているコンピューターで、もし Windows7 Professional 以上に乗り換えた時、Windows XP mode が利用できるのか確認する方法は、Windows 上からツールを実行しても可能です。 BIOS やらサイトを検索して情報を集める事もできますが、とりあえず一番簡単な方法は「SecurAble(読み方は分かりません。 意味は手に入れられる、または、確保できる)」と呼ばれる無料のツールをダウンロードして、コンピューターで実行する方法かと思われます。



ダウンロード方法

サイトにアクセスして「Download」ボタンをクリックします。Windows XP でも利用できます。

GRC SecurAble: Determine Processor Security Features



セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンをクリックします。



ナビゲーションペインで「デスクトップ」をクリックして、さらに、「保存(S)」ボタンをクリックします。



ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンをクリックします。



実行方法

デスクトップにダウンロードした「securable.exe」をダブルクリックします。Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されませんが、今回の実行に支障はありません。



仮想テクノロジーに関しては、「Hardware Virtualization」がそれにあたります。右のスクリーンショットでは「Yes」とは表示されていませんが、利用可能となっています。



「No」と表示された場合は、BIOS でこのテクノロジーの有効、無効を確認します。 無効になっていたら有効にします。それでもう一度確認してみましょう。それでも無理な場合、または、BIOS で設定項目が無い場合、利用できないと判断すれば良いでしょう。 使えない場合は、Windows XP Mode に関してだけで言えば、Professional 以上を購入しても意味はありません(他の機能が必要なら構いません)。



このツールは、インストールしていないので、不必要になったらデスクトップに保管した「securable.exe」をゴミ箱に移動すれば良いでしょう。 また、仮想化技術だけではなく、64 ビットに対応しているかも確認できるので、そちらを検討されている場合も有効です。 ただし、コンピューターがそれに対応しているだけ、各デバイスやデバイスドライバーが対応している事を示していません。 ここで「64」と表示されても、64 ビット版 OS にスムーズに乗り換えられる訳ではありません。 それを検証するには、Windows 7 Apgrade Advisor(ウインドウズセブン アップグレード アドバイザー)を利用しましょう。

Windows 7 Apgrade Advisor:今使っているパソコンが Windows 7 へアップグレードできるかチェックするツール




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項