MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 Apgrade Advisor:今使っているパソコンが Windows 7 へアップグレードできるかチェックするツール


Windows7

2009 年 10 月 22 日に登場した Windows 7 。Windows 7 が動くコンピューターは、システム要件で確認する事ができますが、これはコンピューターの性能に関する情報です。 実際に今使っているパソコンが、Windows 7 にアップグレードできるかを確認するには、インストールしているアプリケーションや、増設しているデバイスも関係してきます。 これらの環境をそのままアップグレードできるか確認する簡易ツールが Windows 7 Apgrade Advisor(アップグレード アドバイザー)となります。 アップグレードとは、一般的にはアップグレード版をそのままインストールして環境移行した場合を指しますが(ビットやエディションが異なると、新規インストールが必要になる事は周知)、単純に Windows 7 以前の OS から Windows 7 へ移行する場合にも、これらの情報は役立ちます。

Windows7 システム要件



Windows 7 には、32 ビット版と 64 ビット版があり、購入できるエディションは Home Premium(ホームプレミアム)、Professional(プロフェッショナル)、Ultimate(アルティメイト)の 3 つです。 旧 OS の 32 ビット版から 64 ビット版、または、その逆ではカスタムインストールが必須となります。

さらに、Windows Vista Home Basic 、または、Windows Vista Home Premium がアップグレード作業可能なのは、Windows 7 Home Premium 、または、Windows 7 Ultimate 。 Windows Vista Business からは Windows 7 Professional 、または、Windows 7 Ultimate 。 Windows Vista Ultimate からは Windows 7 Ultimate だけになります。 もちろん、いずれもアップグレード版を購入できすが、インストール作業はカスタムインストールとなり、環境をそのまま移行するにはバックアップ作業が必要になります(例えアップグレード作業が可能であっても、一般的にはバックアップしてからインストールに挑みます)。 Windows XP では必ずカスタムインストールとなります。

Windows Vista からのアップグレード



Windows7 Apgrade Advisor では、作業としてのアップグレードができるか否か、また、新規インストールでもアップグレードできるか否かを判断してくれます。 また、Windows 7 から 64 ビット版に移行するユーザーも多いと予想され、32 ビット版、64 ビット版の二つの診断を同時にできます。 問題は、診断した結果をどの様に活かすかです。診断結果は緑のチェック(可能)、赤いバツ印(不可能)、灰色のクエスチョンマーク(不明)、白抜きの「i」マーク(それ以外の何か)、イクスラメーション(解釈は不明)に分かれ、例えば、メールに関する機能は Windows 7 では標準付属されないので、他のソフトに移行をすすめる「i」マークが付き、メーカーで確認が取れていないデバイスは灰色のクエスチョンマークが付きました。また、赤いバツ印が付いたとしても、メーカーが対応アプリケーションを公開していれば、Windows 7 で利用できます。 結局、分かる事は最初から公開されているデータで、それ以外は利用しているデバイスの製造元のサイトで個別に確認する必要があります。



また、特殊な対応が必要な物に関しては、リンクをクリックしてより深い情報を参照する事ができます。 しかし、機械翻訳なので、やはり曖昧な理解に留まります。Windows Vista の時もアドバイザーツールは公開されていましたが、あまりやる気が感じられません。 ただし、コンピューターは無数のパーツとアプリケーションの組み合わせが存在するため、正確な情報はごく限られたものだけになります。 厳しく判定したならば、マイクロソフト関連製品以外は全て赤いバツが付く可能性もあります。 ちなみに、マイクロソフトの製品を使っていれば、比較的アップグレードに対処されると思われがちですが、意外とそうでもありません。 むしろ対応するのは他社よりも遅い場合があります。やはり、OS メーカーゆえに、ばっさり切るところは切るのかも知れません。 そういう意味では、他社製品の方が、対応を期待する事はできます(不景気なのでそれも今は通用しないかも知れませんが)。

赤いバツ印や灰色のクエスチョンマークが付いた製品は、インターネットで徹底的に検索して対応状況を確認する必要があります。 もし動かないのであれば、Windows 7 への移行を諦めるか、動かないデバイスを諦めるか、対応する同機能の製品を購入するか、Windows 7 にチャレンジしてから考える事になります。 もともと、DSP 版で安く済ませる場合は、新規インストールしか方法が無いので、このツールのメリットは対応デバイスとアプリケーションの確認だけになります。 悩むところは、32 ビット版を継続するか、64 ビット版に移行するかです。メモリを同時に増設しないとしても、64 ビット版を購入しておけば後からメモリをアップグレードできます。 しかし、64 ビット版では動かないアプリケーションも多く報告されており、それらのアプリケーションを利用していないユーザーの反応として、意外に簡単だったようなレポートが公開されています。 環境は人それぞれ異なる訳で、それを鵜呑みにするのも危険です。しかし、非対応への怒りと不満をぶちまけるユーザーもおり(気持ちは分かりますが)、そういうのを見るとかなり尻込みしてしまいます。その反面、本当なのかと確認してみたくなります。



ダウンロード方法

ダウンロードサイトにアクセスして、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

ダウンロードサイト



セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンをクリックします。



ナビゲーションペインのデスクトップをクリックして、さらに、「保存(S)」ボタンをクリックします。



ダウンロードが完了したら「閉じる」ボタンをクリックします。



インストール方法

デスクトップにダウンロードしたアイコンをダブルクリックします。Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。



セットアップウィザードが表示されます。ライセンス条項を読み、納得したならば「ライセンス条項に同意します(A)」をクリックしてチェックを入れ、「インストール(I)」ボタンをクリックします。ライセンス条項に同意しない場合はインストールする事ができません。



インストール中です。しばらくお待ち下さい。



インストールが完了しました。「閉じる(C)」ボタンをクリックします。



起動方法

デスクトップに作成されたアイコンをダブルクリックして起動します。



「確認を開始する」ボタンをクリックします。



確認作業には環境により異なりますが、時間がかかります。そのままお待ち下さい。



アンインストール方法

Windows 7 Upgrade Advisor は何度も利用するツールではありません。 確認が完了したら削除しましょう。アンインストール方法はコントロールパネルを開き、プログラムのアインストールをクリックします。



Windows 7 Upgrade Advisor を探しクリックして、さらに「アンインストール」をクリックします。



「はい(Y)」ボタンをクリックすると、アンインストールが開始されます。



デスクトップに作成されたショートカットアイコンも消えますが、最初にダウンロードしたファイルは残ります。 このファイルを他のパソコンに移動してインストールする事もできますが、確認する必要がないならば、このファイルも削除してしまって構いません。



これらのツールを含めたアップグレード方法、または、新規インストール(カスタムインストール)方法は以下のサイトに掲載されています。

Windows Vista から Windows 7 への新規インストールアップグレード (カスタム)

Windows XP から Windows 7 へのアップグレード

Windows Vista から Windows 7 へのアップグレード




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項