MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 にアップグレードするべきか・・疑問


2009 年 10 月 22 日に登場する Windows 7(ウインドウズ セブン)。果たしてアップグレードするべきか、また、アップグレードできるのか? 疑問が多い今日この頃。正直に話し、管理人はこの件に関して疑問を感じていませんでしたが、インターネットを徘徊していると、アップグレードに関する疑問が多く飛び交っています。まず、いくつかポイントを書き出してみます。

  • Windows 7 はマイクロソフト社の OS(オペレーティングシステム)で、ソフトウェアでもあります
  • 通常版、アップグレード版、発売記念優待版、ファミリーパック、Windows Anytime Upgrade パック
  • アップグレード版とアップグレード作業は別物


Windows 7 はマイクロソフト社の OS(オペレーティングシステム)で、ソフトウェアでもあります

このサイトでは、アップグレードという言葉を頻繁に使いますが、特に意味を設定していませんでした。例えば、ブラウザのバージョンアップを、アップグレードと書いた時もあると思います。古いアプリケーションから、新しいアプリケーションに移行する。 Internet Explorer 6 から Internet Explorer 7 へアップグレード、または、バージョンアップ。 Internet Explorer 7 から Internet Explorer 8 へアップグレード、または、バージョンアップなど。

Internet Explorer をアプリケーションの代表としたくはありませんが(ブラウザのアップグレードでさえ問題が多いみたいなので)、パソコンを大きく分けるならば、キーボードやマウスなど外部周辺機器やマザーボードやプロセッサーなどの内蔵パーツを含めた「ハードウェア」と、Windows や Internet Explorer や Office System などの「ソフトウェア」の二つになります。普段、アップグレードを頻繁に経験しているとすれば、おそらく多くのユーザーがソフトウェアでは無いでしょうか? 特に、無償で利用できるブラウザを含むアプリケーションです。ところが、Windows はソフトウェアであるものの、オペレーティングシステム( 以下 OS )と呼ばれるソフトウェアの根幹です。 OS の上で、アプリケーションが動作していると言っても良いでしょう。つまり、ソフトウェアと言っても、アプリケーションのアップグレードと OS のアップグレードには雲泥の差があります。気軽に考えるべきものではありません。

どんなソフトウェアでも、最低必要システムと、推奨システムがあります。前者は、これくらのパソコン性能があれば、このソフトは動く。 後者は、快適に利用するには、これくらいのスペックが望ましい。Windows 7 は、ビルド 6001 となり、Windows Vista( ビルド 6000 )の後継です。 Windows XP より後に登場したので、Windows XP の後継 OS であるとも言えますが、内部的な事情は全く別物であり、Windows Vista に近い OS です。 そのためか、必要なパソコン性能も、今から 3 年前に登場した Windows Vista に近いものがあり、アップグレードする難易度は低くなります(もちろん、Windows Vista を使っているのなら)。

Windows XP を使っているのであれば、同じ感覚で Windows 7 が使えるか否かは難しいところです。 今使っているパソコンが Windows XP では快適であっても、Windows 7 では性能が乏しいかも知れませんし、Windows XP で利用していたアプリケーションがそのまま動くとは限りません。 よって、既存の環境で OS だけアップグレードするのではなく、パソコンを買い替えた時に Windows 7 を使うのが自然と思われます。



通常版、アップグレード版、発売記念優待版、ファミリーパック、Windows Anytime Upgrade パック

パソコンショップ以外のお店でも購入できる製品は、通常版、アップグレード版、発売記念優待版、ファミリーパック、Windows Anytime Upgrade パックがあります。 通常版は、新規のパソコンにインストールするか、アップグレードに対応しない OS からバージョンアップする場合、または、他のパソコンに移動してライセンスを保持したい場合に選択します。 アップグレード版が利用できるのは、Windows XP と Windows Vista だけです。しかし、このアップグレードとは、何を指すのかが問題になっているみたいです。


Windows7 Ultimate
アルティメイト
Windows7 Professional
プロフェッショナル
Windows7 Home Premium
ホーム プレミアム

通常版

通常版

通常版

アップグレード

アップグレード

アップグレード


通常版よりアップグレード版の方が低価格となっていますが、このアップグレードとはライセンスに関するものです。 例えば、Windows XP や Windows Vista を利用していて、なおかつ、そのパソコンにインストールするのであれば、通常版ではなくアップグレード版を購入する事ができます。 しかし、上書きインストールができるか否かのアップグレードとは関係ありません。先にも書きましたが、OS はパソコンを構成するソフトウェアの根幹であるため、アプリケーションのようにアップグレード作業が簡単ではないのです。 アプリケーションは、OS の上で上書きインストールする事ができるので、アップグレードが簡単です。 しかし、その下のソフトウェアが存在しない OS のアップグレードには、バックアップがつきものであると考えた方が無難です。 また、アップグレード版を利用した場合、そのパソコンで使っていた前の OS のライセンスは消滅します。 例えば、Windows Vista がインストールされているパソコンに、Windows 7 アップグレード版をインストールすると、Windows Vista のライセンスが消滅します。 おそらく通常版より価格が低く設定されている理由はこれでしょう。

逆に、通常版の Windows Vista を使っている場合、さらに、通常版の Windows 7 を購入して同じパソコンにインストールした場合、Windows Vista のライセンスは消滅しません。 他のパソコンに Windows Vista のライセンスを移動する事ができます。2 つのライセンスを所有したままなので、2 台のパソコンで利用できる訳です。 通常版が高価な理由でもあり、DSP 版、OEM 版( パソコンを購入したらインストールされている Windows )では、ライセンスがパソコンやパーツとセットになっているため、このような事はできません。


Windows 7 Professional アップグレード 発売記念優待版

Windows 7 Home Premium アップグレード 発売記念優待版

Microsoft Win 7 Home Premium アプグレード版 ファミリーパッケージ


発売記念優待版はアップグレード版であり、さらに販売個数に限りがあります。 アップグレード版を購入するのであれば、これを入手するのが安上がりとなります(売り切れたら通常のアップグレード版を購入します)。 ファミリーパックは、やはりアップグレード版ですが、3台のパソコンをアップグレードできます。 Windows XP か Windows Vista がインストールされている 3 台のパソコンを所有しており、さらに全てを Windows 7 にアップグレードするのであればお得となります。

Windows Anytime Upgrade パック(ウインドウズ エニタイム アップグレード)は、Windows 7 のエディションを変更できます。 Windows 7 を購入した後、Starter(単品販売はされていない Windows 7 です)から上位版の Home Premium に、Home Premium から上位版の Professional に、または、Home Premium から上位版の Ultimate に変更できます。 Windows Anytime Upgrade パックだけを購入しても、Windows 7 を使う事ができないので注意が必要です。 また、Windows Anytime Upgrade パックを使わないために、最初に購入する Windows 7 のエディションを慎重に検討するのが良いでしょう。

Windows 7 ストア



アップグレード版とアップグレード作業は別物

ところで、今まで話したアップグレードはライセンスに関する事であり、実際に混乱しているのは、このアップグレードではないみたいです。 では、どういうアップグレードが意味不明なのか?それは、アップグレード作業の事です。 例えば、Internet Explorer 6 から Internet Explorer 8 にアップグレードする作業は、Internet Explorer 8 をデスクトップにダウンロードして、ダブルクリックでインストールを実行します。 この作業で、既存の Internet Explorer 6 が Internet Explorer 8 へ置き換わり、ブックマークやその他の設定が自動で移行します。 これは、OS 上で動くアプリケーションゆえに可能ですが、OS でこの作業をするとなると、どこにそのデータを蓄えておくのか不明です。 もちろん、ブラウザでも心配な人や、ブックマークのデータが重要であるならば、バックアップをするのが当然です。 OS を変更する場合も、必要なデータはバックアップするのが当たり前で、そうであるならばハードディスクドライブを綺麗な状態にして新規インストールが望ましいしょう。 アップグレードを実行した場合、古い環境のゴミみたないものが必ず残ります。これは、一時的にデータを保管するために作られたのか、旧環境をバックアップしたのかは不明です。

例えば、アプリケーションの Internet Explorer 6 を Internet Explorer 8 へアップグレードする作業は、部屋の箪笥を交換するのに似ています。 古い箪笥の引き出しから収納物を出して部屋の床に移動します(バックアップ)。 空になった古い箪笥を新しい箪笥に置き換えて、床に移動してあった収納物を新しい箪笥の引き出しに戻します。これで、箪笥のアップグレードが完了します。 しかし、OS の場合は部屋を含む家を建て替えるのに等しいです。もし、家を建て替えるならば、箪笥の中身はおろか、箪笥ごと一時的に借り家などに移動する必要があります。 もちろん、解体と施工中は人間も一時的に仮家などに移動する必要がありますね。家があるから部屋があり、部屋があるから箪笥が置けます。 そして一時的に箪笥の引き出しの中身を部屋に保管する事ができます。この作業を手動で、または、自動でするかは自由です。 おそらく、自動作業の事をアップグレード作業と言われているのかも知れません。

しかし、現実的にはパソコンと家は異なるので、百歩譲って家具を移動せず、家の解体と新築の施工が可能だったとします。 想像すると奇妙な光景ですが、家を解体すると、例えば2階の寝室にあったキャビネットやベッドが宙に浮いている状態です。 アップグレード作業とは、この状態で大工さんが新築を建てる訳です。しかし、新しい家の2階に寝室があるとは限らず、もしかしたらトイレや廊下になっているかも知れません。 古い家を解体して、同じ設計図を元に新しい家を建てるのであれば、二階の寝室にあるキャビットとベッドは元に戻るのかも知れません。 または、多少の違いならば、上手くキャビネットやベッドを移動してくれるのかも知れません。これがアップグレード作業となります。

家の設計図に相当するものは、Windows のバージョンでしょうか。Windows 7 のバージョンは NT6.1 です。 Windows Vista のバージョンは NT6.0 です。つまり、Windows 7 は Windows Vista の NT6.0 を元に設計された NT6.1 となります。 これならば、アップグレード作業もできそうですね(間取りが大きく違わないと想像できます)。 一方、Windows XP のバージョンは NT5.1 で、Windows 2000 は NT5.0 です。 Windows XP は、Windows 2000 の NT5.0 の後継 NT5.1 であり、Windows Vista や Windows 7 の NT6.0 、NT6.1 とは設計図が異なります。 つまり、全く新しい間取りの家を建築するのに等しいでしょう。



Windows XP から Windows 7 へアップグレードする場合

現実的に、アップグレード対応製品と、アップグレード方法は、メーカーサイトに掲載されています。この表が見にくいと言われていた様です。 Windows XP は、ライセンスとしては Windows 7 アップグレード版が購入できますが(インストール後の Windows XP のライセンスは消滅します)、アップグレード作業はできず、新規インストールとなります。これは、Windows7を再インストールする時に、再びWindowsXPをハードディスクドライブにインストールして、それからWindows7をインストールする様です(アップグレードでXPのライセンスが消滅するにも関わらず、再びインストールするのも矛盾ですね)。新規インストールとは言えアップグレード版なので、この仕様は不便ですね。ただし、Windows7の通常版より、消滅するWindowsXPのライセンス料が考慮されているためか、アップグレード版の方が値引きされています。



Windows Vista Home Basic から Windows 7 へアップグレードする場合

さて、Windows Vista の場合はどうでしょうか。Windows XP と比べて、複雑な様な、場合によっては簡単な様な気がします。 Windows Vista Home Basic を利用している場合は、Windows 7 Home Premium 、または、Ultimate の同一ビットにアップグレード作業を実行できるとあります。 つまり、32 ビット版の Windows Vista Home Basic を利用している場合は、同じ 32 ビット版の Windows 7 Home Premium や Ultimate へアップグレード作業が実行でき、32 ビットから64ビット、または、64 ビットから 32 ビットへアップグレードする場合は、Windows XP と同じくアップグレード作業はできません。 また、同一ビットであっても Windows 7 Professional に関しては、アップグレード作業ができません。 もちろん、Windows Vista であれば、アップグレード版を購入する事はできます。



Windows Vista Home Premium から Windows 7 へアップグレードする場合

Windows Vista Home Premium を利用している場合は、Windows Vista Home Basic と全く同じ条件でアップグレードできます(できないのは Windows7 Professional へのアップグレード作業と、ビットが異なる場合です)。



Windows Vista Business から Windows 7 へアップグレードする場合

Windows Vista Business を利用している場合は、Windows 7 Professional 、または、Ultimate の同一ビットにアップグレード作業を実行できるとあります。 つまり、32 ビット版の Windows Vista Business を利用している場合は、同じ 32 ビット版の Windows7 Professional や Ultimate へアップグレード作業が実行でき、32ビットから64ビット、または、64 ビットから 32 ビットへアップグレードする場合は、Windows XP と同じくアップグレード作業はできません。 また、同一ビットであっても Windows 7 Home Premium に関しては、アップグレード作業ができません。 Windows Vista Business から Windows 7 Home Premium にアップグレードする場合、エディションとしてはダウンする事になります。 もちろん、アップグレード版を購入する事は可能で、Windows XP と同じく新規インストールとなります。



Windows Vista UltimateからWindows7へアップグレードする場合

Windows Vista Ultimate を利用している場合は、Windows 7 Ultimate の同一ビットにアップグレード作業を実行できるとあります。 つまり、32 ビット版の Windows Vista Ultimate を利用している場合は、同じ 32 ビット版の Windows7 Ultimate へアップグレード作業が実行でき、32 ビットから 64 ビット、または、64ビットから32ビットへアップグレードする場合は、Windows XP と同じくアップグレード作業はできません。 また、同一ビットであっても Windows 7 Professional や Home Premium に関しては、アップグレード作業ができません。 Windows Vista Ultimate から Windows7 Professional や Home Premium にアップグレードする場合、エディションとしてはダウンする事になります。 もちろん、アップグレード版を購入する事は可能で、Windows XP と同じく新規インストールとなります。



管理人のぼやき

もし、OS のエディションが一種類であるならば、こんなに戸惑う事はないのかも知れません。 アップグレード作業が可能なエディションであったとしても、流石にバックアップ無しで実行しようとは思わないでしょう。 個人的には、アップグレード作業は推奨しません。ゆえに、Windows Vista が登場した時も、Windows 7 が登場する前も、OS が登場してから新しいパソコンを購入する事を日記で推奨しています。 Windows Vista を購入しても優待キャンペーンでWindows 7 に切り替えられるサービスがありますが、結局アップグレード作業を伴うもので、バックアップ無しでの実行を推奨できない訳です。 だったら、Windows 7 がはじめからインストールされているパソコンが登場してから購入した方が無難と考えるのが自然です。

アップグレード作業は不安が一杯で、新規インストールはデータを元に戻すまでが大変です。 これらの作業を少しでも低減したいなら、パソコン購入時にインストールされていたOSを使い切るのが最もシンプルかと思われます。 パソコンを買い替える場合、パソコン本体、OS に加え、今まで利用してきた市販のソフトウェアの料金も発生します(通常版の Microsoft Office(マイクロソフトオフィス) ならば移動できますが、DSP 版では不可能)。これらの事情が、パソコン本体は安くても買い替えを断念して、古いパソコン、または、古い OS を使い続ける傾向にあります。

既存のパソコンで OS だけアップグレードするならば、新規インストールを覚悟するのが妥当でしょう。 アップグレード作業が可能であっても、トラブルが修復できない状態に陥った時、結局 OS 再インストールを避けて通れません。 作業効率を考えると、OS と個人で作成したデータを分けるのが望ましいでしょう。 例えば、C ドライブと D ドライブに分けた場合、Windows がインストールされているCドライブはソフトウェアのインストールのみで、なるべく写真やオフィスで作成したデータなどを D ドライブに保管します。 この場合、C ドライブに異常が発生しても、または、OS をバージョンアップする場合でも、C ドライブだけに関係する作業となります。



また、バックアップが必要なデータを把握して、個別のバックアップ方法を知る事です。 データ専用の D ドライブが存在するならば、メールやCドライブにどうしても保管しなくてはならいデータを一時的に D ドライブに移動して、C ドライブで再インストール、アップグレード、新規インストールを実行した後に戻す事ができます。 メディアを使っても良いのですが、記憶容量の問題でハードディスクドライブのバックアップには、やはりハードディスクドライブが適しています。 C ドライブはフォーマットする事も考えて、大容量のものを避けたいところです。500 GB もあれば十分ではないでしょうか。すこし遊ばせておく容量も考慮しましょう。

欲しいパーツとのセット購入で超お買い得!Windows 7 DSP版

どうせインストールされていた元の Windows のライセンスが消滅、マイクロソフトのサポートが不必要、デバイスドライバーをインターネットで入手でき、インストールするスキルがある、FDDドライブなどのパーツを増設するスキルがあるならば、DSP 版を購入するのが一番安上がりです。 DSP 版は、通常版とは異なり、Windows 単体で ライセンス を保持できません。同時に購入したパーツと利用する事で、DSP 版 OS のラインセンスを保持できます。 また、通常版とは異なり、サポートは販売ショップにゆだねられます。Windows = 1 ライセンスの考え方が通用するのは、最も高価な通常版だけです。 通常版は、現在インストールしてあるパソコンから他のパソコンへライセンスを移動する事ができます(元のパソコンから OS を削除する必要があります)。 DSP 版は最も価格が低く、これをする事ができません(使い切り OS みたいな感じでしょうか)。 Windows XP からはアップグレード作業ができないので、OEM 版の Windows 7 とパーツを購入して、新規インストールする手もあります。 いずれにしても、マイクロソフトに振り回されるのは避けたいところです。


Microsoft Windows : アップグレード対象製品およびアップグレード方法




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項