MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 RC:パスワード リセットディスクの作成と使い方


パスワードで保護されたアカウントを作成した場合、パスワードを忘れるのは避けたい所。自動ログオン設定で常用していると、パスワードを忘れてしまわないとも限りません。もし、パスワードを忘れてしまったら、なおかつ、自動ログオンの設定が飛んだ場合、Windows にログオンする事ができなくなります( Windows7(ウインドウズ セブン) では、Guest アカウントが無効になっているため)。パスワードを削除、または、パスワードを変更する場合も、既存のパスワードの入力が必須となり、パスワードを忘れてしまうと、そのパスワードを解除、変更する事もできません。



Windows7

パスワードを忘れる前に、パスワード リセットディスクを作成しておくと、パスワードを忘れても、そのパスワードを変更する権限を保持できます。 パスワードの変更が必須となりますが、その際に既存のパスワードを入力する必要が無いため、パスワードで保護されたアカウントをパスワード変更により復活できます。 ただし、パスワード リセットディスクの保管は厳重にする必要があります。 そのディスクを使えば、もともと派和すワードを知らないユーザーでも、そのパスワードを変更できてしまうからです。 パスワード リセットディスクは、そのコンピューターに関する変更しか行えません。 つまり、他のパソコンで作成したパスワードリセット ディスクを使い、他人のコンピューターのパスワードを変更する事はできません。



「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。



「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックします。



「パスワード リセットディスクの作成」を左クリックします。



パスワード ディスクの作成ウィザードが開始されます。「次へ」ボタンを左クリックします。



パスワードリセットディスクを作成する場所を選択します。



今回はカードリーダーに設置したメモリカードにパスワードリセットディスクを作成します。



「次へ」ボタンを左クリックします。



「次へ」ボタンを左クリックします。



「完了」ボタンを左クリックします。



メモリースティックをエクスプローラーで表示したスクリーンショットが右です。



パスワード リセットディスクの使い方

ログオン画面にてパスワードで保護されたアカウントを左クリックします。



でたらめなパスワードを入力してログオンを試みます。



ログオンが拒否されるので、「OK」ボタンを左クリックします。



「パスワードのリセット…」を左クリックします。



パスワードのリセットウィザードが開始されます。「次へ」ボタンを左クリックします。



パスワードリセットディスクを作成した場所を指定します。今回はメモリースティックに作成しました。「次へ」ボタンを左クリックします。



新しいパスワードを入力します。パスワードの確認入力には、新しいパスワードに入力した文字と同じ文字を入力します。 新しいパスワードのヒントは、任意で設定できます。「次へ」ボタンを左クリックします。



パスワードを忘れてしまって、パスワードリセットディスクにより変更した新しいパスワードでログオンする事ができました。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項