MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 RC:自動ログオンの設定方法


コンピューターの電源を入れた時、ログオン画面を表示せず、自動でログオンしてデスクトップまで辿り着く設定は、Windows Vista と同じです。自動ログオンに設定するアカウントは、管理者、標準ユーザー、パスワードの有無は関係ありません。変更するには、管理者権限が必要になります。



Windows が起動したら、キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押します。 ファイル名を指定して実行が表示されたら、「control userpasswords2」と入力して「OK」ボタンを左クリックします。



「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」にチェックを入れ(左クリック)、自動ログオンさせたいアカウントを左クリックします。ユーザーを選択したら、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」にチェックを外します(左クリック)。「OK」ボタンを左クリックします。



指定したアカウントがパスワードで保護されているならば、それを入力して「OK」ボタンを左クリックします。 パスワードで保護されていないならば、そのまま「OK」ボタンを左クリックします。次回の起動から、ログオン画面が表示されず、指定したアカウントのデスクトップが表示されます。

パスワードで保護されたアカウントでも、自動ログオンが可能であるため、管理者アカウントの場合は注意が必要です。 例えば、保護者に制限を設定しても、管理者アカウントで自動起動する場合、そこから制限を解除できてしまいます。 また、管理者アカウントでログオンして、パスワードを変更されてしまうと、本来の管理者アカウントを使うべきユーザーは、ログオンできなくなってしまいます。



自動ログオンから手動ログオンへ変更する方法

自動ログオン設定方法と同じく、ユーザーアカウント画面を表示して、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」にチェックを外します(左クリック)。 次回の起動から、再びログオン画面(アカウントを選択する画面)が表示されます。



起動した時にログオン画面のアカウント一覧が自動で表示されるのを防ぐには、「詳細設定」タブの「ユーザーが必ずCtrl+Alt+Delキーを押す(R)」にチェックを入れて(左クリック)、「OK」ボタンを左クリックします。


次回、コンピューターを起動した時、右の画面が表示されます。



キーボードの「Ctrl」キー+「Alt」キー+「Del」キーを同時に押すと、通常のログオン画面が表示されます。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項