MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Virtual PC Windows XP へ ZoneAlarm と AVG Anti-Virus Free Edition をインストール

 Virtual Windows XP Mode で Windows 7 のスタートメニューから気軽に Windows XP のアプリケーションを起動できますが、Virtual Windows XP のセキュリティを確保するために、条件付きで無償で利用可能なファイヤーウォールソフトの ZoneAlarm(ゾーンアラーム)と AVG Anti-Virus Free Edition をインストールしてみます。


前回の、 Windows 7 RC Virtual Windows XP Mode の説明から時間が経ってしまいました。 Windows7(ウインドウズ セブン) RC には、別途ダウンロードしてインストールする事でVirtual PC(バーチャルピーシー)上で Windows XP が利用できます。 Virtual PC を使えば、ライセンスを保持していれば Windows Vista でもそれは可能ですが、Windows 7 の上位エディションとなる Ultimate(アルティメイト)とビジネス向けの Professional(プロフェッショナル)、Enterprise(エンタープライズ)では無償で提供される可能性があります(詳しい事は不明)。 さらに、Virtual Windows XP Mode では、右上の写真の様に、Windows 7 のスタートボタン→全てのプログラムから、Windows XP のアプリケーションを起動する事ができ、例えば、Windows 7 に付属する予定の Internet Explorer(インターネット エクスプローラー 以下IE)8 と、Windows XP に搭載された IE6 を同時に起動できます。



IE6 単体で動いている様に見えるのが特徴的ですが、Virtual PC の Windows XP の IE6 が、Windows 7 のデスクトップに表示されています。 右は、Windows 7 の Virtual PC で Windows XP を起動して、さらに IE6 を起動した状態です。 この IE6 が、あたかも単体で動いているかの様に、Windows XP Mode では Windows 7 のデスクトップで利用できます。



しかし、Virtual PC を利用しているため、IE6 がインストールされた Windows XP にもセキュリティ対策ソフトをインストールする必要があります(絶対ではありませんが、インターネットに接続するアプリケーションを利用するため)。



今回は、久しぶりにファイヤーウォールのゾーンアラームと、ウイルス対策ソフトの AVG Anti-Virus Free Edition をインストールしてみました。 どちらも条件付きとなりますが、無料で利用でき、一つで全てのセキュリティ対策をカバーするものではありません。 そこで、ファイヤーウォールとウイルス対策の二つを利用します。 以下に掲載する内容は、バージョンが上がればやり方が異なるので無駄になるかも知れませんが、現時点でのダウンロード方法を掲載します。



ダウンロード方法

まず、セキュリティ対策をインストールしていない Windows XP ではなく、Windows 7 RC の IE8 を起動して、ファイヤーフォールの Zone Alarm(ゾーンアラーム)をダウンロードします。 製品体系を読み、納得したならば「今すぐダウンロード」ボタンを左クリックします。

ZoneAlarm® Free Firewall

利用可能な対象であるならば、他の製品版と無償版の違いを確認するのも良いでしょう。

ZoneAlarm by Check Point

トライアル版を利用すれば、期間限定で総合セキュリティ対策となりますが、購入する気がないのであれば、セキュリティ関連のソフトを後から変更するのは面倒です。 ここでは、ファイヤーウォールだけに割り切って最初から無償版をダウンロードします。



「Zone Alarm を無料でダウンロードする(ファイヤーウォールによる保護)」を左クリックします。 上にあるリンクは、体験版なので注意して下さい( Windows7 RC は製品版では無く、期間が定められた製品候補版です)。



デスクトップにダウンロードします。



次に、AVG Anti-Virus Free Edition をダウンロードします。ダウンロードサイトにアクセスして、書いてある情報を読み、問題が無ければ「ダウンロード」ボタンを左クリックします。メールアドレス入力フォームがありますが、メールアドレスを入力せずに「ダウンロード」ボタンをクリックすれば、ダウンロードできます。

AVG Anti-Virus Free Edition 8.5 ダウンロード



情報バーが表示されるので、バーを左クリックして、さらに「ファイルのダウンロード(D)」を左クリックします。



デスクトップにダウンロードして下さい。以上で、二つのセキュリティ対策ソフトをダウンロードする事ができました。ここで、Virtual PC を起動します。



Windows 7 RC のデスクトップから Virtual Windows XP デスクトップへ移動

Windows 7 RC のデスクトップにダウンロードした二つのファイルは、Virtual PC Windows XP からアクセスできます。Windows XP でエクスプローラーを起動して、Windows 7 RC がインストールされたハードディスクドライブ( Windows XP から見てローカルディスクCではなく、Windows 7 RC の C ドライブ)を指定します。



Windows XP で Documents and Settings に相当する Windows Vista 以降の場所は、C ドライブの「ユーザー( User )」になります。 User ディレクトリ内の Windows 7 RC にログオンしているユーザー( Windows 7 RC をインストールした時に指定したユーザー名)をクリックして、さらに「Desktop」フォルダをダブルクリックすれば、Windows 7 RC のデスクトップを参照できます。



先ほどダウンロードした二つのファイルを、Virtual PC Windows XP のデスクトップ上にドラッグアンドドロップで移動します。



右は Windows 7 RC のデスクトップの二つのファイルを、Virtual Windows XP のデスクトップにコピーが完了したスクリーンショットです。 ここまでの作業は以下のビデオを参照して下さい。



あとは、Virtual PC Windows XP でインストールを実行します。ここからの作業内容は、通常の Windows XP にインストールする作業と同じです。 この作業は以下のビデオで参照して下さい。



Zone Alarmインストール方法



AVG Anti-Virus Free Editionインストール方法



Virtual Windows XP で Internet Explorer 6 を起動して、ファイヤーウォールを許可します。 必要であれば、フラッシュプレイヤーなどのプラグインもインストールして、ファイヤーウォールを許可します。 Virtual Machine Service を許可する必要がありますが、これは、Windows XP Mode の起動を試みてからかも知れません。 ファイヤーウォールをインストールした事で、最初の起動に失敗します。しかし、再び Virtual Windows XP を起動してファイヤーウォールのプログラムコントロールのプログラムで許可すれば、次から問題無く起動できます。



Windows XP Mode の IE6 でフラッシュプレイヤーのインストールを試みましたが失敗しました。おそらく、Virtual Windows XP にインストールしたファイヤーウォールの問題かと思われます。 ファイヤーウォールも Windows XP Mode で起動できるのかも知れませんが、今回は素直に Virtual Windows XP 上でインストールしてファイヤーウォールを許可しました。 そう考えると、Virtual Windows XP 上のファイヤーウォールは厄介かもしれません。初めて起動するアプリケーションはファイヤーウォールの警告が表示されますが、Windows XP Mode ではそれを許可する術がありません(たぶん、可能なのかも知れません)。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項