MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

No2:Windows7 RC(製品候補版)パーティション設定

 2009年5月5日に公開されたWindows7(ウインドウズセブン)RC(Release Candidate 製品候補版)のインストール方法。 既存パーティションを削除して、新規にWindows7をインストールする作業を写真付きで紹介しています。 Windows7からは BitLocker 用のパーティションが自動的に作成されます。これにより、ハードディスクドライブに一つのパーティションを作成したとしても、2つのパーティションが存在する事になります。


前回 の続きです。 パーティション選択画面が表示されます。現在このコンピューターには2台のハードディスクドライブが接続されており、今回 Windows7(ウインドウズ セブン) を新規インストールする160GBのハードディスクドライブには、すでにWindows 7ベータがインストールされています。Windows7 ベータをインストールする際に、あえてパーティションを130GBと20GBに分けました(ハードディスクの容量計算は、人間とコンピューターで多少異なるので正確な数字ではありません)。

結局、Windows7上からパーティション領域作成やフォーマットを実行するテストは試みないまま、現在に至ります(つまり、20GBのパーティションは未割り当ての状態です)。また、Windows7をインストールすると、自動的にBitLocker用のパーティションを作成します。つまり、任意で分けたパーティション2つと、自動で割り当てられたパーティション1つ、合計で1つのドライブに3つのパーティションが存在している状態です。

Windows7 ベータ:BitLocker To GoでUSBメモリを暗号化

物理ドライブかパーティションかの違いは、「ディスク」の後にある数字で判断できます。例えば、写真では上から3つのパーティションがディスク0になっているので、一つのハードディスクドライブに3つのパーティションが存在していると判断でき、上から4番目のパーティションがディスク1となっているので、このコンピューターにはディスク0とディスク1の物理ハードディスクドライブが2つ存在している事が判断できます。



今回も、パーティションを任意で2つ作成したいと思います。まずは、Windows7 ベータを抹消するために、Cドライブの領域を削除します。Cドライブを選択した状態で、右下の「ドライブ オプション(詳細)」を左クリックします。



隠れていたメニューが表示されるので、Cドライブ(写真ではディスク0パーティション1 132.9GB)を削除します。



警告が表示されます。Windows7ベータがインストールされているパーティションだと分かっていて、なおかつ、それを削除したいので、「OK」ボタンを左クリックします。パソコンメーカーや型番によっては、インストールDVDが付属しないWindowsも存在します。それらのパソコンは、Cドライブ以外のパーティションにリカバリーファイルが存在している場合が多く、それらのパーティションを削除してしまうと、新規にWindowsを購入する事になります。警告画面では、リカバリシステムに関する注意も含まれています。



Cドライブを削除した事で、未割り当て領域となり、さらに任意で作成した未割り当て領域と、BitLocker用のパーティションが合体して、一つの未割り当て領域となりました。これにより、物理的に接続されているハードディスクドライブの数と一致します。次は、Windows7 をインストールするドライブに、領域を新規作成します。ドライブを選択して(選択状態は水色の背景になります)、右下の「新規(E)」を左クリックします。



今回も任意でパーティションを二つ作成します。Windows7 RCをインストールする領域を130GBに設定してみます。容量指定の単位はMBなので、130000となります。もし、1つのハードディスクドライブを一つの領域として使う場合は、数字を変更せずそのまま「適用」ボタンを左クリックします(ただし、BitLocker用のパーティションが自動で作成されます)。



この警告が、BitLocker用のパーティションが自動作成される事を示します。「OK」ボタンを左クリックします。



先ほど作成したパーティションは126.9GBの「ディスク0パーティション2」です。このパーティションを作成した事により、「ディスク0 Partition 1:System Reserved 100MB」が自動で作成されました。さらに、この二つのパーティションをハードディスクドライブの全容量から差し引いた残りが、未割り当て領域として25.7GB存在します(写真の上から3番目。ディスク1はデータ保管用なので変更したらお手上げです)。未割り当て領域は、Windows上でデータを保管する事ができません。ここで未割り当て領域を選択して、「新規(E)」で残りの容量にパーティションを作成しても構いませんが、この作業はWindows7をインストールして、Windows7上から実行する事ができます。



次は、Windows7 RCをインストールする「ディスク0 パーティション2 126.9GB」を選択して、「フォーマット(F)」を左クリックします。



警告が表示されます。フォーマットを実行するために、「OK」ボタンを左クリックします。



以上でパーティションに関する設定が完了しました。Windows7 RCをインストールするパーティションを選択して、「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



Windows7 RCのインストールが開始されます。「Windows ファイルを展開しています」のパーセントがなかなか進まないのは、おそらくフォーマットをここで実行していると思われます(知りませんが・・・)。



この画面での作業はしばらく続きますが、特にやる事もありません。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項