MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 ベータ:BitLocker To Go で USB メモリを暗号化


Windows7(ウインドウズ セブン) ベータをインストールした時に、任意で領域を2つにしたのですが、なぜか 3 つの領域が存在しました。 この理由が不明だったのですが、本日理解できました。Windows 7 では、BitLocker および BitLocker to Go のためのボリュームが自動的に作成される様です。 Windows Vista では、インストール時に OS をインストールする領域と最低でも 1.5 GB の別領域を作成しないと、BitLocker が利用できませんが、その後に C ドライブの圧縮で領域を作成するか、BitLocker ドライブ準備ツールを使って有効にする必要があります。 Windows 7 のどのエディションに BitLocker および BitLocker to Go が有効になるかは不明ですが、少なからず気軽に利用できる様になっています。



今回は Windows Vista には存在しない BitLocker to Go を試して見ます。USB メモリが見あたらないので、2 GB の SD カードを USB 接続カードリーダーでパソコンと接続したのが右。J ドライブが SD カードとなります。今回はこれを暗号化してみます。



コントロールパネルから「BitLocker ドライブ暗号化」を表示したのが右。 これから暗号化するJドライブ(SDカード)が認識されていますが、暗号化は「オフ」となっています。「BitLockerをオンにする」を左クリックします。



暗号解除の方法はパスワードとスマートカードの二つ。今回はもっともシンプルなパスワードを設定します。 Windows 7 はベータ版なので英語表記となりますが、製品版では日本語になると思われます。「Use a password to unlock the drive」をチェックして、パスワードとパスワードの確認を入力します。 右のスクリーンショットは 4 文字のパスワードを指定しましたが、この桁数ではパスワードとして不適切で拒否されます。



パスワードが適切であるならば、回復キーをファイルに保存するかしないかの表示に進みます。



「暗号化の開始」ボタンを左クリックします。



しばらく待ちます。



暗号化が完了しました。「閉じる」ボタンを左クリックします。



「BitLocker ドライブ暗号化」で、J ドライブ( SD カード )が暗号化されました。



SD カードに写真を何枚かコピーします。



SD カードにアクセスすると、右の画面が表示されパスワードを求められます。暗号化で登録したパスワードを入力して「Unlock」ボタンを左クリックすると、暗号化された SD カードを読む事ができます。



今度は別のコンピューターにSDカードを認識させてみました。リムーバブル ディスク(F)が SD カードですが、ロックしている鍵マークがドライブアイコンに表示されています。



パスワードの入力を求められるので、暗号化の時に登録したパスワードを入力して「Unlock」ボタンを左クリックします。



BitLocker To Go Reader により、中身を参照する事ができました。



再び Windows 7 ベータに戻り、今度はSDカードの暗号化そのものを解除します。「BitLocker をオフにする」を左クリックします。



「ドライブの暗号化解除」ボタンを左クリックします。



暗号化する時と同じく、解除にもドライブの容量により必要な時間は異なります。



暗号化解除に成功しました。これでどのパソコンでもパスワード無しで SD カードを利用でき、元の上に戻りました。 Windows 7 では、OS がインストールされたドライブに加え、データドライブ( Windows Vista SP1 で対応 )と USB メモリなどのリムーバブル記憶域デバイスのデータも保護できます( Windows Vista は非対応 )。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項