MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 ベータ:デフラグ(ハードディスクの断片化を解消)


Windows にはハードディスクの断片化を解消して低下したパフォーマンスを改善するアプリケーション「ディスク デフラグ」が付属していますが、Windows Vistaでは進捗情報が分からず、それまでの Windows XP と比べると陰に隠れた存在となっています。隠れて動作する事に関しては問題無く、Windows XP ではユーザーが実行ボタンを押す必要がありましたが、Windows Vista ではスケジュールを設定してデフラグを実行できる様になり、断片化に対する考え方も、単純にハードディスクドライブだけを取り上げるのではなく、ハードウェア全体を考慮して解消する仕様に変更されました。

まず、Windows 7 では、スケジュールによる実行、ドライブの選択を継承して、さらに、複数のドライブを同時にデフラグ可能となっていました。 人によってはタスクバーの変更や AeroSnap よりも、これらのメンテナンス性を重視して Windows7(ウインドウズ セブン) に移行する価値を見いだすかも知れません。



「スタート」キーを押して、「デフラグ」と入力して「Enter」キーを押す、または、エクスプローラを開き、左メニューの「コンピューター」左クリックして、ローカルディスクを右クリック、さらに、「プロパティ」を左クリックしても、デフラグツールを選択できます。ここで選択するドライブは、デフラグを実行するドライブとは限りません。デフラグを実行するドライブは、デフラグを起動してから選択します。



プロパティが表示されたら、「ツール」タブを左クリックして、さらに、「最適化する(D)」ボタンを左クリックします。これは、Windows Vista でも同じです。



ベータ版なので、英語の表記が混じりますが、製品版では日本語になっていると思います。左が Windows 7 のデフラグを起動した画面。 右が Windows Vista の画面。まず、進捗状況や断片かの様子がグラフィカルに表示できないとかできるとかの不満で、Windows XP と比べるのは省略します(それが意味をなすのか疑問だから)。 Windows 7 でも相変わらず簡素な画面なのですが、これで Windows Vista で不満(人により異なる)だったユーザーも納得できる画面になっていると思われます。 スケジュールに関しては Windows Vista と同じく利用できます。「ボリュームの選択(S)」ボタンがありませんが、これは下部にドライブ一覧が表示される事と、「スケジュールの構成(S)」ボタンを左クリックする事で意味が分かります。


Windows 7 Windows Vista


「スケジュールの変更」画面に、「Select Disks」ボタンが追加されています。左が Windows 7 、右が Windows Vista 。


Windows 7 Windows Vista


「スケジュールの変更」画面で指定した「頻度」「日付」「時刻」に、デフラグを実行するドライブを指定する画面が以下の「スケジュールに含めるディスクの選択」画面となります。 左が Windows 7 、右が Windows Vista 。


Windows 7 Windows Vista


手動でデフラグを実行する場合は、ドライブ一覧が画面に表示されているので、実行するドライブを選択して「ディスクの分析(A)」ボタンを左クリックします。 最初に、「ディスクの最適化」ボタンを左クリックしても、必ず「ディスクの分析」作業は実行されます。



ディスクの分析中の画面が右。進捗情報が分かります。



右がディスクの分析結果です。「4% 最適化済み」とあります。つまり、残り 96 % は最適では無い?正直、この表示は不明です。 個人的に期待していた結果は、「デフラグを実行する必要がある」「デフラグを実行する必要が無い」などの情報です。とりあえず、C ドライブ( Windows 7 がインストールされているドライブ )を最適化したいと思います。「ディスクの最適化(D)」ボタンを左クリックします。



デフラグを実行中の画面。こちらも進捗状況が分かるようになりました。また、いつでも操作を中止する事もできます(「操作の中止(O)」ボタンを左クリック)。



Windows 7 では、複数のドライブを同時にデフラグできるので、C ドライブをデフラグ中に D ドライブのディスクの分析を実行してみました。



C ドライブをデフラグ中に、D ドライブのディスクの分析が完了しました。結果は「0% 最適化済み」とあります。 つまり、100 % 最適では無い?そこで、D ドライブもディスクの最適化を実行してみます。



C ドライブと D ドライブを同時に実行している画面。Windows Vista と比べると、これだけでも新しいデフラグは魅力的です。



最適化が終了すると、進捗状況に「統合済み」が%表示されます。これの意味は不明ですが、分析→最適化→統合の流れをとるみたいです。



C ドライブのデフラグが完了した状態。(0% 最適化済み)と表示されます。やはり、この表示は理解出来ないところ。



D ドライブも最適化が完了して、統合処理に入りました。処理数が2となっています。



以上で二つのドライブのデフラグが完了しました。実際はスケジュールに基づき実行されるので、特に意識せずにパソコンを購入した状態のパフォーマンスを維持するのに役立つ機能かと思われます。 Windows Vista では、進捗状況が表示されるので、完了時間を予測する事ができませんでした。スケジュール化されたデフラグとしては、それで問題はありません。 また、断片化に関する考え方は、以下の Windows 7 ブログに詳しく掲載されています。非常に面白い内容でした。

ディスク最適化 – その背景と Windows 7 の開発における改善



Windows XP では、断片化はハードディスクのみを対象に考えられて、それを棒グラフで赤く表示していました。Windows Vista や Windows 7 では、パソコン全体のハードウェアの一部としてハードディスクの断片化を決定していると解釈できます。つまり、断片化はファイルを作成したり削除したり移動したりする事で発生しますが、これは日常茶飯事であり、それを全て解消する事は、ハードディスクの断片化を除去する意味では有効ですが、それを最適化するために使うパフォーマンスと、解消された事で得られるパフォーマンスを比較して、断片化を改善してもパフォーマンスの改善が無い部分を断片化とは見ない様な事が書かれています。ブログの記事を引用すると(これは、英語版を日本語に訳したブログです)、「ある臨界点を超えると、断片化した数片のファイルを組み合わせることには、目に見る利点がなくなることを意味します。」



断片化を解消するのにパソコンの処理を必要としないのであれば、断片化が無いに超した事がありませんが、パソコンを利用する事で断片化が発生して、それを修復するのもパソコンなので、律儀に全ての断片化を解消すればパフォーマンスが向上するとも言えないのかも知れません。どちらかと言えば、一般家庭で利用するパソコンでは、この考え方にメリットがあると思います。デフラグするために、新しいパソコンを購入する訳でもなく、意味のあるメンテナンスを目立たない所で実行して欲しいものです。そういった意味では、Windows7に搭載されるデフラグツールは、一般家庭のパソコンに求められる地味で強力なメンテナンスツールなのかも知れません。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項