MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 ベータでは、サイドバー無しでガジェット表示


Windows Vista に搭載されたデスクトップガジェットを格納するサイドバーが、 Windows7(ウインドウズ セブン) ベータには存在しませんでした。もちろん、デスクトップガジェットは表示可能です。



右は、Windows Vista のサイドバーとデスクトップガジェットのスクリーンショットです。Windows Vista では、デスクトップガジェットをサイドバーに格納しますが、デスクトップの好きな場所に配置できるのは同じです。 ただし、デスクトップガジェットを表示するには、Windows サイドバーが稼働している必要があり、タスクバーの常駐アイコンでもそれは確認できます(サイドバーは上下左右に配置可能です)。



初期状態で存在するガジェットや、既にインストールされたガジェットを追加するには、Windows サイドバー上部の「ガジェット(+ボタン)」をクリックするのが Windows Vista のやり方です。

Windows サイドバーとガジェット



Windows 7 ベータでは、「コントロールパネル」→「プログラム」→「ガジェットをデスクトップに追加」をクリックして、ガジェット一覧パネルを表示します。



または、スタートボタンから「デスクトップ ガジェットギャラリー」をクリックしても同じです。Windows Vista から乗り換えた場合、戸惑うかも知れませんが、それは最初だけであり、使ってしまえばサイドバーの存在は無くても良かったと感じるかも知れません。



Windows Vista で、サイドバーに格納されたデスクトップガジェットが右です。 サイドバーがある事で、何となく定まった場所が存在する印象があり、それに縛られないのがデスクトップガジェットの良い所でもありますが、格納した状態では小さいサイズで表示されます。



サイドバーから取り外した状態が右です。ガジェットにもよりますが、サイドバーに格納されると縮小表示され、サイドバーから取り出すと、拡大表示されるか、より多くの情報を表示できるガジェットがあります。



Windows 7 ベータではサイドバーが存在しないので、常に拡大表示のままか・・ と思われましたが、新たに大きいサイズと小さいサイズを変更するボタンが追加されています。 つまり、Windows Vista でサイドバーに格納したサイズを、デスクトップの好きな場所で維持できます。 右は標準搭載のガジェット「スライドショー」を大きなサイズで設置した状態。



こちらは、同じく「スライドショー」を小さいサイズで設置した状態。つまり、Windows Vista で使っていたガジェットが、Windows 7 でも使えるとも限りません(おそらく制作者が対応すると予想しますが)。現時点では使えないものも多く存在しています。



あとは・・・センスが問われる事くらいでしょうか。サイドバーが存在する Windows Vista でもデスクトップの好きな所に設置できますが、サイドバーに格納してあれば、それなりに整頓された感じがします。格納される場所が無くなった事で、「定まった場所」が存在しないと言うか、お決まりのポジションが無いと言うか、配置にユーザーのセンスが問われます。



Windows サイドバーが無くなる事で、利用できない機能もありました。 Windows Vista では格納しきれないガジェットがある場合、サイドバー上部の「←」「→」ボタンをクリックする事で、表示しきれないガジェットを表示できました。 これは、ページ送りリンクみたいな役割ですが、Windows 7 では常に表示する、表示しないを決める必要があります。 ただし、インストールしたデスクトップガジェット一覧を活用する事で、表示の有無は簡単に変更でき、一覧表示の画面の存在が大きくなったと思われます。



右は Windows 7 ベータに初期状態で存在するガジェットと、Windows Media Center からインストールを勧められたガジェットです。この中で初めて見るガジェットは「Windows Media Center」となります。 地上デジタル放送に対応するものの、日本では特殊な販売方法となる Windows Vista TV Pack では、Windows Media Center 向けのガジェットが存在しているのかも知れませんが、Windows 7 ベータに付属するこのガジェットは、地上デジタル放送、地上アナログ放送のどちらにも対応していると思われます。



試しに地上アナログ放送を録画して、ガジェットを使って見ましたが、録画した番組のサムネイルがガジェットに表示され、クリックして詳細情報を参照するか、直接 Windows Media Center を起動して視聴するリンクとなります。録画した番組を視聴するまでのプロセスは簡素かされているのは確かです。



こちらはガジェット内で録画した番組の詳細情報を表示したスクリーンショット。 複数の番組を録画した時に便利なのであろうか?終了してしまう地上アナログ放送を Windows Media Centerで録画しても、 Windows Media Player で一覧表示してそのまま再生可能ですが、地上デジタル放送の場合は現時点でそうもいかないと思われます。 これは、Windows Vista TV Pack を利用した事が無いので不明です。



現時点では地上アナログ放送にも対応しているので、Windows Vista で公開される可能性もなきにしもあらず。 日本では、地上デジタル放送への対応が Windows Vista で曖昧な形となったゆえに、Windows 7 では期待して良いのか不明であり、不安でもあります。 考えられる事は、Windows 7 の登場時期には、まだ地上アナログ放送が存在しているので、再び曖昧な Windows Media Center となる可能性が高く、かと言って地上アナログ放送限定で利用できる Windows Media Center( 現在の Widows Vista 通常版 )を搭載してくるならば、ほとんどのユーザーにとって不必要なアプリケーションとなります。



Windows Vista のベータ版を使った時に、デスクトップガジェットに関しては、Windows Media Center 、Messenger 、他のテレビチューナー&キャプチャーを販売するメーカー製のガジェットが登場して対応を期待していました。 しかし、Windows Vista が発売されて 2 年経過する今、これらの管理人が勝手に期待した事は何も実現されていません。 ローカルデータと関連するガジェットより、インターネットから情報を取得してリアルタイムに表示する、または、インターネットへのアクセス窓口みたいな機能が主なのかも知れません。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項