MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 ベータの個人設定(デスクトップの背景、テーマ)


デスクトップの背景、ウインドウの色とデザイン、スクリーンセーバー、マウスポインター、画面の設定などは、Windows をインストールした初期状態から自由に変更可能で、これらの設定をする場所が「個人設定」と呼ばれています。 Windows7(ウインドウズ セブン) でもそれは継承されていますが、Windows Vista よりも見た目がシンプルになり、より理解しやすくなっていると感じました。



右が Windows Vista で、例えば、デスクトップの背景(壁紙の変更)を変更するために、デスクトップで右クリックして「個人設定」を左クリック、さらに、「デスクトップの背景」を左クリックする3段階となっています。



一方、Windows 7 では、デスクトップで右クリックして「個人設定」を左クリックすると、テーマの変更画面が開きます。 Windows Vista では「個人設定」のメニューに1画面を使っていましたが、それまでのメニューを左に、コントロールを右に表示する事で、メニューだけの画面を省略されています。つまり、個人設定の総合メニューでもあり、テーマを変更する画面でもあります。



先に上げた二つの画像は、正直なところ間違っています。Windows Vista の方では「デスクトップの背景」、Windows 7 では「テーマの変更」となっているため、背景を変更する画面はもう一回のクリックが必要になります。 管理人は「デスクトップの背景」と「テーマ」を混同してしまいがちですが、デスクトップの背景はテーマに含まれています。 背景を変更しただけでもテーマの変更となり、テーマには背景の他に、サウンド、フォント、ウインドウの色、画面の設定、スクリーンセーバー、マウスポインターも含みます( 右上画像は Windows Vista の「テーマの設定」)。

個人的には、Windows Vistaで頻繁に変更するのは壁紙だけかも知れません。Windows XP では、Windows Vista が登場してからメイリオフォントが公開されたので、多くの部分を変更してテーマを保存しますが、背景を変更しただけではテーマを保存する事はしない場合が多いと思います。 テーマの一部を変更しているにも関わらず、テーマに関しては馴染みがない感じでしょうか。



Windows 7 では、それまで複雑であったテーマを「積極的に使いなさい」と言われている感じがします。 そして、使ってみると非常に分かりやすく、使いやすいのに驚きました。 右の画面では、すでに背景を変更してあります。現在は「マイテーマ(1)」となっています。これは、背景の変更だけなので、保存はしていませんが、保存する事もできます。



もし、Windows 7 インストール初期状態に戻したいのであれば、「Windowsテーマ」の背景が1枚だけのテーマをクリックします。 さらに、デスクトップの背景を変更したければ、正式版ではどう表記されるか不明ですが、ベータの段階では「Desktop Background」をクリックします。



これで、Windows Vista で見慣れた「デスクトップの背景」が表示されます。 ただ、大きく異なるのは、それまでは一枚だけしか選べませんでしたが、Windows 7 では複数の背景を選択できます。



背景の表示方法は、それまで下段に並べて表示されていましたが、Windows 7 ではプルダウンメニューになります。



写真の中央をクリックすると、その写真が選択されますが、写真にポインターをのせて左上に表示されるチェックをクリックしていけば、複数の写真を選択できます。 「Change Picture every」で写真を切り換える時間を変更でき、「Shuffle(シャッフル)」にチェックを入れれば、切り替わる写真の順番がランダムになります。



ベータの段階でも、初期状態でいくつかの新しいテーマが選べました。 Windows 7 ではタスクバーの色も変更できます( Windows Vista では黒 )。これは、「Windows Color」と統一されています。 右は「Windowsテーマ」の「風景」を適用した画面です。



「Desktop Background」をクリックすると、テーマ「風景」には5つの写真が 30 分毎にランダム表示される事が分かります。 もちろん、ここで好きな写真だけをピックアップしても、全ての写真を選択しても良いでしょう。



テーマ「風景」を選択しても、写真を一枚だけに選択すれば、新しい「マイテーマ」が完成します。 背景の他に、「Windows Color」も変更されているのが分かると思います。「Windows Color」をクリックすると。



こちらで詳細設定ができます。そして、これらは最終的にテーマとして選択する事になります。 ベータの段階でデフォルトテーマを変更しているムービーは、以下で視聴できます。




「コンピューターの簡単操作テーマ」の中に「Windows クラシック」があります。これをクリックすると。



画面は暗くなり・・・



懐かしい Windows デスクトップとなります。Windows XP では好んで使っていましたが、Windows Vista では Windows Aero が無効になるので事実上、選択する事ができません。 Windows 7 でも、同じく Windows Aero による特殊操作が無効になってしまいます。



元に戻したければ、Windows テーマから一つ選んでクリックします。この操作感はとても自然で簡単です。「テーマ」を意識したデスクトップの背景とでも言いましょうか。



背景だけならともかく、Windows Color も変更すると、自分のデザインセンスを疑う事もあるでしょう。 そんな時は、「Get more Themes online(ネットでテーマを取得)」をクリックします。



こんなサイトが誕生していました。ここでは、テーマ以外にも単独の背景用写真、デスクトップガジェット、サイドショーガジェットをダウンロードできます。 最終的にどうなるかは不明ですが、すでに「自分で作ったアドオンを公開する」メニューもあるので、現在の Windows Live ギャラリーみたいなものかと思われます。

Windows7 ベータ PC の個人設定



好みのテーマをダウンロードします。



「開く」ボタンを左クリックします。



テーマ「シン ピーチ(ワシントン、米国)」を適用する事ができました。 一見すると、「写真」と「Windows Color」が変更されただけのテーマですが、今後はアイコンなども変更される複雑なテーマが登場するのかも知れません(登場しないかも知れません)。



テーマを保存するのも削除するのも自由です。削除する場合は、そのテーマ以外を選び、削除するテーマを右クリックして「テーマの削除(D)」を左クリックします。



「はい(Y)」ボタンを左クリックすると、削除完了です。次は同サイトから背景をダウンロードして適用する方法と、Windows Live フォトギャラリー、Windows Live SkyDrive 、フォトアルバムを含めた背景の管理方法を紹介します。 複数の背景を切り換えられるのは Windows 7 となりますが、管理する方法は他の Windows でも使えます。また、他の Windows でも、標準機能ではありませんが、背景を切り換えるアプリケーションは存在しています。

関連情報:背景を自動で変更するアプリケーション




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項