MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 ベータ ISO ファイルを DVD-R に焼く


前回 、ダウンロードした Windows7(ウインドウズ セブン) ベータを、 DVD-R に焼きます(書き込む)。と、その前に、ダウンロード完了画面がこちら。前回の日記はダウンロード中に更新しました。 通信回線が遅いので、2 時間ほどかかってしまいましたが、20 分で終了する環境もあるようです。 パソコン系のニュースサイトでは、ダウンロードを要求するユーザーが殺到して、一時的に配布を中止していた模様。 ただ、日本なのか海外なのかは不明です。ダウンロードが完了したら、「ダウンロードマネージャ」を閉じます。



完了しているのなら、「はい」ボタンを左クリックします。



デスクトップにアイコンが表示されています。これが、ダウンロードしたファイルですが、Windows インストール初期状態では、拡張子「.iso」は表示されません。 また、アイコンも環境により異なります。このファイルをダブルクリックして、Windows 7 ベータをインストールする事はできません。 空の DVD-R を一枚用意して、そこにイメージとして書き込みます。データとしてそのまま書いてしまうと、パソコン起動時に DVD-R からブート(起動)できません。

7000.0.081212-1400_client_ja-jp_Ultimate-GB1CULFRE_JA_DVD.iso


前回、管理人がISOファイルを焼いたのは、2006 年の Windows Vista(ウインドウズビスタ)ベータの時。 つまり、ライティングソフトの使い方は不明です。光学式ドライブに付属されているライティングソフトを起動して、音楽ファイルとしてダウンロードしたファイルを焼きます。 ライティングソフトによっては、イメージを焼く選択が表示されるかも知れません。



書き込み完了。ライティングソフトを閉じます。



焼いた DVD-R をドライブに入れ直して、デスクトップでこんな画面が表示されれば成功です(もちろん、このままインストールを進めては駄目です。これは普段インストールするアプリケーションとは異なり、パソコンを使いやすくするための OS オペレーティングシステムです)。ただし、Windowsの設定によっては自動起動しないかも知れません。そこで、エクスプローラーで確認してみましょう。



エクスプローラーで DVD-R を開いて、右の様にフォルダーやファイル群が表示されれば成功です。もし、ここに ISO ファイルが一つ存在するならば失敗です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項