MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

インストール用 USB / DVD の作り方
 Windows 10 期間限定 無料アップグレード


先日、Windows 10 無料アップグレードの有効期限が 1ヶ月を切ったので、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) と Windows 8.1 Update にアップグレードを実行しました。このページでは、Windows 10 が壊れたときの再インストールに備え、インストール メディアを作成します。簡単かつ適切に作るには、インストールメディアを使う可能性がある PC で作業します。

最初にメディア作成ツール(Media Creation Tool)をダウンロードします。このツールは Windows 10 へアップグレードする機能と、インストールメディアを作る、あるいは、ISO ファイルをダウンロードする機能があり、前者は「Get Windows 10(GWX)」に対応していない PC をアップグレードするために使います。 このページでは後者の機能を使用します。

インストール メディアの作成には、DVD-R か 4 GB 以上の USB メモリー(フラッシュドライブ)で、PC に適したインストール メディアを作ります。例えば、光学式ドライブ非搭載の PC(タブレットやラップトップ)には、インストール USB メモリーを作り、古いマザーボードで USB メモリーからの起動に対応していない場合は、インストール DVD を作ります。

1 つ作れば複数の PC で利用でき、Home と Pro の両方に対応しています。32 ビットと 64 ビットの両方に対応したメディアを作成する事も可能ですが、その場合はファイル容量が 6 GB 以上になります。ダウンロードした ISO ファイルの容量を確認すると、ビット数を指定すると 3.49 GB、両方を指定すると 6.24 GB になりました。

アップグレードを実行した PC が複数あった場合、各 PC のビット数を確認してください。PC にインストールされた Windows 10 のビット数を確認するには、左下にカーソルを移動して右クリック、メニューの「システム」をクリックします。あるいは、キーボードの「Windows」キーと「Pause」キーを同時に押します。

「システムの種類」の右に記されています。右のスクリーンショットでは「64 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ」とあるので、必要なインストールメディアは「64 ビット(x64)」版になります。


メディア作成ツールのダウンロード

1.公式サイトにアクセスして、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

Windows 10 のソフトウェアのダウンロード ページ

2.今回は Windows 10 に付属する Internet Explorer 11 でアクセスしています。情報バーの「保存(S)」の右「▼」ボタンをクリックして、さらに「名前を付けて保存(A)」をクリックします。


3.今回はデスクトップにダウンロードします。左のナビゲーション ウインドウの「デスクトップ」をクリックして、右下の「保存(S)」ボタンをクリックします。


インストール メディアの作成

1.デスクトップにダウンロードした「MediaCreationTool.exe」アイコンをダブルクリックします。Windows インストール初期状態では、拡張子の「.exe」は表示されませんが、今回の作業に支障はありません。


2.ちょっと待つ。


3.ライセンス条項を読み、納得できたならば「同意する(A)」ボタンをクリックします。納得できない場合は「拒否する(D)」ボタンをクリックして作業を中止します。同意しないとツールを利用できません。


4.ちょっと待つ、2 回目。


5.「他の PC 用にインストール メディアを作る」をクリックしてラジオボタンをチェック、「次へ(N)」ボタンをクリックします。なお、「Get Windows 10(GWX)」以外のアップグレード方法として、「この PC を今すぐアップグレードする」を選択できます。私は、SONY VAIO(VPCL119FJ/S)が GWX でアップグレードを拒否されたので、この方法でアップグレードを試みました(結果的には元に戻しましたが・・・)。


6.言語、エディション、アーキテクチャを選択します。Windows 10 にアップグレードした PC で実行している場合は、「この PC におすすめのオプションを使う」にチェックを入れて「次へ(N)」ボタンをクリックします。


チェックを外せば、言語とアーキテクチャを変更できます(ファイル容量も異なります)。このスクリーンショットは Windows 10 Pro で実行していますが、エディションは「Pro」でも「Home」でも無く「Windows 10」になっています。


インストール DVD を作る場合

1.まずは「ISO」ファイルをダウンロードします。「ISO ファイル」をクリックして「次へ(N)」ボタンをクリックします。


2.デスクトップにダウンロードします。左のナビゲーション ウインドウの「デスクトップ」をクリックして、右下の「保存(S)」ボタンをクリックします。


3.Windows 10 のダウンロード、ダウンロードの検証、メディアの作成と作業が進みます。これには少し時間が掛かるので、しばらくお待ちください。


4.ダウンロードが完了しました。「完了(F)」ボタンをクリックします。PC に Windows 10 を初めてインストールする場合(または別のエディションをインストールする場合)、Windows 10 プロダクト キーが必要になります。Windows 7 または Windows 8.1 からアップグレードする場合や、Windows 10 を再インストールする場合、プロダクト キーの入力は必要ありません。


5.デスクトップに「Windows.iso」ファイルがダウンロードできました。Windows インストール初期状態では、拡張子の「.exe」は表示されませんが、今回の作業に支障はありません。


6.ダウンロードしたファイルを右クリックして、「ディスク イメージの書き込み」をクリックします。


7.DVD-R を光学式ドライブにセットします。「書き込み後のデバイスの確認(V)」をクリックしてチェックを入れ、「書き込み(B)」ボタンをクリックします。


8.書き込み完了後、ディスクの確認に進みます。


インストール USB メモリー を作る場合

1.「USB フラッシュ ドライブ」をクリックして、PC に USB フラッシュ ドライブを接続します。「次へ(N)」ボタンをクリックします。


2.USB フラッシュ ドライブを選んでください。USB ドライブ上のファイルは削除されます。これらのファイルを残しておくには、別の保存場所にバックアップしてください。「次へ(N)」ボタンをクリックします。USB メモリーを事前にフォーマットする必要はありませんが、念のためエクスプローラーで確認してください。


3.Windows 10 のダウンロード、メディアの作成へと進みます。しばらくお待ちください。


4.USB フラッシュ ドライブの準備ができました。「完了(F)」ボタンをクリックします。


5.完成した USB メモリーをエクスプローラーで確認します。ドライブ名が「ESD-USB」となり、「setup.exe」が作成されています。


いずれの場合も、「完了(F)」ボタンをクリックすると、クリーンアップが実行されます。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項