MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 10:期間限定 前編
 無償アップグレードを利用した記録

Windows 10 Home / Windows 10 Pro


Microsoft 社の最新 OS Windows 10 が発売され、もう少しで 1 年になります。この 1 年間は、Windows 7 と Windows 8.1 を使っている PC で、Windows 10 に無料でアップグレードできます。 その期日が 2016 年 7 月 29 日(金)に迫っているので、遅ればせなが私もアップグレードに挑戦しました。このページでは、私が経験した Windows 10 無料アップグレードの様子を写真とスクリーンショットを交えて掲載します。

なお、アップグレードに失敗した SONY VAIO(VPCL119FJ/S)や、アップグレード後に動かなかったデバイスやアプリなどは、以下のリンク先に掲載しました。事前に動かないデバイスやアプリケーションを把握しており、Windows 10 のサポートを謳うデバイスを購入済みで実行しました。

Windows 10:期間限定 無償アップグレードに発生した問題

アップグレード方法

1.タスクバーの右にある「Get Windows 10(GWX)」アイコンをクリックします。あるいは、右クリックして「Windows10を入手する(G)」をクリックします。


2.環境や時期により表示される内容が異なるかも知れません。例えば右のスクリーンショットなら、「今すぐアップグレードする」右の「OK」ボタンをクリックします。

1ヵ月を切ったスクリーンショットは右で、残り日数が表示されています。メーカーに寄せられたであろう多くの苦情を考慮してか、「無償アップグレードを辞退する」が追加されています。肩を持つわけではありませんが、Aのスクリーンショットを見ると、「ここをクリックすると、アップグレード スケジュールを変更、またはアップグレードの予定をキャンセルできます」と最初から回避する方法が記されています。「今すぐアップグレード」ボタンをクリックします。

「申し訳ありませんが、この PC では Windows 10 を実行できません。」と表示された場合は、Windows 10 に対応していません。しかし、自己責任で WEB サイトから専用のファイルをダウンロードして、無料アップグレードを実行できます。私は SONY VAIO(VPCL119FJ/S)で実行しましたが、上手く設定できませんでした。「回復」で Windows 7 に戻しましたが、Windows 10 にした時に Giga Pocket Digital を削除したため、Windows 7 でアプリケーションの再インストールができず、システムをリカバリーすることになりました。Windows 7 は SP 1 しか公開されていないため、元に戻すのに丸 2 日掛かりました。自作パソコンならば、非対応のパーツを交換して対応できるかも知れません。

Windows 10 を入手する - www.microsoft.com

3.右の様に表示された場合は「今すぐアップグレード」ボタンをクリックします。


4.ダウンロードを開始しています。ダウンロードが完了すると、アップグレードを開始やスケジュールを設定できます。


5.Windows Update が動いているようですが、何もせず待ちましょう。


6.マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読み、納得したならば「同意する(A)」ボタンをクリックします。ちなみに、同意しないとアップグレードできません。


7.アップグレードの準備をしています。しばらくお待ちください。


8.私の環境では「知っておくべき重要なこと」と題して「Windows Media Center はアップグレード中にアンインストールされます。Windows 10 では利用できません。」と表示されました。「はい、わかりました(O)」ボタンを押します。もちろん、新しい TV チューナーカードを購入済みで、Windows Media Center 機能が削除される事を知っていましたが、「はい、わかりました(O)」ボタンを押すのは屈辱的でした。


9.あともう少しです。アップグレードの前に必要な処理がいくつかあります。このウインドウを閉じてください。処理が終了したら、次に行う操作をお知らせします。「閉じる(C)」ボタンをクリックします。


10.「アップグレードをインストールできます。作業を保存して PC の電源コードをコンセントに刺したままにして(差したまま)、電源もオンのままにしておいてください。アップグレードにはしばらく時間がかかる場合がありますが、完了しだいお知らせします。」ここでも「スケジュール」を設定可能ですが、今回は「今すぐアップグレードを開始」ボタンをクリックします。


11.Windows 10 の更新を構成しています。自動で再起動するので、何もせずに待ちましょう。


12.再起動後、Windows 10 のアップグレードが始まり、ファイルをコピーしている段階です。特に説明する事もありませんが、この作業は全体の 30 % ほどで終わり、2 回目の再起動へ続きます。

その後「機能とドライバーをインストールしています」へ作業がすすみ、全体の 75 % ほどで終わり、3 回目の再起動へ進みます。


13.残り 15 % は「設定を構成しています」です。


14.再起動もなく「Windows 10 にようこそ!」が表示されます。ここから個人設定なので、一つの例としてお読みください。アップグレード前に使用していたアカウントが表示されます。右下の「次へ」ボタンをクリックします。

もし、アップグレード前に使用していたアカウントと違う名前が表示されたら、左下の「○○ではありません」をクリックしますが、私は試した事が無いので説明できません。


15. Windows 10 の設定を Microsoft にお任せする「簡単設定を使う」か、各項目を自分で設定する「設定のカスタマイズ」のいずれかを選択します。簡単なのは「簡単設定」をクリックすることですが、画面に表示された内容を読みご自身で判断してください。

すぐに使い始めることができます。これからの設定はいつでも変更できます。「簡単設定を使う」を選択すると、次のようなことができます。

連絡先、カレンダーの詳細、その他の関連する入力データを Microsoft に送信して、音声認識、タイピング、手書きによる入力を個人用に設定します。候補と認識のプラットフォームを改善するために、Microsoft がこの情報を利用することを許可します。

Windows とアプリに、位置情報(場所の履歴を含む)の要求、[デバイスの検索]の有効か、広告識別子を使ったエクスペリエンスのカスタマイズを許可できます。Microsoft と信頼されたパートナーに位置情報データの一部を送信すると、位置情報サービスの改善につながります。

悪意のある Web コンテンツから保護します。また、Windows ブラウザーでページ予測を使って読み取りの改善、閲覧速度の向上、全体的な使用感の向上を図ります。閲覧データは Microsoft に送信されます。

推奨されるオープン ホット スポットや共有ネットワークに自動的に接続します。すべてのネットワークがセキュリティで保護されているとは限りません。

インターネットをしようして更新プログラムを取得し、更新プログラムをPCに送信することができます。エラーの詳細と診断情報をMicrosoftに送信できます。

友達とつながるために、アドレス帳の利用と自分の電話番号の確認を Skype に許可できます。SMS 料金が適用される場合があります。

Do Not Track はオフになりますが、ブラウザーの設定でオンにすることができます。

Windows 7 を使っていた人からすると、Windows 8.Windows 8.1、Windows 10 は、貴方の情報を今まで以上に欲しがります。その理由は、音声認識機能付きのアシスタント機能 Cortana(コルタナ)や、ストアアプリなどの新しい機能が追加されたことに起因すると思われます。利便性と危険性は反比例するため、情報を多く渡した方が便利になる反面、危険が増すかも知れません。

マイクロソフトの推奨は「簡単設定を使う」なのだと思われます。ボタンの位置からすると、本来は「次へ」と表示される場所に「簡単設定を使う(E)」とあります。

今回は、自分で設定する方法を試します。推奨されていないかのごとく、左下に小さい文字で「設定のカスタマイズ(C)」テキストがあるので、それをクリックします。安心してください。ここで設定する内容は、Windows 10 をインストールしてからでも変更可能です。次のページに続きます。


DSP版 Windows10 Home

DSP版 Windows10 Pro


Windows 10 Pro: アップグレードまたは購入
Microsoft Store 日本
icon




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項