MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

DV テープから Windows Live フォト ギャラリーで PC に取り込む 続編


前々回前回 と、Windows 7 Professional 64bit の環境にて、miniDV テープを使った古いビデオカメラと IEEE1394 ケーブルで PC と接続、Windows Live フォト ギャラリー の機能を利用して、パソコンにムービーを取り込みました(キャプチャーした)。この方法は、Windows Live フォト ギャラリーがインストールされていれば、Windows 7 、Windows Vista 、Windows XP でもやり方は同じです。前回は、miniDV テープに記録されたムービーを「ビデオの読み込み」で「ビデオ全体を読み込む(E)」を指定して取り込んだ結果、完成したファイルは複数の WMV ファイルとなりました。



これは、ビデオカメラで撮影時、撮影開始ボタンと終了ボタンを押したタイミングでファイルが分割されます。 撮影時点で編集を目的としていれば、このファイルの分割は素材として扱いやすく理に適っています。 しかし、単純に DV テープから DVD に移行する場合や、DV テープ一本に対して一つのファイルが作成された方が、パソコンに保管するには便利かも知れません。 前回は、Windows ムービー メーカーで分割されたファイルを時系列に並べて、一つのムービーファイルを作成しました。 これをパソコンに保管するのもよし、Windows DVD メーカー を使用して、家電 Blu-Ray プレイヤーや DVD プレイヤーでも再生可能な DVD-R を作成するのも良いでしょう。 「ビデオの読み込み」の時点で「ビデオ全体をDVDに書き込む(D)」を選択しても良いでしょう。 前回は、市販の DVD プレイヤーで再生可能なメディアを作成する場合と、元データとしてムービーをメディアに保管する場合のメリットとデメリットを説明しました。



今回は、どの様に保管するかは別として、取り込む方法の一つ「ビデオの一部を選択して読み込む」を選択してみます。 撮影したムービーのある部分だけ取り出して早急にムービーを編集したい場合、または、撮影した多くの部分は無駄と判断して、必要なところだけをパソコンに取り込むのに便利な手段となります。



IEEE1394 のケーブル接続方法と取り込み準備に関しては前回説明しました。 ビデオカメラの電源を ON にしても自動再生が表示されない場合は、自動再生の設定を変更します。以下のページを参照してください。


「自動再生」について 自動再生の変更方法:Windows 7


自動再生を使わなくても、Windows Live フォト ギャラリーを起動して、「ファイル」→「カメラまたはスキャナーからの読む込み(I)」をクリックしても同じです。



ケーブルが接続されており、ビデオカメラの電源がオンになっていれば、選択するべきデバイスが表示されるはずです。 そのビデオカメラをクリックして、「読む込み(M)」ボタンをクリックします。 また、この画面が表示されてからビデオカメラの電源をオンにした場合は、「最新の情報に更新(R)」ボタンをクリックします。



「ビデオの一部を選択して読む込む(P)」をクリックして、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



ビデオのコントロールボタンが表示されます。このボタンは、接続されたビデオカメラと同期しています。ここで巻き戻しや送りボタンを押して、再生してプレビューで取り込みたいムービーの位置まで移動します。「取り込み(I)」ボタンをクリックすると、キャプチャーが開始されます。



例として、管理人は右のスクリーンショットの画面からキャプチャーしたいと思います。「読み込み(I)」ボタンをクリックします。



プレビューでムービーを参照しながら、必要なムービーが終わったら「」「停止(S)」ボタンをクリックします。リアルタイムに時間がかかるのは、DVテープでは仕方の無い事です。



ムービーがキャプチャーされ、ファイルが作成されました。ファイルが作成される場所は、Windows Live フォト ギャラリーのオプションで指定します。 このやり方が、前回説明しました。



取り込んだファイルを Windows Media Player 12 で再生しているスクリーンショット。「ビデオ全体を読み込む(E)」を指定した場合、拡張子「.wmv」となっていましたが、「ビデオの一部を選択して読む込む(P)」を指定した場合は、拡張子「.avi」となっています。また、前者は複数のファイルに分割されましたが、後者は一つのファイルが作成されるだけです。



考えようによっては、テープを全てパソコンに取り込む場合でも、一つのファイルでまとめたいならば、「ビデオの一部を選択して読む込む(P)」を選択して、テープを先頭まで巻き戻し、キャプチャーを開始しても良いでしょう。



読む込み停止時の設定で、時間を指定できるので、キャプチャー中に席を離れても大丈夫です。



テープ全体をパソコンに取り込んでも、この方法ならばファイルが一つ完成するだけなので、Windows DVD メーカーの最大ファイル数を気にする必要がありません。 そのまま、Windows DVD メーカーにドラッグ&ドロップして、市販の DVD プレイヤーで再生可能な DVD-R を作成できます。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項