MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

DV テープから Windows Live フォト ギャラリーで PC に取り込む 前編


以前、VHS や Hi8 ビデオカメラで撮影したムービーを、コンピューターに取り込む方法を紹介しましたが、今回は、その後に普及した DV 方式を採用したビデオカメラで撮影したムービーをコンピューターに取り込む方法を紹介します。 今回使った機材は、IEEE1394(アイトリプルイー イチサンキュウヨン)ケーブルで出力するビデオカメラ、 Windows7(ウインドウズ セブン) がインストールされ、IEEE1394 入力に対応したコンピューター、ビデオカメラとコンピューターを接続する、IEEE1394 、iLink(アイリンク)、または、FireWire(ファイヤーワイヤー)ケーブル 1 本。 なお、DV テープには1時間分のムービーが記録されており、このデータをコンピューターに取り込むのに必要なハードディスクドライブの容量は 12 GB と少しとなりました。 これをどの様に保管すれば良いのか、考慮するべき事は取り込んでから説明します。つまり、実際に作業を行う前に、このページを一通り読んでからの方が無難です。



コンピューターに IEEE1394 端子が搭載されていない場合、取り込む方法はアナログの「映像」「音声(左・右)」のケーブルを使う事になります。 しかし、それを可能にするにはアナログのキャプチャーカードが必要になります。 IEEE1394 端子を装備したカードを購入した方が安上がりです。

IEEE1394カード



まずは、ビデオカメラとコンピューターを接続するケーブルを選択します。 管理人の環境では、ビデオカメラの出力端子は 4 ピン、コンピューター側の入力端子は 6 ピンでした。家電に近いパソコン(メーカー製パソコン)では、おそらく 4 ピン → 4 ピンが一般的かと思われます。 例えば、SONY の液晶一体型パソコンには、4ピンの iLink 端子しか搭載されていませんでした。管理人の場合はピン数が異なっているため、6ピン(PC) – 4ピン(カメラ)の IEEE1394 ケーブルを用意しました。 ちなみに、IEEE1394(標準規格)、iLink(ソニーの呼び方)、FireWire( Apple が開発 )、DV 端子(家電製品) は、名称が異なるものの同じものを指し、ここでは IEEE1394 で統一します。



写真左が 6 ピン、右が 4 ピンです。一般的にはコンピューターやビデオカメラには、IEEE1934 ポートがあったとしても、ケーブルは別売りになります。 現在主流のデジタルビデオカメラは、USB接続なので問題ありません。4ピン – 4 ピン のケーブルは、多くの量販店で購入できます。

IEEE1394 ケーブル



ビデオカメラとコンピューターを 6ピン – 4ピンの IEEE1394 ケーブルで接続したのが右の写真です。念のため、先に言っておく必要があるのですが、古いカメラなので、記録された映像は SD(標準画質)となります。標準画質と言っても、今では標準ではないと考えた方が良いでしょう。現在主流のデジタルビデオカメラが フルHD 1920 × 1080 に対して、SD の解像度は 720 × 420 となります。フルHDの下の HD でさえ、1280 × 720 なので、コンピューターに取り込んでも画質は期待できません。しかし、市販の DVD や Blu-Ray とは異なり、時代によって高画質となった映像を購入する事ができません。なぜならば、ビデオカメラで撮影したムービーは、はたから見れば価値がない場合が多いものの、自分にとっては大切な思い出だからです。



IEEE1934 の接続方法は USBと同じです。コンピューターを起動したまま抜き差しが可能となっています。ケーブルを接続したら、ビデオカメラの電源をオンにします。



Windows 7 では、新しいデバイスが認識されます。



しばらく待つと、デバイスを使用する準備ができます。このデバイスとは、IEEE1394ケーブルで接続されたビデオカメラの事です。



自動再生では「デジタル ビデオ デバイス」として認識されます。管理人の Windows 7 パソコンには、Windows Live フォトギャラリーと、Windows Media エンコーダ 9 シリーズがインストールされており、どちらも無料で配布されているアプリケーションです。ここでは、Windows Live フォトギャラリーからムービーをコンピューターに取り込んでみたいと思います。 Windows Live フォトギャラリーの機能を使用するので、これがインストールされていれば、Windows 7 、Windows Vista 、Windows XP でも操作は同じです。

Windows Live Photo Gallery

Windows Media エンコーダ 9 シリーズ インストール方法



先に、Windows Live フォトギャラリーを起動して、ビデオカメラが接続された時に、保管する場所を決定します。「ファイル(F)」をクリックして、「オプション(O)」をクリックします。オプションが開いたら、「読み込み」タブをクリックして、設定をビデオ カメラに変更します。初期状態では、ビデオ カメラからの取り込みは、「マイ ビデオ」に保管されます。これの正式なドレスは以下、

C:\Users\ユーザー名\Videos

保管場所を変更するには、「参照(B)」ボタンをクリックして指定します。最後に「OK」ボタンをクリックしてオプションを閉じます。今回は面倒なので、このまま「マイ ビデオ」に保管します。Windows 7 では、「マイ ビデオ」に保管されたデータは、エクスプローラーを開いた時に表示される「ライブラリ」の「ビデオ」で簡単にアクセスできます。今後、取り込んだデータをどの様に保管するかにより、他のドライブに撮りためた方が良い場合もありますが、いずれにしても後からデータは移動できます。



ビデオカメラの電源をオンにして、自動再生の Windows Live フォトギャラリーをクリックすると、「ビデオの読み込み」が表示されます。 ここからが、一般的な USB 接続のデジタルビデオカメラやデジカメと異なるところです。 取り込む方法は、「ビデオ全体を読み込む(E)」「ビデオの一部を選択して読み込む」「ビデオ全体をDVDに書き込む」の3種類です。 「ビデオ全体をDVDに書き込む」は、「ビデオ全体を読み込む(E)」「ビデオの一部を選択して読み込む」のいずれかを選択しても、後から Windows Live ムービー メーカーでの編集、Windows 7 の標準ライティング機能でデータとしてメディアに焼く(ネイティブデータをバックアップ)、または、Windows 7 に標準搭載された DVD メーカー で、家電 DVD デッキでも再生可能な DVD を作成するなど、選択肢は広がります。 とりあえず、DV テープをコンピューターに取り込むのが目的なので、ここでは「ビデオ全体を読み込む」をクリックします。 ビデオにふさわしい名前を入力しますが、この名前は後から変更できます。「次へ(N)」をクリックします。



取り込み作業は 3 段階に分かれます。まず、テープの巻き戻しが始まります。 ここからの作業は、ビデオカメラと連動するため、バッテリーではなく、AC アダプターから電力をビデオカメラに供給するのが無難です。 1 時間のテープをコンピューターに取り込むには、1時間以上かかるからです。



ビデオの取り込みが開始されます。プレビューと進捗情報が表示されます。プレビューは標準とワイドスクリーンを切り換えられます。



取り込み中でもワイドスクリーンの切り換えは可能ですが、これはプレビューなので、実際のデータには影響がありません。



1 時間 1 分 35 秒経過した様子。ビデオのファイルサイズは 12.42 GB となりました。 これが、SD 品質なので虚しいところです。



ビデオの取り込みが完了すると、ファイルの保存へと進みます。 この作業があるため、1 時間のテープをコンピューターに取り込むには、1 時間以上の時間を必要とする訳です。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項