MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ビデオ(動画)の編集 Windows Live ムービー メーカー AviUtl

 Windows XP 、Windows Vista 、Windows 7 は、初期状態で再生できるビデオの種類や編集環境が異なります。DVD 、MP4 、FLV を視聴したり、サムネイルを表示したり、MP4 、FLV ファイルを Windows Live ムービー メーカーやAviUtlで編集する環境を構築する事を目的したページです。


再生環境としては、Windows XP は初期状態で DVD を視聴できません。しかし、一般的にはドライブに付属する DVD 再生ソフトがインストールされているため、そのパソコンで DVD が視聴できない状況はまず無いと思われます。もちろん、市販DVDであって、地デジを録画した DVD などは、Blu-Ray ドライブと再生に対応したプレイヤーソフトが必須となります。ここでの DVD は、市販の DVD やアナログ放送の録画番組、または、デジタルビデオカメラのビデオを焼いたDVDです。



Windows7

Windows Vista 、 Windows7(ウインドウズ セブン) は、インストール初期状態で付属する Windows Media Player を利用して DVD を再生できます( Windows Vista Home Premium 、Windows Vista Ultimate 、Windows 7 Home Premium 、Windows 7 Professional 、Windows 7 Enterprise 、または Windows 7 Ultimate )。また、Windows 7は MPEG-4 AVC / H.264 に対応しているので、DivX などのコーデックで作成されたビデオは標準で再生できます。拡張子 MP4 や MOV などもそうですが、要するに映像と音声のコーデックに何が使われているのかが重要で、一概に拡張子だけで再生できるか否かを語る事はできません。



Windows XP で DVD 再生ソフトを所有していなくても、コーデックパックをインストールすると再生できます。もちろん、FLV ファイルや MPEG-4 AVC / H.264 の MOV 、MP4 、MPEG の再生とサムネイル表示も可能になります。Windows Vista 、Windows 7 でも、結局コーデックパックをインストールしてしまうのが一番簡単かも知れません。ただし、Windows 7 の場合は標準で MPEG-4 AVC / H.264 に対応しているので、いろいろこだわりがあるかも知れません。Windows XP でビデオの再生方法が全く分からない場合、コーデックパックをインストールする事をおすすめします。

コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版)前編

コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版)後編



Windows XP 、Windows Vista 、Windows 7 に対応した無償の Windows Live ムービー メーカーで扱えるビデオファイルは以下のヘルプの「Windows Live ムービー メーカーでどの種類のファイルを使用できますか? 」に掲載されています。Windows ムービー メーカーは OS によりバージョンが異なり、出力できる解像度も異なるので、ここでは無償の Windows Live ムービー メーカーを参考にします。

Windows Live ムービー メーカーのヘルプへようこそ



環境によって読み込めるファイルと読み込めないファイルがありますが、Windows Live ムービー メーカーでは、特にコーデックを指定する画面はありません。手っ取り早くいろんなファイルを読み込める様にするには、AviUtlと呼ばれる編集ソフトをダウンロードして、このソフトで読み込める環境を作ってしまう事でしょうか。もちろん、このソフトを使う必要はありませんが、このソフトで読み込める様に設定すれば、Windows Liveムービー メーカー、Windowsムービー メーカー、さらには、RealPlayer Converterでも出力可能になります(全部では無いと思いますが)。

RealPlayer(リアルプレーヤー)基本プレーヤーの初心者でも簡単なインストール方法

RealPlayer



Windows XP に付属する Windows ムービー メーカーは、HD( 720p や 1080p )での出力に非対応。Windows Vista に付属する Windows ムービー メーカーは HD 出力に対応していますが、フル HD は 1440 × 1080 ( 16:9 ) が最高となります。 Windows 7 には Windows ムービー メーカーが付属しませんが、Windows Live ムービー メーカーを無償でダウンロードでき、1980 × 1080 の出力に対応しています。さらに、Windows Live ムービー メーカーは、Windows XP 、Windows Vista でもダウンロードしてインストールすれば利用できます。

フルHDに対応したWindows Live ムービー メーカー 登場



流れとしては、コーデックパックをインストール、AviUtl ダウンロードして、DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl を設定します。それでも読み込めなければ、MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In や MP4Plugin をセットして、最後にコーデック DivX をインストールします( AviUtl の出力用)。もともと、Windows Live ムービー メーカーは、デジタル著作権管理 ( DRM ) で保護されているビデオおよび音楽ファイルは編集できないとあります。それ以外なら、FLV ファイル、MP4 ファイル、MOV ファイル、WMV ファイル、dvr-ms ファイル( Windows Media Center で録画したアナログ放送 )を読み込めるはずです。



まずはコーデックパックをインストールしましょう。インストール方法を掲載したページは先に掲載した コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版) です。



次に、「AviUtlのお部屋」にアクセスして、最新の AviUtl をデスクトップにダウンロードします。ダウンロードしたら、右クリック→「すべて展開」をクリックして解凍します。Windows XP インストール初期状態では解凍できません。解凍方法はいくつかありますが、ちとら氏の「Lhaz」で解凍する方法を紹介します。

AviUtlのお部屋

圧縮ファィルの解凍方法 .zip .lzh



解凍したフォルダーを、C ドライブの「Program Files」に移動します。64 ビット版 Windows では、「Program Files(×86)」に移動します。



「Program Files」に追加するには、管理者権限が必要になります。



移動が完了したスクリーンショット。このフォルダー内にある実行ファイル「aviutl.exe(インストール初期状態では拡張子は表示されません)」をダブルクリックすることで、aviutl を起動できますが、ショートカットアイコンをスタートパネルやデスクトップに作成しておくと便利です(利用するならば)。



次に、DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl をデスクトップにダウンロードして解凍します。今度はlzhで圧縮されていますが、Windows XP と Windows Vista では、インストール初期状態で解凍できません。先に掲載した圧縮ファイルの解凍方法を参照して下さい。Windows 7 は右クリックで展開できます。

DirectShow File Reader

解凍したフォルダー内の「ds_input.aui」を、AviUtl と同じフォルダーに移動します。



「aviutl」を起動して、上部メニューの「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」を左クリックします。



最大画像サイズを幅 1920 高さ 1080 に変更( フル HD 動画を読み込む場合にそなえて )。リサイズ設定の解像度リストに「1920×1080,1280×720,」を追加します。この作業は今の所 SD 画質しか扱わないので関係ありません。「OK」ボタンを左クリックします。 例えば、管理人は Windows Media エンコーダーでスクリーンキャプチャーした WMV ファイルを扱います。この場合、画面の解像度が 1920 × 1200 なので、最大画像サイズは幅 1920 、高さ 1080 に設定して、リサイズ設定の解像度に「1920×1200,1920×1080,1280×720」を加えています。gigashot A40F で撮影したフル HD ビデオや、CASIO EXILIM EX-Z300 で撮影した 1280 × 720 も扱うので、1920 × 1080 と 1280 × 720 を追加しています。 AviUtl は、ダブルクリックしてインストールするのではなく、ダウンロードした圧縮フォルダーを解凍すると、その中に実行ファイルが存在します。 これらの設定方法は以下のページに掲載しています。

AviutlでMPEG2とMP4を編集する



最後に DivX をダウンロードしてインストールします。1920 × 1080 で出力する方法が DivX でしたが、Windows Live ムービー メーカーでは 1920 × 1080 で出力可能になりました。インストール後、AviUtl を再起動してビデオが読み込めるか確認します。

DivX8 登場とインストール方法

コーデックパックをインストールすれば、DivX を使ったビデオも視聴でき、Windows 7 では標準で対応しています。今回は、AviUtl で出力するために、これをインストールします。 コーデックパックを後からインストールすると、手動でインストールした DivX は削除されます(コーデックパックのバージョンアップや再インストールで起こる)。そしたら、再び新しいバージョンの DivX をダウンロードしてインストールします。 コーデックパックをインストールする時に、重複するコーデックを削除するかしないかを決定できますが、英語の表示なので微妙です。削除しても、後からインストールすれば良いだけの話です。



以上でお望みのビデオを AviUtl や Windows Liveムービー メーカーで読み込めたでしょうか?正直な話ですが、管理人は記憶にございません。Windows 7 は状況が有利らしく、Windows XP は状況が不利な用です。ならば、不利な方にあわせて話しを進めましょう。



MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In

MPEG を読み込むためのプラグインです。公式サイトにアクセスしてデスクトップにダウンロードします。Lzh 形式なので解凍します。「m2v.vfp」と「m2vconf.exe」を、AviUtl と同じフォルダーに移動します。インストール方法は以下を参照してください。

MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In

AviutlでMPEG2とMP4を編集する



MP4Plugin

MP4 ファイルを読み込むプラグインです。Rar 形式で圧縮されています。これを解凍するには、どの OS も「Lhaz」を使って解凍しましょう。こちらのインストール方法も以下のページにあります。

AviutlでMPEG2とMP4を編集する



FLV File Reader

FLV ファイルを読み込むためのプラグイン。これだけをインストールした場合、おそらく DirectShow File Reader が関係して編集が可能になると思われますが、念のためコーデック VP6 をインストールしておきましょう。

FLV File Reader

Video Codecs > VP6 download



解凍したフォルダー内の「flvinput.aum」を「flvinput.aui」に拡張子を変更して、AviUtl と同じフォルダーに移動します。AviUtl を再起動します。



最終設定

最後に、AviUtl の「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグイン優先度の設定」をクリックします。



DirectShow File Reader が、MPEG-2 VIDEO Plug-In 、MP4 File Reader 、FLV File Readerより下に位置する様に、「下に移動」「上に移動」ボタンを使って調節して、「OK」ボタンをクリックします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項