MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows7 で Nvidia Shadowplay による画面キャプチャーは 3.8GB を超えると分割される問題

 Windows7 で Nvidia Shadowplay を使用して長時間の画面キャプチャーを実行すると、3.8GB でファイルが分割されて保存されました。可変ビットレートを固定ビットレートに変換しないと音ズレが発生するので、動画編集ソフトで分割されたファイルを繋ぐのに時間が掛かります。そこで音声・動画を統合するツール「UniteMovie」を使ってみました。


北米で 2001 年に発売、2002 年に日本語版が発売された RTS(リアルタイムストラテジー)ゲーム『 エンパイア・アース(Empire Earth) 』で遊ぶために Windows 7 Professional 64bit 版をインストールしました。グラフィックスカードは GeForce GTX 950なので、Windows Aeroが有効にできる環境であれば、画面キャプチャーに Nvidia Shadowplay(エヌヴィディア シャドウプレイ)が使用できます。ランダムマップの極小で遊び、2 時間 9 分ほどキャプチャーした結果が以下です。

普段は Windows 10 Professional 64bit 版で Nvidia Shadowplay を使用しているため、ビデオが分割されているのに驚きました。ファイル名は「Empire Earth 2019.10.02 - 20.50.13.08.mp4」「Empire Earth 2019.10.02 - 20.50.13.08_1.mp4」「Empire Earth 2019.10.02 - 20.50.13.08_2.mp4」となっており、最初のファイルはゲームタイトル「Empire Earth」の次に録画日時「2019.10.02 - 20.50.13.08」となっていますが、二個目からは「_1」「_2」の番号が付加されています。各ファイルの内容は以下です。

1.Empire Earth 2019.10.02 - 20.50.13.08.mp4
サイズ:3.80 GB (4,087,395,000 バイト)
- ビデオ -
長さ:00:54:05
解像度:1920×1080
データ速度:9875kbps
総ビットレート:10071kbps
フレーム率:60fps

- オーディオ -
ビットレート:196kbps
チャンネル:2(ステレオ)
オーディオサンプルレート:48.000kHz
1.Empire Earth 2019.10.02 - 20.50.13.08_1.mp4
サイズ:3.80 GB (4,088,128,145 バイト)
- ビデオ -
長さ:00:53:32
解像度:1920×1080
データ速度:9977kbps
総ビットレート:10173kbps
フレーム率:60fps

オーディオ
ビットレート:195kbps
チャンネル:2(ステレオ)
オーディオサンプルレート:48.000kHz
2.Empire Earth 2019.10.02 - 20.50.13.08_2.mp4
サイズ:847 MB (888,260,008 バイト)

- ビデオ -
長さ:00:12:31
解像度:1920×1080
データ速度:9261kbps
総ビットレート:9457kbps
フレーム率:60fps

- オーディオ -
ビットレート:195kbps
チャンネル:2(ステレオ)
オーディオサンプルレート:48.000kHz

ファイルサイズ 3.8GB くらいで分割されていて、Nvidia Shadowplay のビットレートの設定により分割される時間は異なると思われます。Windows8 からは 3.8GB を超えるキャプチャーも、一つのファイルで保管されます。 なお、分割されたファイルはロスが無いと思われ、たまたま話しているシーンでファイルが分割されていますが、言葉が抜けている、つまり足りないシーンはありませんでした。これは分割する際のハードウェアの性能、PC への負荷の掛かり方により異なるのかも知れません。

であるならば、分割されたファイルをビデオ編集ソフトで繋げてエンコードすれば良いのですが、Nvidia Shadowplayでキャプチャーされたファイルは、容量増大を抑えるために可変ビットレートで記録されています。これをそのまま編集すると音ズレが発生するため、「HandBrake」などの無料ソフトで固定ビットレート(Constant Framerate)に変換する必要があります。この時、クオリティーを維持するために「Lossless」でエンコードすると 3.8GB の元データが 7.33GB に膨れ上がり、古い PC を使用しているためエンコードに 2 時間ほど掛かりました。

今回の三分割されたファイルを全て固定ビットレートに変換するのに、合計 4 時間 30 分ほど掛かりました。それをビデオ編集ソフトの「AviUtl」で繋げて、拡張 x246 でエンコードすると11時間ほど掛かります。これは堪らないということで、何か良い方法は無いものかと探した結果、動画・音声ファイル統合ツールの「UniteMovie(ユナイトムービー)」です。Zip ファイルをダウンロードして展開すれば、インストール不要で使用できます。

展開したフォルダー内の「unitemovie.exe」をダブルクリックして起動します。起動したら空白の部分に分割されたファイルをドラッグ&ドロップします。幸い Nvidia Shadowplay で分割されたファイルには、ファイル名に番号が付加されているため、順番通り上から並びます。

「保存先」をクリックして、「ファイル指定」をクリック、保存する場所を指定して、ファイル名を入力します。拡張子が表示されない場合は拡張子も入力します。Nvidia Shadowplay で記録したファイルは「.mp4」とあるので、それを入力したのが上のスクリーンショットです。ファイルが完成してから名前変更で拡張子を付けても問題ありませんでした。

「test.mp4」の部分が結合して完成すると思われるファイル名と拡張子になります。保険をうって元ファイルとは別に統合ファイルを生成することをおすすめします。「統合」ボタンをクリックして、「統合してもよろしいですか?」と表示されたら「OK」ボタンをクリックします。

エンコードではなく結合しているためか、CPU使用率よりハードディスクドライブが忙しく動きます。「unitemovie.exe」が「(応答なし)」と表示されますが、YouTube のビデオを見ながら待ちました。物は試しで HandBrake で固定ビットレートにエンコードしたファイルではなく、Nvidia Shadowplay で作られた可変ビットレートの元ファイル 3 つの結合を試みました。

「統合が完了しました。」と表示されたら「OK」ボタンをクリックします。私の古い PC で合計 8.44 GB のファイル(2時間9分)を結合するのに掛かった時間は30分ほどでした。

完成した「test.mp4」のファイルサイズは 8.44 GB (9,063,928,282 バイト) で、ビデオの長さは 02:00:09 になりました。再生して確認したところ、音ズレは無く、繋ぎ目に違和感もありませんでした。

YouTube にアップロードしたところ「画質/音質:このファイルの音声形式を認識できませんが、このまま処理を続けます。推奨形式について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。」と表示されました。「UniteMovie」で統合したビデオファイルの音声コーデックは「AAC」で、アップロードは完了するものの処理中が 0% のまま1時間ほど待たされました。しかし、無事にアップロードが完了して音声も問題無く再生されました。


Windows 7 Professional 64bit + Nvidia Shadowplay でキャプチャーした 2 時間 9 分の分割されたビデオファイルを、「UniteMovie」ツールで統合して YouTube にアップロードしたのが上のビデオです。 繋ぎ目は 54:05、01:07:37 辺りで、違和感がないことを確認できます(音ズレも無し)。

05 エンパイア・アース(Empire Earth) - YouTbue

YouTube ヘルプを参照すると、HDR 動画でフルHD 1080p 60fps の最適なビットレートは 15Mbps とあります。私の Nvidia Shadowplay の設定は、解像度 1920 × 1080 60FPS ビットレート 10Mbps(最低ビットレート)なので、YouTube にアップロードするビデオとしてオーバースペックではありませんが、時間が2時間9分と長く、ファイルサイズが 8.44 GB だったため、処理に時間が掛かったと思われます。

とにかく可変ビットレートを固定ビットレートに変換する「HandBrake」の作業時間 4 時間 30 分と、それを繋ぎ合わす AviUtl のエンコード作業時間 11 時間、合計 15 時間 30 分の作業時間をたった 30 分で終わらせてくれるツール「UniteMovie」の存在は絶大なのであります。

動画・音声ファイル統合ツールの「UniteMovie」



戻る 一覧表示 次へ


ベイカー街 221B 間取り

ホームズの冒険 Bly-Ray

“シャーロック・ホームズ”が活躍する、アーサー・コナン・ドイル原作による名作探偵TVドラマの BOX。腕利きの名探偵、シャーロック・ホームズとその相棒、ジョン・H・ワトスン博士の華麗な推理劇を描く。全 41 話を収録。12 枚組。特製ブックレット封入。

ベイカー街の地図

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズに登場する『BAKER STREET』のセットは、1890 年代を想定してマンチェスターのキャッスルフィールドに建設されました。郵便局、家具店、果物屋、ワイン店、仕立屋、本屋、宝石店、床屋、不動産屋、葬儀屋などが作られ、突き当たりのリージェント・パークは、立地的に高い建物が映り込むのを防ぐ苦肉の策です。最初のラフスケッチからセット完成まで、1982 年の 1 月から 5 月とあります。いくつかのセットは屋内も作られており、221B、床屋、本屋、家具屋、煙草屋は、室内での撮影もあります。

ベイカーストリートの地図:グラナダTV『シャーロック・ホームズの冒険

シャーロック・ホームズ大図鑑 大型本

コナン・ドイルによる正典60作品の内容を、オールカラーの図解・写真入りで紹介。

シャーロック・ホームズ 完全ナビ

正典からBBCドラマ「SHERLOCK」まで、名探偵ホームズをこれから知りたい、もっと知りたいファンたちへ送る。

Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項