MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

VHS ビデオテープからパソコンへ動画を取り込む方法

 撮りためた VHS ビデオテープ。ヘッドが消耗するため、VHS ビデオデッキを買い替える。しかし、テープも消耗品のため限界に近づいています。ならばパソコンへ移動するべきか?キャプチャーカードに付属するメーカーアプリケーションの外部入力を使ってキャプチャーしてみました。


今となっては扱いが難しくなってしまった VHS ビデオテープ。保管するための場所は取るし、視聴時の早送り、巻き戻しなど、テープを利用しているデメリットが目立ちます。 そして、再生するビデオデッキのヘッドは消耗品ではあるため、いずれ再生する環境も危うくなります。

管理人はかさばる VHS をやめ、SONY の Hi8 ビデオデッキで録画していましたが、今回はこれをパソコンに取り込んでみます。やり方は VHS でも同じです。

VHSからHi8ビデオデッキに乗り換えた管理人



使用するのは 94 年製造の SONY EV-S1100NTSC 。ヘッドも限界ですが、テープを出し入れする部分が故障しているため、ケースを開けた状態で使用します。つまり、ここ数年は再生させていませんでした。

VHS で保管している場合はまだデッキが販売されているので大丈夫ですね。取り込む本数が多い場合はそれだけでヘッドを消耗するかも知れません。取り込むためだけに専用のビデオデッキを購入しても良いでしょう。たぶん、デッキが先に壊れて、VHS テープを捨てようがなく保管しているユーザーも多いかもしれません。とりあえずパソコンに取り込むには再生するデッキが必要です。

VHS / Hi8 ビデオデッキ



パソコン側は キャプチャーカード 、または、キャプチャーユニットが必要となります。パソコンでテレビ録画が可能な状態であれば、すでに取り込む環境は整っているかもしれません。キャプチャーカード、または、ユニットに必要な入力端子は、映像(黄色)、音声左(白)、音声右(赤)のコンポジット端子です。つまり、テレビキャプチャーカードの外部入力を使います。 今回は I-O DATA の GV-MVP/RX3 を使います。



必要なケーブルは右。映像(黄色)に関しては、ビデオデッキとキャプチャーカードが S 端子出力/入力に対応していれば、そちらを利用しても構いません。

AVケーブルicon



まずはビデオデッキの出力、映像(黄色)、音声左(白)、音声右(赤)にケーブルを接続します。



ビデオデッキが外部入力可能な場合は、入力と出力端子があります。パソコンへ取り込む場合は、ビデオデッキから映像と音声を出力させるので、必ず出力端子に接続しましょう。



キャプチャーカードの入力端子、映像(黄色)、音声左(白)、音声右(赤)を接続します。これでビデオデッキからの映像と音声をキャプチャーカードから入力する準備が整いました。



キャプチャーカードに付属するアプリケーションの外部入力で録画する

ここからは、キャプチャーカードに付属するメーカーアプリケーションを利用します。いくつかやり方があると思いますが、これが一番簡単な方法です。メーカーアプリケーションを利用するため、OS が対応してい必要があります。

たとえば、管理人は Windows XP の環境で利用していた、GV-MVP/RX3 を、Windows Vista(ウインドウズビスタ)で利用します。テレビの視聴や録画では付属するアプリケーション「mAgicTV」が対応したとはいえ、UAC を切った環境でないとまともに利用できません。しかし、外部入力を利用する分には全く問題ありません。



この方法が最も簡単な理由は、テレビ録画と同じ仕組みなので、生成されるファイル形式も同じです。ゆえに、コンピュータに取り込んだ動画を変換、圧縮する作業も、普段の操作と変わりありません。

テレビ録画と同じで、録画品質を選びます。基本的にはテレビ録画で使っている品質でいいと思いますが、ビットレートを上げて、少しでも良い品質で録画するのもいいかも。ただ、デッキのヘッドとテープの消耗具合で無意味になってしまうかも知れません。分からない場合はデフォルトでいいと思います。ちなみに、mAgicTV の初期状態では、6 Mbps で録画します。



入力切り替え(外部入力)に変更します。



ビデオデッキの再生ボタンを押し、mAgicTV で録画を実行します。もちろんですが、テープの時間と同じ作業時間を必要とします。録画を停止して、ビデオデッキの再生を停止します。これで、パソコンにビデオが取り込まれました。ファイルの容量が大きくなるので、2 時間テープに 3 倍の 6 時間を記録してあるのなら、1 時間や 2 時間ごとに分けてキャプチャーした方が良いでしょう。



ファイル形式はキャプチャーカードに依存します。mAgicTV では、mpg( MPEG2 )で録画されます。再生するには mAgicTV で可能ですが、Windows Media Player などで再生するには、DVD ドライブなどに付属する、もしくは市販の DVD プレイヤーソフトのインストールが必要になります。インストールする理由は、MPEG-2 Decoder が重要で、プレイヤー自体を必要としません。また、再生するだけではなく、取り込んだ動画を Windows ムービー メーカーや、その他の動画編集ソフトに取り込むにも MPEG-2 Decoder が必要です。



圧縮

録画したファイルは 1 時間で 6 GB ほど。これは、mAgicTV の設定で変化します。ファイル容量を少なくすることもできますが、取り込み時点で画質が劣化します。しかし、ファイル容量を多くしても、元ソースが VHS ビデオテープなので無意味なるかも知れません。何度か 1 時間ほどキャプチャーして、一番適していると思われる画質を探して下さい。



さて、VHS テープからコンピュータに取り込んだのはいいですが、ここからこの動画をどの様に保管するかです。これに関しては考えれば考えるほど虚しいかも知れません。DVD に記録して、家電の DVD プレイヤーで再生させるには、オーサリングソフトが必要になります。GV-MVP/RX3 には、Windows Vista に対応した(アップデート必須)、CyberLink Power Producer 3 が付属するので、mAgicTV テレビガイドからファイルを指定して、Power Producer 3 へ読み込ます事ができます。



CyberLink Power Producer 3 は、キャプチャーカード「GV-MVP/RX3」に付属するソフトですが、無料なわけではなく OEM ライセンスで付属します。これに関しては市販のアプリケーションなので説明は省略します。



Windows ムービー メーカーで圧縮する場合は、以下を参照して下さい。ファイル形式は wmv となり、avi での出力できますが、ファイル容量は大きくなります。今回テストで取り込んだビデオファイルが、1 時間 6 GB となり、「Windows Media DVD の品質(3.0Mbps)」でエンコードした結果、1.2 GB の wmv ファイルが完成しました。ファイル容量をさらに小さくできますが、画質も悪くなります。どれくらいに圧縮するかは、ビデオテープから取り込んだビデオをどの様に扱うか、または、保管するかにもよります。たとえば、 ハードディスクドライブ に保管し続けるのならば、500 GB のハードディスクドライブに約 400 時間、VHS の標準録画2時間を取り込んで圧縮した場合、約 208 本保管する事ができます。Windows Vista の Windows Media Plyaer や、Windows Media Center でライブラリを作成すれば、サムネイル表示で扱いやすくなります。

Windows ムービー メーカーでCMをカットする



DivX などのコーデックを用いて圧縮する場合は、以下を参照して下さい。

1.DivX で m2p 、MPEG1 、MPEG2 、dvr-ms ファィルを編集する方法



120 分 VHS テープの標準録画からコンピュータに移動した 2 時間のビデオを、CD-R( 700 MB )ほどに変換するのであれば、1 万円ほどの 500 GB ハードディスクドライブに約714本( 500000 MB ÷ 700 MB )保管できます。Windows Vista のWindows Media Plyaer や、Windows Media Center でライブラリ表示させて管理するのも簡単です。しかし、 ハードディスクドライブ は消耗品のため、壊れる可能性もあります。そこでメディアに移動する事になりますが、同じくメディアも永久に保管できるものではなく、消耗品に変わりませんが、ハードディスクドライブより衝撃に強いと思われます。メディアに焼いた時点で、ハードディスクドライブに保管してある様な使い勝手はできません。ハードディスクドライブに保管しつつ、メディアにバックアップする環境が望ましいと思われます。



それ以上ある場合はどうするのか?また 1 万円前半の 500 GB ハードディスクドライブを購入すればさらに倍保管できます。 しかし、714 本の VHS テープをコンピュータに取り込むだけで 1028( 2 時間か × 714 本)時間、日にすると約 43 日間( 1028 時間 ÷ 1 日 24 時間 )を要します。さらに、2 時間おきに VHS テープを交換する必要があり、1 日 24 時間計算では無理です。毎晩 1 本の VHS テープをコンピュータに移動して、2 時間経過したらコンピュータをシャットダウンしたとすると、714 日( 1 年と 349 日 )かかります。



さらに、コンピュータに取り込んだビデオを 700 MB に圧縮する時間は別に必要です。管理人の環境では、1 時間 5 GB ほどで取り込んだビデオを 700 MB に圧縮するのに 20 分かかります( Intel Core2 Quad Q6600 2.4 GHz を 3 GHz にオーバークロックした環境)。2時間だと 40 分として、714 本のビデオテープを 500 GB に保管するとなると、エンコードで 28560 分( 476 時間 )必要です。

もちろん、管理人はこれを実行していません。数百本あったビデオテープのほとんどは捨てました。キリがありません。このまま保管しても、ヘッドは消耗品なので再生するデッキを買い替えなくてはなりません。そして、ビデオデッキもその内無くなるでしょう。ビデオテープも劣化します。 考えると・・・虚しい限りです。保管するのもほどほどに・・・



現在も Hi8 ビデオデッキは選択こそできませんが、購入する事は可能です。DV 入力/出力端子( i.LINK )装備しているので、メーカーアプリケーションを利用せず、Windows ムービー メーカーで直接取り込む事ができます。

DV入力/出力端子(i.LINK)装備 Hi8 ビデオデッキ一覧





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項