MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

6.DVDを再生してみる!!

 パソコンの画面を家電のテレビに表示して、キャプチャーした動画を大画面で観れる方法を掲載しています。


前回、 Windows上で画面を切り替える方法 で説明した内容が理解できれば、パソコンのDVDドライブを利用して家電のテレビで視聴する方法は理解できると思います。 とりあえず、パソコンのDVDドライブにDVDを挿入しましょう。



普段パソコンでDVDを視聴する方法と同じなので、何も説明する事はありません。。 DVDプレイヤーのメリットは、プレイビュー画面とコントローラ画面が別表示である事です。 プレイビュー画面を接続したテレビにドラッグ&ドロップで移動して、さらに最大表示にします。 コントローラ画面はパソコンのメイン画面に表示させておけば、チャプチャーや早送りなどの操作が簡単になります。



DVDはDVDプレイヤーで視聴すれば良いが、DivXで圧縮したAVIファイルや、WMVファイルを再生するには? これも簡単で、DVDプレイヤーにそれらのファイルをドラッグ&ドロップすれば再生する事が可能です。 コントロールは巻き戻しはできませんが、2倍速は対応しています(それ以外の倍速は不可能)。



この方法は単純にパソコンのモニタ出力を1つ増やしただけに過ぎません。 ゆえに、パソコンに必要なコーデックがインストールされ、再生させる環境が整っていれば、どんなものでもテレビに出力する事が可能です。



Windows Media Playreや、 キャプチャーカード に付属するプレイヤーも、テレビにドラッグ&ドロップすれば視聴は可能です(アナログ放送のみ)。 ただし、コントロール画面が独立していないため、全画面表示に切り替える作業に、解像度の低いテレビでマウス操作を必要とします。 また、デスクトップパソコンの場合はテレビとパソコンの位置が近くに無い場合が多いため、カーソルの位置を把握するのが大変です。 が、別に視聴できない事はありません。



Windows Media Playre などでテレビに出力する場合、操作に適していると思われるのは、「クローン」と呼ばれる表示モードです。 通常の表示は「シングル」で、モニタが2以上ある場合に「デュアルビュー」「スパン」「クローン」を選択できます。 クローンは、2つのモニタに同じ画面を表示させる事ができます。このモードではテレビに表示されたWindows Media Playerは、パソコンモニタにも同じ様に表示されます。 つまり、拡大表示などの操作をメインのモニタで違和感なく実行する事ができます。



しかし、この設定方法は説明が難しいです。 なぜならば、利用しているデバイスメーカーのアプリケーションに依存するからです。 同じメーカーでアプリケーションのバージョンによっても異なります。デバイスメーカーのアプリケーションにアクセスするには、「画面の設定」で「詳細設定(V)」を左クリックします。



ここからは一つの例になってしまいますが、例えばnVidiaの場合、自分のグラフィックスカードのチップセット名が表示されたタブを左クリックします。 左に開かれたメニューの「デスクトップの管理」を左クリックします。さらに「ディスプレイウィザード(Z)」を左クリックします。



セットアップウィザードが起動するので「次へ(N)」を左クリックします。



オプションの選択で、「カスタムセットアップ(C)」を左クリックして「次へ(N)」を左クリックします。



「クローン」を左クリックして「次へ(N)」を左クリックします。ウィザードを終了してクローンの設定が完了となります。



動画の視聴が終了したら

コンポジット端子などの配線は接続したままでも構いませんが、画面のプロパティの設定でテレビに割り当てられたモニタ「2」を左クリックして、「Windowsデスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする(E)」のチェックを外して「OK」を左クリックしましょう。 これを実行しないと、マウスのカーソルやデスクトップに開いたプロパティが行方不明になる可能性があります。



音声をコンポから出力すると快適かも

DVDはDVDデッキで視聴すれば良いのですが、 ハードディスクドライブ にあるTVキャプチャーした番組をすぐに再生できるので便利です。 しかし、 液晶ディスプレイ の大型化にともない、今ではほとんどパソコンのモニタで済ませてしまっています。

音声出力に関しては物理的なケーブル接続だけしか説明していませんが、基本的にパソコン側でコントロールする必要も無いと思われます。 コンポに接続した場合は、コンポのエフェクターを利用するも良し、テレビのリモコンで音量を操作するも良し。



Windows 7 + HDMI で外部出力して Blu-Ray を再生する

時代は DVD から Blu-Ray へと移行しつつあります。 DVD とは異なり、いろいろ制約があるものの、今のノートパソコンに Blu-Ray ドライブが搭載され、ビデオ機能もフルHDに対応した出力が可能なものが多くなりました。 これらの PC は、家電テレビと HMDI ケーブル一本で、映像と音声を外部出力できます。 Blu-Ray レコーダー、または、Blu-Ray プレイヤーがリビングに無くても、Blu-Ray ドライブを搭載したノート PC があれば、リビングの大型液晶テレビに出力して楽しめます。 なお、ノートパソコンに搭載された液晶ディスプレイの解像度がフルHDに対応していなくても、ビデオ機能の外部出力がフルHDに対応していれば大丈夫です。

NEC LaVie L LL750/B:全身ピンクの可愛いノートを家電テレビに接続して Blu-Ray を視聴




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項