MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

1.パソコン画面をテレビに出力させる方法

 パソコンを家電のテレビに接続する方法をご紹介します。テレビのサイズばかりに捕われがちですが、パソコンの画面を出力するには解像度が重量になります。


パソコンで利用するディスプレイは、パソコン専用ディスプレイだけとは限らず、家電テレビにも出力する事ができます。 問題は、家電テレビの解像度がパソコン用のディスプレイより低いため、出力しても画質が悪い状況でした。 ところが、地上アナログ放送から、地上デジタル放送へ移行するため、家電テレビもフル HD( 解像度 1920 × 1080 )が主流となり、サイズ的に考えると( 30 インチ以上の大型テレビ )、解像度は低いものの、パソコン専用ディスプレイでフル HD に満たない解像度であれば、家電テレビが逆転している事になります。



どんなメリットがある?

パソコンに DVD ドライブが搭載されているが、家電の DVD プレイヤーを持っていない。 パソコンに Blu-Ray(ブルーレイ)ドライブが搭載されているが、家電の Blu-Ray デッキを持っていない。 家電 Blu-Ray デッキは高価なので、パソコンに Blu-Ray を組み込み家電テレビで利用したい。 パソコンにキャプチャーしたテレビ番組を家電のテレビで視聴したい。 DivX などの高解像度圧縮したビデオを家電のテレビで視聴したい。 パソコン用ディスプレイを購入せず、家電テレビで間に合わせたい。



解像度と画面サイズ

パソコンと家電テレビを接続する理由に、動画を大型画面で視聴するのが目的するユーザーが多いでしょう。パソコン用ディスプレイを購入せずに、家電テレビで間に合わすと考えるならば、条件が合えばそれも可能であるものの、あまり現実的ではないかも知れません(パソコン用ディスプレイに TV チューナーが搭載されたものを購入すれば良いかも)。



テレビ画面サイズ、液晶画面サイズ、モニター画面サイズなど、物理的な描画する画面のサイズの大きさと、そのパソコンが出力可能な解像度を簡単に理解してみましょう。画面サイズが大きくなれば、パソコンの作業面積が大きくなるかと言えば、実はそうではありません。 例えば、右は解像度 1980 × 1200 で出力したデスクトップ画面です。これを表示できるパソコン用ディスプレイは沢山ありますが、物理的な画面サイズに依存するものではありません。簡単に言えば、ノートパソコンの 17 インチワイドで表示した場合は、アイコンなどのサイズが小さく見え、42 インチの家電テレビに出力した場合は、アイコンなどのサイズが大きく見えます。



50 センチ × 50 センチのコーヒーテーブルの上に、ノートと鉛筆が置いてあると想像して下さい。1 メートル × 1 メートルのダイニングテーブルに買い替えた場合は、その上に置けるノートや鉛筆の量が増える事になります。これは、作業可能な面積が増えるので、より便利になる事を意味します。解像度は、作業面積を表し、50 センチ × 50 センチのコーヒーテーブルの作業面積が 1980 × 1080( フル HD )だと仮定します。 作業面積が 1980 × 1080( フル HD )の 1 メートル × 1 メートルのダイニングテーブルに買い替えたとしても、作業面積は変わらないのです。簡単に言えば、コーヒーテーブルの上のノートと鉛筆のサイズが、ダイニングテーブルでは大きく表示されるだけで、より多くのノートや鉛筆を置けるスペースが増える訳ではありません。



つまり、大画面に出力するメリットは、映画やテレビ番組を視聴するなど、動画に関連したものを視聴する事にあります(大きな画面の方が、迫力がある)。または、一人で作業するのではなく、家族で話し合いながら作業する場合、例えば、年賀状の作成。家族であれがいい、これがいいと写真を検討したり、ワードで文面を検討したり、多くの人が同じものを見る作業には適しています(検討段階ですが、プレゼンテーションに近い作業内容)。



今ではほとんどのビデオカードに搭載されたコンポジット、もしくは、S 端子を利用して画面を出力する方法は、パソコン側で再生させるアプリケーションに依存しません。 キャプチャーカード に付属するアプリケーションや、Windows Media Player(ウインドウズ メディア プレイヤー)、Windows Media Center(ウインドウズ メディア プレイヤー)でも、家電のテレビに出力する事ができます。 が・・しかし、地上アナログ放送から地上デジタル放送へ、DVD から Blu-Rya への移行に伴い、グラフィックスカードと家電テレビが HDCP( エイチディーシーピー High-bandwidth Digital Content Protection system )に対応、グラフィックスカードが COPP( Certified Output Protection Protocol )に対応している必要があります。 これらの機器を無視して、他のアプリケーションを利用するのであれば関係ありません。 それでは、 パソコンをテレビに出力する具体的な方法へ進みましょう!




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項