MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ブラウザ:Apple Safari 4(アップルサファリ)ベータ登場


Apple のブラウザ Safari(サファリ)が新しくなりました。プレスリリースによると、新しい Nitro(ニトロ)エンジンにより、JavaScript の実行速度が4倍以上に高速化されたとあります。 JavaScript を IE7 より最大 30 倍( IE8 は高速化されているので不明 )、Firefox3 より 3 倍以上、HTML ウェブページの読み込みは IE7 より 3 倍以上、Firefox3 と比べてもほぼ 3 倍の速さで読み込めるとのこと。

もともと Apple Safari は高速な読み込みと美しい外観が特徴的で、Windows 版が公開され利用するユーザーも Chrome と同じく多くなっています。



デザインは Apple らしいグレーを基調としたものが、Windows Aero の環境では全く分からなくなりました。 タブがブラウザの外に設けられ、もはや Google Chrome 化しています。 Windows Aero がブラウザのデザインを差別化しにくいのかも知れませんが、細部を見るとデザインがカッコイイと思うのは、Apple Safari(私見)。 しかし、タブを移動したり外に出したり結合したりする作業で使いやすいのは Google Chrome でした。



これらの動作を実行するには、タブにポインターを移動してクリックする必要があります。 ドラッグアンドドロップにより、タブを移動するのですが、その作業で Google Chrome ではタブを掴みやすく、Apple Safari ではタブの左上をあえてクリックする必要があります。 クリックを認識する範囲が大きい方が使いやすいため、Google Chrome と同じ機能を持ちながら惜しい所があります。 その反対に、Apple Safari は RSS リーダーを搭載しており、派手なアクションも健在。機能的には Apple Safari の方が上とも考えられます。



Apple Safari 4 で真っ先に試したい機能は右のスクリーンショットです。 ブラウザ起動時、新規タブを作成した時に表示される「Top Sites」。 頻繁にアクセスするサイトのサムネイル一覧が表示され、これがリンクとなっています。Google Chrome でこれを利用すると非常に便利であることが分かりましたが、Apple Safari ではブックマークとして任意のサイトをピンで留める事ができます。 つまり、ブックマークとして限られた数のサイトを「Top Sites」に指定できます。



「Top Sites」は通常の閲覧状態時はサムネイルリンクとなり、左下の「Edit」ボタンをクリックすると配置は表示するサムネイルの数、ブックマークを編集する画面に切り替わります。サムネイルを移動するにはドラッグアンドドロップで可能です。 サムネイルの左上に表示されるピンをクリックすると、そのサムネイルはブックマークされ、履歴により上書きされる事がありません(「Top Sites」から消滅するのを防ぎます)。



表示可能なサムネイルの数は最大で24 。24 、12 、6 の三段階で切り換えられ、履歴が多くなるとサムネイルがより小さくなる訳ではありません。 表示数の切り替えは、「Edit」ボタンを左クリックして、右下のサイズボタンを左クリックします。設定が終了したら、左下の「Done」ボタンを左クリックします。



「Top Sites」はブラウザの上部メニューに設置されたボタンでいつでも表示可能で、「Top Sites」からサイトを開く時のアクションも Apple Safari らしく魅力的です。 見た目も美しく、実用性のある機能を兼ね備えたブラウザだと思います。タブの移動に関する仕様だけ改良されて欲しいかも知れません。



Apple Safari ダウンロード サイト




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項