MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Apple Safari インストール方法

 Windows には、ホームページを閲覧するブラウザ Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)が搭載されていますが、Apple の Mac に搭載されているブラウザが Apple Safari (アップル サファリ)となります。Windows ユーザーには関係ないブラウザでしたが、Apple Safari が Windows 版 を公開してきた事で、Windows ユーザーでも利用できる様になりました。現時点はベータ版で、バージョン 3.1 から日本語に対応しました。


すでに何度もバージョンアップを繰り返していますが、Apple MAC で採用されているブラウザ「Safari(サファリ)」の Windows 版 Beta が日本語に対応して登場しました。 ヘルプも日本語化されているので、使い方を把握する事が容易です。これにより、興味がありましたが英語版だったので手が出しにくかったユーザーも、気軽に試してみる事ができると思います。



QuickTime 、Windows Media Player 、Adobe Flash Player などの、ホームページで動画を視聴するためのプラグインは、最初のベータ版登場から公開されています。 まず、一般的なネットサーフィンに困る事は無いでしょう。 タブ機能、RSSリーダーを搭載しているので、他のブラウザを利用しているユーザーでも利用しやすいと思います。



Apple Safari の公式サイトにアクセスして、「Safari for Windows XP または Vista」

注意が必要なのは、現在は日本語版に対応したものの、ベータ版である事。IE から乗り換えるといった同等のポジションでは無く、開発段階であります。 テストとして利用するには十分耐えうるものがありますが、セキュリティへの信頼は考え物です。基本的に他のブラウザに乗り換える事で安全を求めるのは難しい時代になりました。 ブラウザを多くインストールすれば、それだけ脆弱性も増え、それらを修正するためのバージョンアップも管理しなくてはなりません。 心配であるならば、正式版の登場を待つ方が良いでしょう。しかし、正式版であってもメンテナンス無しで安全であるブラウザは存在しないものです。



Apple Safari インストール方法

Apple Safari の公式サイトにアクセスして、「Safari for Windows XP または Vista」をチェックして、「Safari フリーダウンロード」ボタンを左クリックします。 メールアドレスは必須ではありません。また、最新版をダウンロードする様に心懸けて下さい。このページではバージョン 3.1 を例にしてインストール方法をご紹介します。



セキュリティの警告が表示されるので、「実行(R)」を左クリックします。



デスクトップを選択して、「保存(S)」を左クリックします。Windows Vista の場合、選択できない様であれば、左下の「フォルダの表示」を左クリックすると、「デスクトップ」を選択できます。



ダウンロードが完了したら、「閉じる」を左クリックします。



デスクトップにダウンロードした「SafariSetup.exe」をダブルクリックします。 Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されませんが、今回のインストール作業に支障ありません。



セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」を左クリックします。



インストーラが起動します。「次へ(N)」を左クリックします。



使用許諾契約が表示されます。内容を読み、同意できるのであれば、「使用許諾契約に同意します(A)」を左クリックして、さらに「次へ(N)」を左クリックします。同意できない場合は、ここで作業が終了となり、Safari をインストールする事はできません。



インストールフォルダを指定します。はじめから指定されているので、特に変更する必要も無いと思います。そのまま「インストール(I)」を左クリックしましょう。



インストール中です。しばらくお待ち下さい。



インストールが終了しました。はじめから「インストールが終了したら Safari を開く」にチェックが入っています。 このまま「終了(F)」を左クリックすれば、インストールが完了して、Safari が起動します。



Safari の起動は、スタートボタン、または、Windows ボタンを左クリックして、プログラムから実行可能です。デスクトップにショートカットアイコンが作成されますが、これは削除しても構いません。また、ダウンロードした「SafariSetup.exe」も削除して問題ありません。



Windows版Safariのプラグイン

最初に全てを適用しても、必要な時にその都度適用しても構いませんが、ホームページ閲覧で必要とされる主要なプラグインは揃っています。これは、最初のベータが登場した段階から Apple はこれらのプラグインを提供してきました。



例えば、インストール初期段階の Apple Safari で YouTube にアクセスすると、右の様に表示にエラーが表示されます。これは、動画再生に必要なプラグイン Flash がインストールされていないからです。このエラーが表示される動作もカッコイイ。



こんな場合はプラグインをインストールします。IE で Adobe Flash Player を適用するには、ブラウザ上から可能ですが、Safari の場合はファイルをダウンロードして一度Safariを終了してインストールする必要があります。「今すぐダウンロード」を左クリックします。

Adobe Flash Player プラグイン



ダウンロードは、Firefox と同じやり方で、ダウンロードを管理するプロパティが別表示されます。ダウンロードが完了したならば、「削除」を左クリックすると一覧から消す事ができます。デスクトップにダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストールが開始されます。



インストールが完了したら「閉じる」を左クリックします。もし、インストール中に Safari が起動していた場合は、閉じる様に指示されます。Safari を終了して、再試行をクリックすると、インストールが再開されます。



以上でフラッシュ形式のムービーを Safari でコントロールできる様になります。Windows Media や、QuickTime も同じ様にプラグインをインストールする事で再生可能になります。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項