MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Wireless Desktop 3050
2.4GHz/キーボード&マウスセット
- PP3-00028 -

 Microsoft Wireless Desktop 3050(PP3-00028)は、Wireless Mouse 5000 (ワイヤレス マウス)と Wireless Keyboard 3050(ワイヤレス キーボード)のセット商品です。麦茶を零してマウス(Wireless Mouse 5000)が故障したので、ついでにキーボードも買い換えました。Wireless Desktop 3000 から キーボードがAES暗号化方式に対応した後継機 Wireless Desktop 3050への乗り換えです。


常用する Microsoft Wireless Mouse 5000 に誤って麦茶を零したら、Windows 10 のデスクトップでタスクビューの起動と終了をひたすら繰り返す現象に遭遇しました。ポルターガイ・・・マウスが壊れました。Wireless Mouse 5000 は単品購入ではなく、ワイヤレスキーボードとセット販売された Microsoft Wireless Desktop 3000(MFC-00029)です。ワイヤレスキーボードは壊れていませんが、5年間の使用でくたびれています。ということで、Wireless Desktop 3000 の後継機種と思われる Microsoft Wireless Desktop 3050(PP3-00028)を購入しました。

マイクロソフト キーボード マウスセット ワイヤレス/セキュリティ(暗号化機能搭載) Wireless Desktop 3050 AES PP3-00028

Yahoo!ショッピング 楽天市場 ビックカメラicon Amazon ソフマップicon


2016 年 1 月 15 日(金)発売、Windows 10 対応でパッケージも Windows 10 Home と同じブルーと白で統一されています。



内容物は Microsoft Wireless Keyboard 3050、Microsoft Wireless Mouse 5000、ワイヤレス トランシーバー、単3アルカリ乾電池 4 本、ユーザーズ ガイド、保証書。ドライバーとアプリケーションはマイクロソフトの公式 WEB サイトからダウンロードします。


Microsoft Wireless Keyboard 3050

Microsoft Wireless Keyboard 3050 には、ワイヤレス接続したコンピューターにAES暗号化技術 (AES:Advanced Encryption Standard)を用いて送信されるため、情報流出リスクを最小限に抑えられます。ラバーのパームレストは固定され、キー周りはピアノブラック仕上げです。前作の Microsoft Wireless Keyboard 3000 と同じです。



組み合わせを覚えていなくても、キーの側面に「*」に続く文字があるので、同じく「*」マークがある「Ctrl」キーと一緒に押すことで、初心者でも簡単にショートカットキーを使えます。「マイドキュメント」「マイピクチャ」をボタン一つで起動でき、フォトやWindows フォト ビューアー、フォトギャラリーなどで使用する「拡大」「縮小」ボタンが左側にあります。これも、Microsoft Wireless Keyboard 3000 と同じです。



左上には「メール」「ホーム(ブラウザ起動)」「SKYPE(スカイプ)」「ヘッドホン」のホットキーがあります。その隣には「1」〜「5」までの数字キーと「★」ボタンがあり、任意のプログラムを設定できます。Microsoft Wireless Keyboard 3000 では「メッセンジャー」ボタンがありましたが、「SKYPE(スカイプ)」ボタンに変更されています。



公式WEBサイトからソフトウェアとドライバーをインストールして、アプリケーション「マウス キーボード センター」から、ボリューム関連のボタン 3 個以外のファンクションキーとホットキーに任意のプログラムを設定できます。これは、Microsoft Wireless Mouse 5000 も同じで、Wireless Desktop 3000 から変更した私のコンピューターには、既に「マウス キーボード センター」がインストールされていたため、特に何もインストールせずにデバイスを認識しました。



「戻り」「再生/一時停止」「送り」「停止」ボタンで、Windows 10 に付属する Groove ミュージックを操作してる画面が右下です。



左から「ミュート」「ボリュームダウン」「ボリュームアップ」ボタンがあり、Wireless Desktop 3000 とは並び順が逆になりました。液晶のボリュームボタンに手を伸ばしたり、タスクバーの「スピーカー」アイコンをクリックすることなく、キーボードから音量を操作できるのは便利です。



右側には「電卓」を起動するホットキーと、電池残量インジケータがあります。乾電池をセットすると 2 回ほど緑に点灯して消え、電池残量が少なくなると赤く点灯します(左下写真)。Wireless Desktop 3000 は Windows Vista、Windows 7 時代の製品なので、「Alt」キーの右に Windows フリップ3D ボタンがありましたが、Microsoft Wireless Keyboard 3050 では「タスク ビュー」ボタンに変更されています(右下写真)。その他、機能は同じでもアイコンが微妙に変更されているキートップもありましたが、ここでは割愛させていただきます。



キーボードに角度を付けるチルトスタンドや、電池を入れる部分は Wireless Desktop 3000 と同じです。


Microsoft Wireless Mouse 5000

ワイヤレスマウスは、Microsoft BlueTrack Technology(ブルー トラック テクノロジー)対応で、どのような表面で認識率が高く、場所を選ばず使えるのがポイントです。

ボタンは標準的な右ボタン、左ボタン、ホイールの他に、左右のファンクションボタンの 5 つです。公式WEBサイトからダウンロードできるアプリケーションで、ボタンを押したときの動作を変更できます。チルトホイールのためか、左右の溝が大きく埃が入りやすそうです。実は、ここに麦茶をこぼしたため、ホイールボタンを押したときに動作する「タスク ビュー」が誤動作しました。アプリケーションでホイールボタンの機能を無効にしたら直りました。



ホイール下にバッテリーインジゲータがあり、電池を入れると緑に点灯して消灯、バッテリーの残量が少なくなると赤く点灯します(左下写真)。マウス本体を動かすときに指が触れやすい部分は、キーボードのパームレストと同じ素材で、滑り止め処理が施されています。このマウスは左右対称なので、ボタンが左右に割り振られていますが(片方に統一された方が使いやすい場合もあります)、利き手を選ばず使えるメリットがあります。



単三電池 2 本を底面のカバーを外して収納します。単三乾電池は付属しますが、充電して繰り返し使える充電池を使うのが妥当でしょう。右下写真は BlueTrack(ブルー トラック)の光です。レシーバーが設置する場所があり、設置した場合は電力が途絶える仕組みです。



ワイヤレス トランシーバーのサイズは 4.7 × 1 × 0.8cm で Wireless Desktop 3000 と全く同じです。本体底部にワイヤレス トランシーバーをはめ込むと、電源がオフになる仕組みです。



電源スイッチは非搭載で、デスクトップで使用する場合はワイヤレス トランシーバーをUSBポートに差しっ放しです。使用頻度により異なりますが、充電して繰り返し使用するエネループを使って、マウスは 2 〜 3 か月に 1 回、キーボードは半年に 1 回くらいの頻度で交換しています。購入前は電源スイッチがあった方が便利かと思いましたが、今では不要と考えています。キーボードとマウスで単三乾電池を 4 本使うため、交換用の予備 4 本、合計 8 本あれば、入力機器の電源環境は安心です。


Microsoft Wireless Desktop 3050を使った感想

Microsoft Wireless Keyboard 3050 は、キートップが安っぽく、メンブレン方式ですが打鍵感はスカスカでです。この安っぽい打鍵感が癖になり、また後継機種を購入しました。

肌触りの良いラバーパームレストですが、汚れを除去するのが難しいです(取り外せないのも不便です)。これは、Microsoft Wireless Mouse 5000 のラバー サイド グリップも同じで、本体と同じ素材の方が掃除がしやすいです。また、5 年間使用した結果、ラバーの部分が劣化しました。

Microsoft Digital Media Pro Keyboard から使っていますが、アプリケーションを一発起動するホットキー、起動するプログラムを変更できるファンクションキー、ボリュームコントロールなどは便利で、標準的なキーボードに戻れないほど重宝しています。


AES キーボード:AES 暗号化技術 (Advanced Encryption Standard) が必要な理由 | Microsoft Hardware ソフトウェアとドライバー、マニュアルなどのダウンロード



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項