MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Panasonic 音波振動ハブラシ
Doltz(ドルツ) EW-DE42


最近、歯医者さんに行った切っ掛けで、電動歯ブラシなるハイカラなものに興味が湧きました。電動の方が作業が楽そうだし、手磨きでは除去できない部分も綺麗にしてくれそう、という安易な発想で購入することになりました。どれを選んでいいのか、さっぱり分からない分野です。有名なのは PHILIPS(フィリップス)社のソニッケアーですが、初めて購入するには抵抗がある価格帯でした。口の中に入るものですし、深い意味はありませんが、なんとなく国産の製品を探した結果、Panasonic(パナソニック)の Doltz(ドルツ)を見つけました。まず、パナソニックのオーラルケア製品の WEB サイトにアクセスして、上級モデルの型番を調べ、楽天市場で価格を調べました。その結果、1 万円未満で購入できる「EW-DE42」を入門機と解釈して注文しました。



電器屋さんやドラッグストアにも足を運びましたが、2 〜 3 千円の製品と何が違うのか分かりませんでした。それどころか、近所の大型電器屋さんでは、「EW-DE42」が 1 万 7 千円で販売されていました。それはそうと、歯に当てるだけで磨けるのがリニア駆動方式で、振動だけの製品は手磨きと同じくゴシゴシ動かす必要があります。お恥ずかしい話ですが、「歯に当てるだけでOK」と知ったのも、この製品を購入するときです。そんなに便利になっていたなんて!

これだけの情報で適当に購入した結果、届いた日に「EW-DL32」を選択すれば良かったかな?と思い始めました。それは後で書くとして、まずは開梱動画をご覧下さい。 JavaScript とFlash Player が利用できる環境なら、以下の「ビデオを見る(Watch Video」をクリックするとプレイヤーが表示されます。そうでない場合は、動画への直リンクをクリックすると、YouTube サイトで動画を視聴できます。

動画への直リンク:Panasonic 音波振動ハブラシ ドルツ EW DE42




同梱物は、左下写真の左上から、携帯ケース、本体カバー、本体、説明書、左下に移動して充電器、柔らか歯間ブラシ、ブラシネック、イオン用極細毛ブラシ、イオン用2WAYシリコンブラシ、そして、右下写真のブラシスタンドです(写真のブラシは新品ですのでご安心ください)。

本体は約 90g(ブラシを含む)で、動作スイッチ(電源入り、切り)とモード切替の二つのボタンが付いています。正面上部の青いランプは、イオンランプと呼ばれるもので、微弱電流発生機構の動作を示します。一応、興味が無くてもドルツイオンの説明をすると、動作中に本体から口腔内に微弱電流を発生させ、リニアモーターによる音波振動とイオンの力で歯垢除去力の向上を図っています。

充電器は、本体とブラシを一本立てられ、本体カバーで覆うことができます。充電約 17 時間で約 90 分間動作するので、毎日充電する必要はなく、本体正面の下段にある充電催促ランプが点滅したら充電します。充電中は赤いランプが点灯します。

携帯用ケースには本体とブラシを一本収納できます。EW-DE42 は柔らか歯間ブラシと、これをセットするブラシネックが付属します(歯間ブラシは消耗品)。

付属するブラシは、歯磨きに使うイオン用極細毛ブラシ(左下写真)と、歯茎に使うイオン用2WAYシリコンブラシ(右下写真)、それと、歯間ブラシをセットするブラシネックの三本です。これらは三ヶ月を目安に交換する必要があります。普段、どういう歯ブラシを使っているかにもよりますが、決して経済的とは言えません。

替えブラシ・交換品:PDF

先に書いた「EW-DL32」にすれば良かったと思った理由は、毎日の歯磨きでステインオフできる、新「ステインオフブラシ」と「ステインクリーンペースト」が付属しているからです。「替えブラシ・交換品」PDF を参照した結果、「EW-DL32」用の「ステインオフブラシ(WE0928-P)」と「ステインクリーンペースト(EW0956P)」は別売りされており、私が購入した「EW-DE42」と互換性があることが分かりました。ただし、「EW-DE42」と「ステインオフブラシ(WE0928-P)」の組み合わせでは、イオン効果が得られない、「EW-DL32」と同様の効果は得られないとの事です。イオン効果はいいとして、同様の効果とは何なのか?公式サイトから「EW-DL32」の PDF マニュアルをダウンロードしたところ、通常の歯磨きとステイン・歯垢を除去する「ホワイト」モードがあるようです。このモードが「EW-DE42」には無いため、同様の効果は得られないと思われます。


Panasonic ステインオフブラシ(2本入) EW0928-P

Panasonic ステインクリーンペースト EW0956P


ただし、モードは「ホワイト」と「ソフト」がるので、「ホワイト」とは通常モードの可能性が高く、たいして違いはないと思います。ステインとは、歯の表面に付いたコーヒー、ワイン、お茶などの飲食物による着色汚れで、生まれながらの歯の色を白くしたり、加齢による歯の黄ばみを落とすことはできません。コーヒーを頻繁に飲むであれば、「EW-DE42」に「ステインオフブラシ(WE0928-P)」と「ステインクリーンペースト(EW0956P)」を組み合わすのも、一つの手だとは思います(その程度のこと)。あるいは、歯間ブラシをやめて、最初から「EW-DL32」を購入しても良いでしょう。歯を白くしたいのであれば、歯医者さんでホワイトニングを依頼すれば良いでしょう。



使ってみた感想

歯垢染色液を使っていないので、はっきりした事は分かりませんが、「EW-DE42」で歯を磨くと、くすぐったいと感じるときがありました。これは、手磨きでは無かった感覚で、おそらく、歯と歯の閧ワで極細毛ブラシが届いていると思われます。歯と歯茎の閨i歯周ポケット)に関しても、成果を目で見ることはできませんが、磨いたあとの歯茎の感覚から、手磨きよりも磨けていると感じます。曖昧な表現で申し訳ありませんが、イオン効果に関しては全く確認しようがありません。

それから、歯茎ケアに関しても、もともと歯茎に問題をもっていないため、効果を体感するこはできませんでした。気持ちが良いくらいの感想でしょうか。磨いた後に歯ツルツルするといった表現を掲示板などで見ますが、これは手磨きでもツルツルすると思います。音波振動(リニアモーター駆動)で毎分約31,000ブラシストロークがあるため、ツルツルになるのは「EW-DE42」だけの特長では無いと思われます。

手磨きから音波振動歯ブラシに変更した事で一番のメリットは、歯磨きが楽になったことです。ゴシゴシ磨く必要はなく、歯に当てていれば磨けます(スライドさせていく)。本当に大丈夫なのか?と思うかも知れませんが、手磨きで毎分約31,000もゴシゴシできませんから、手磨きに勝るはずです。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項