MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

OHM 静音マルチシュレッダー

SHR-X6-BW / SHR-X6-BK


2007 年 10 月に購入した家庭向け シュレッダー NS-303BK が故障、泣きながら近所の電器屋さんに駆け込みました。NS-303BK を購入して 6 年ほど経過しているので、コンパクトシュレッダーも進化しているだろうと期待していました。NS-303BK と同価格帯の、2012 年 12 月 発売「OHM(オーム電機) 静音マルチシュレッダー SHR-X6-BW」を購入しました。


SHR-X6-BW

SHR-X6-BK


型番 SHR-X6-BW / SHR-X6-BK 消費電力 150W
投入口幅 220mm 定格電流 1.6A
細断形状 紙:4×28mm クロスカット

CD/DVD:5分割

カード:4分割

外形寸法(約) 幅152×奥行き330×高さ385mm
最大細断枚数 紙:A4コピー用紙(64g/u)6枚

CD/DVD・カード:1枚

質量 約4.6Kg
細断速度 約2.0m/分 ダストボックス容量 紙:約10リットル

メディアトレー:約1リットル

定格時間 約3分(休止時間45分) 電源コード長さ 1.2m
電源 AC100V,50/60Hz 材質 ABS,HIPS,PP,PSスチール


本当は、もう少し小型でスリムな製品が欲しかったのですが、サーバーのデータを定期的にバックアップするため、光学式メディアに対応したマルチシュレッダーを選択しました。スイッチは「逆転」「電源オフ」「電源ON」「CD/DVD・カード」の四つです。電源コードは約 1.2m で、脱着式ではありません。

壊れた NS-303BK のダストボックスの容量は約 6.9L でしたが、SHR-X6-BW は約 10L にアップしました。この部屋にはゴミ箱がないので、以前からシュレッダーのダストボックスをゴミ箱兼用で使っています。なので、ダストボックスの容量が大きい方が重宝しますが、これ以上大きくなると、有料の資源ゴミの袋に入らないので、これを選択するしかありませんでした。

ダストボックス内には、脱着式のCD/DVD・カード用メディアトレーが収納されています。普段は邪魔なので、取り外した状態で使っています。

家庭用シュレッダーでは一般的な、インターロックスイッチを搭載しています。左下のダストボックス側の突起が、右下の本体部分の窪みに差し込まれることで、電源が投入された状態になり、ダストボックスを引っこ抜くと動作しなくなります。これは、刃の部分に手が届く状態で、誤って動作しないような仕組みです。

電源を入れると、ダストボックス前面のクリアパネルの下に、青色のランプが点灯しているように見えますが、実は上にLEDランプが搭載されていて、それが反射しているだけです。前面がクリアパネルなので、ダストの量は外から確認でき、特にランプが必須なわけではありません。

紙が詰まったときは、まず「逆転」を実行して、詰まった紙の除去を試みます。それでも駄目な場合は、電源ケーブルを抜き、ダストボックスを取り出し、ピンセットで刃の部分から紙を除去します。細断サイズは 4mm × 28mm のクロスカットで、NS-303BKの 4mm × 40mm よりは細かくなりましたが、まだ大きいと思います。

理解できなかったのは、本体底に約 6cm × 4 cm の穴が開いています。ダストボックスからダストがどうしても漏れるのですが、それがこの穴から床に落ちます。本体からゴミを排出するのに最適な穴とも解釈できますが、使っていて私は不便だと思いました。

理解できなかったのは、本体底に約 6cm × 4 cm の穴が開いています。ダストボックスからダストがどうしても漏れるのですが、それがこの穴から床に落ちます。本体からゴミを排出するのに最適な穴とも解釈できますが、使っていて私は不便だと思いました。

私が満足している部分は、静音設計、ダストボックスの容量、デザイン、消費電力 150W です。ただ、販売ショップによっては \2,000 ほど差があるので、価格調査をして賢く購入する必要があるでしょう。デザインを優先すると、マルチシュレッダーを諦めるしかありません。

このページに関するビデオを YouTube にアップロードしました。JavaScript とFlash Player が利用できる環境なら、以下の「ビデオを見る(Watch Video」をクリックするとプレイヤーが表示されます。そうでない場合は、動画への直リンクをクリックすると、YouTube サイトで動画を視聴できます。





戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項