MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Panasonic 冷暖房ルームエアコン CS-252CXR:動くパーツが多くて失笑


管理人はパソコン以外の家電が苦手です。エアコンが壊れて買い換える際にも、部屋の広さと電気代だけをチェックして、あとは店員にお任せしています。今回は、 Panasonic(パナソニック)社の冷暖房ルームエアコン「CS-252CXR」を購入しました。もちろん、過去にもエアコンは購入しましたが、サイトで取り上げませんでした。理由は、善し悪しも分かりませんし、おすすめ商品が分かりません。

メーカー詳細

今回は特別で、カルチャーショックを受けたと言うべきか、初めて見た奇妙な動きを紹介したいと思いました。管理人の経験では、エアコンの見た目の可動部分は、下部のフラップが動くだけでした。「CS-252CXR」は上下のフラップが可動して、さらにカバーの上部が開きます。業者が試運転した際、この可動パーツの多さに失笑しました。忙しないエアコンだなぁ〜と。ビデオをYouTubeに投稿したので、その様子を確認できます。



これだけパーツが可動すると故障が心配です。故障したときは、だらしなく一部が開いたままになるのしょう。



ところで、このエアコンは Panasonic が特許を持つ、フィルターのお掃除ロボットが内蔵されています。始動する前に、内蔵された掃除機がフィルターを掃除してくれます。他社でも掃除機能は搭載されていますが、Panasonic だけが掃除したゴミを直接外に排出します。通常、室外機へホースが渡されますが、お掃除ロボットで吸い取ったゴミは、排じん用のホースを通って外に排出されます。もちろん、毎回掃除されるので、一回に排出されるゴミは目に見えません。「塵も積もれば山となる」と言われますが、外は風邪が吹いているので積もりません。



他にも、今まで捨てられていた熱を暖房パワーに有効活用する「エネジャージシステム」や、人と部屋をリアルタイムでセンサーが検知して、リビングのすみまで気流を届ける「エコナビ」、菌やカビの発生を抑える「ナノイー」などの優れた機能もありますが、奇妙な動きと吉瀬美智子さんが好きな人は、ご検討下さい。

パナソニック エアコン




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項